東京喰種 トーキョーグールの動画配信|アニメ見逃しフルを無料で視聴!

   

東京喰種 トーキョーグールの無料視聴サイト【違法サイト : 危険】

9TSUmiomioPandoraDailymotion

東京喰種 トーキョーグールを安全視聴できる動画配信サービス【お試し期間無料 : 安全】

予告動画を見る

「東京喰種 トーキョーグール」の動画を見ようと思っても、人気のためレンタルビデオ店では貸し出し中のことも多く、結局見れないことが多いです。また、テレビでの再放送はいつやるかもわかならないため、テレビの再放送を待つのは現実的ではありません。 そこで、この記事では「東京喰種 トーキョーグール」を無料で視聴する方法とおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

 

▼東京喰種 トーキョーグールの動画を視聴できる動画配信サービス【お試し無料・安全】

Hulu

料金 月額933円(税抜)
無料お試し期間 14日間
配信作品数 約40,000作品以上
特徴 海外ドラマを中心にドラマ系作品に強い。

Huluは海外ドラマを中心に、国内ドラマや洋画など、幅広いジャンルの作品を月額1000円で見放題!他の動画配信サービスと違い完全に追加課金はないため、安心して利用できるシンプルで使いやすいサービスです。また、動画はアプリからも見れるため、登録した方はぜひアプリも併せてインストールしてみてはいかがでしょうか?

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はHulu公式サイトからご確認ください。


【関連キーワード】

   

U-NEXT

料金 月額1990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
配信作品数 約60,000作品以上
特徴 話題の最新作まで取り扱っている。
     

U-NEXTは、日本で最大級の配信作品数を誇る動画配信サービスです。月額1990円と他の動画配信サービスと比較すると高めではありますが、その分毎月1200円分のU-NEXT内で使えるポイントがもらえます。このポイントを使えば他の動画配信サービスにはない話題の最新作や人気シリーズのドラマなどを視聴することができます!漫画や雑誌などのコンテンツも充実しており、時間つぶしには最適なサービスです。また、ファミリーアカウントサービスの開始により最大家族4人まで同時に見ることができるようになりました。(もちろん4人分で月額1990円です。)ぜひこの機会をお見逃しなく!

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はU-NEXT公式サイトからご確認ください。

FODプレミアム

料金 月額959円 ※見逃し配信は無料
無料お試し期間 31日間
配信作品数 2000作品以上
特徴 フジテレビの作品に特化

FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアムは、フジテレビで放送したドラマ・アニメなどの作品を中心に配信しているVODサービス。定額で見放題です。テラスハウスやあいのり等のバラエティー番組やLDKや植物図鑑などの恋愛映画まで幅広い動画を取り扱っています。漫画や雑誌なども読み放題!フジテレビの作品に特化した動画配信サービスです。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はFODプレミアム公式サイトからご確認ください。

dTV


料金 月額500円(税抜)
無料お試し期間 31日間
配信作品数 120000作品以上
特徴 コスパが良い

dTVは、皆さんお馴染みdocomoが提供しているVODサービス。国内最低月額料金(たったの税抜500円!)で国内最大級の配信数の作品を楽しめるのが大きな特徴です。また、オリジナルコンテンツが面白いことでも評判です。ドラマや映画の他にも雑誌や漫画、カラオケまで多方向にコンテンツも充実しています。最もコスパが最高なのではないでしょうか。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はdTV公式サイトからご確認ください。

dアニメストア

料金 月額400円(税抜)
無料お試し期間 31日間
配信作品数 アニメが2400作品以上
特徴 アニメ配信サービス業界No.1!

dアニメストアは圧倒的なアニメ作品数とアニソンを誇るアニメ業界では最も優れている動画配信サービスです。なんと月額400円で見放題!もちろんdocomoユーザー以外でも利用できます。dTVにもアニメ作品がありますが、アニメに関して言えばdアニメストアの方が豊富なアニメ作品を見れます。アニメしかほとんど見ない!という方にはピッタリの動画配信サービスです。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はdアニメストア公式サイトからご確認ください。

     

▼東京喰種 トーキョーグール動画のあらすじ


人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。

上井大学に通う青年カネキは女性の喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、直後に起こった鉄骨の落下がリゼに当たったことで捕食を免れ、命も取り留める。しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。

