上野樹里がアリスの棘でドラマ主演復帰!オダギリ脇役格下げで視聴率上昇?

上野樹里 アリスの棘
   

スポンサーリンク







上野樹里は、久々にドラマ「アリスの棘(とげ)」でお茶の間に復帰すると発表がありました。4月スタートのTBS系ドラマですが、TBSに出演するのも実に7年ぶりとなります。2011年に主演したNHK大河ドラマ「江」の終了後、しばらくの間連続ドラマから消えたように見なくなっていたのは、なぜでしょう。

ariceueno

上野の連ドラと言えば、真っ先に「のだめカンタービレ」を思い出します。2006年に初主演した「月9」ドラマ。上野は、天才ピアニストの野田恵役を完璧に演じ切って話題になり、別のドラマを演じても「のだめ」に見えるとまで言われましたね。

そのため、与えられた役柄を演じ切ることが難しくなり、このストレスでドラマから遠ざかっていたといいます。精神的にも不安定になった時期があり、ある雑誌の写真撮影現場でも気まぐれでトラブルを起こし、スタッフに迷惑をかけたことも。

しかし、韓国の歌手IU(アイユー)が出演する韓国版「のだめ」制作の話題もでるなど、韓国では「のだめ」の上野として注目が集まっているようですが・・・。

そんなこともあってか、最近ドラマへの意欲を見せていた時に、これまでとは違うジャンルの話が届きました。それが「アリスの棘」で、この中で上野は「復讐に燃える女医・水野明日美」という、これまでとは違う役柄を演じます。

冤罪のためか、手術を受けているうちに不審な死を遂げた父の謎を、大学病院という舞台で解いていく。大学病院の悪