序章
読書好きの平凡な大学生・カネキは、好意を寄せていた少女・リゼと小説がきっかけで知り合い、デートをすることになる。別れ際にカネキは、喰種の本性を現したリゼに襲われ瀕死の重傷を負うが、突然リゼの頭上に鉄骨が落下したことにより危機を逃れ病院に搬送される。しかし重傷であったカネキは、嘉納という医師の判断により、リゼの臓器が無断で移植されることになる。
手術後、目を覚ましたカネキの体にはある異変が起こっていた。今まで食べてきた食物を口にできなくなり、代わりに人肉に食欲をそそられるようになってしまったカネキは、喫茶店あんていくの従業員である少女トーカと同店の店長を務める芳村、二人の喰種に出会う。空腹による飢えと、人としての尊厳を守ることとの間で激しく葛藤するカネキは、精神的にも肉体的にも追い詰められていく、そんな時、同じ大学に通う喰種のニシキに目をつけられ、親友であるヒデが捕食されそうになる。赫子を発現させニシキを撃退したカネキはそのまま我を失いヒデを捕食しかけるが、トーカに救われヒデと共にあんていくに運ばれる。半端者の自分には居場所はどこにもないと悲嘆にくれるカネキだったが、芳村から「人と喰種のどちらの世界にも居場所を持てる唯一の存在である」と諭されたことで、喰種としての生き方を学ぶためにあんていくのメンバーとして勤務することになる。 アニメ版は、第1話から第3話として放送。
白鳩(ハト)の出現
カネキがあんていくに勤務し始めて間もない頃、喰種の母娘・笛口リョーコとヒナミが訪れる。人を狩ることができない彼女達は、あんていくに食料を貰いに来ていたのだった。そんな中、喰種対策局(CCG)に所属する人間である一等捜査官・亜門とそのパートナーである上等捜査官・真戸がリョーコを追いかけて20区に現れ、彼らによってリョーコはヒナミの目の前で駆逐されてしまう。この事件を受け、トーカはリョーコの仇を討つため、カネキは捜査官に対抗するために行動を起こす。
真戸はリョーコの遺体でヒナミをおびき出し、ヒナミを探しにやってきたトーカと対峙する。笛口夫妻の赫子を用いたクインケで真戸はトーカを追い詰めるが、ヒナミの赫子の不意打ちで手足を失ったことで形勢は逆転。トーカの攻撃で致命傷を負った真戸は、彼女ら喰種に対し激しい憎悪と侮蔑の言葉を吐きながら死亡する。その頃、亜門と対峙していたカネキは、再び喰種の力を使用することで亜門のクインケを破壊し、戦闘不能に追いやり勝利するが、わずかに残った理性で彼に止めを刺さず、撤退するよう促した。カネキは憔悴するヒナミにリョーコの遺志を伝え、亜門の「この世界は間違っている」という言葉を受け、自らの生き方を模索しつつ、世界を正す方法を探す決意をする。その後亜門は深手を負いながらも真戸の援護に駆けつけるが、真戸は既に息絶えていた。亜門は彼の悲惨な死に様の前に涙を流し、慟哭するのだった。アニメ版は、第6話中盤から第8話として放送。
月山登場
カネキとトーカがあんていくの勤務と訓練を行いつつ平穏に過ごしていたある日、喰種の一人月山習があんていくに現れる。食事に独自の美学を持つ月山は不思議な匂いを放つカネキに興味を抱く。
カネキはヨモ(四方蓮示)に誘われ、イトリが経営するバーを訪れる。そこでカネキは、リゼの死は事故ではなく、第三者によって殺された可能性があるという事実と、人間と喰種のハーフである「隻眼の喰種」の存在を知る。カネキはリゼの死の真相を知るため、情報の交換条件として、月山が出入りする喰種のレストランの調査することとなるが、月山に騙されカネキ自身が喰種たちの「ディナー」として招かれてしまう。解体屋に追い詰められた際に発現した片目の赫眼から、カネキが隻眼の喰種であることを知った月山は、貴重な食材を独り占めするためカネキを危機から救う。
難を逃れたカネキの下に、人間である貴未が恋人のニシキの容態について相談に訪れる。月山はカネキをおびき寄せるために貴未を拉致し、カネキとニシキ、そして援助に駆けつけたトーカは貴未の救出のため月山と戦う。苦戦の末に月山を倒すことに成功するが、トーカは自分達の正体を知る貴未を口封じのために殺そうとする。しかし、貴未の思わぬ発言に殺害を止めたトーカは、その場から逃げるように立ち去り一人葛藤する。
アニメ版は、第4話から第6話序盤として放送(喰種のレストランの調査部分はカットされた)。
アオギリの騒乱 / アオギリ編
月山撃退後、カネキはイトリからリゼに関する情報を入手する。その頃、アオギリの樹の襲来による11区の支部の無力化に伴い、危険区域に指定された20区に篠原幸紀や鈴屋什造ら本局所属の有力捜査官が派遣された。
ある日、かつてのリゼを知る喰種・万丈と彼の取り巻き達がリゼを探すためにあんていくに訪れる。時を同じくしてリゼを探しにあんていくを訪れた霧嶋絢都(アヤト)、ヤモリ(ジェイソン)、ニコは、トーカの反撃を一蹴しカネキを連れ去ってしまう。
アオギリのアジトに囚われたカネキは、組織の幹部・タタラに「戦力にならない」とアヤトに下げ渡された後、アヤトの配下になっていた万丈とその仲間達と共に脱出を試みるが、瓶兄弟とヤモリ、ニコに阻まれ失敗に終わる。その後カネキはヤモリの執拗な拷問を受け続けることになるが、その際に現れたリゼの幻影との対話を経て喰種の本質を受け入れたことで赫子を自在に操れるようになり、ヤモリを圧倒し瀕死まで追い込む。その後カネキは、カネキ救出のためにアジトに潜入していたトーカとニシキを、アヤトの猛攻から救ったのちその場を引き受けると、終始アヤトを圧倒する。CCGの部隊の介入もあり、壊滅したアオギリのアジトからの脱出後、カネキはあんていくのメンバーと再会するが、自分の大切なものを脅かすものを摘み取るためにはさらに自分が力をつける必要があると感じたカネキは、あんていくに戻らずに、万丈や月山と共に反アオギリなる組織を結成する。
一方その頃、警備が手薄になっていた喰種専用の監獄・コクリアを狙ったアオギリの樹の別働隊の襲撃によって、多くのSS級以下の喰種が脱走していた。
アニメ版は、第9話から第12話として放送。ヤモリを撃破したシーンで終わった。
それぞれの動き / 新天地6区編
アオギリの騒乱から半年後、その戦いでの功績が認められ上等捜査官となった亜門は真戸の娘・アキラをパートナーとして迎え、ジューゾーは二等捜査官となり、駆逐したヤモリの赫子を元に制作されたクインケを手に入れていた。
その頃、カネキたち反アオギリは、リゼの経緯を辿ってたどり着いた6区を拠点に定めると、自らを喰種に変えた嘉納の情報を求めて彼と繋がりがあるとされるマダムAのいる喰種のレストランを襲撃する。しかし自分と同じ「リゼベース」である半喰種の少女・シロとクロの介入によって、カネキはマダムAの捕獲に失敗する。
アニメ版2期は1話から8話として放送されるが、カネキがアオギリの樹に参加するなど設定が大きく異なる。
あんていく襲撃
多くの葛藤の末、6区のアジトを解散し“ただの自分”を取り戻すため、あんていくに戻る決意をしたカネキ。だが期を同じくして、SSS級駆逐対象“梟"の居場所を突き止めたCCGは、有馬も含めた歴戦のCCG捜査官をあんていくに集結させ、「20区隻眼の梟討伐作戦」を開始してしまう。
アニメ版2期は、9話から12話として放送。
終章
20区隻眼の梟討伐戦において多くの死傷者、行方不明者を出しながらもCCGはほぼ全ての喰種の駆逐完了を宣言。同作戦は終結した。
それからしばらく後、[アマツ]の有用性を認められたアキラは一等捜査官に昇任。有馬率いる対アオギリの特別チームに配属され、彼の命を受け、指導官(メンター)としてある三等捜査官の教育を任される。彼がアキラの元を訪れ、佐々木琲世と名乗った所で物語は幕を閉じる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%96%B0%E7%A8%AE%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%AB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です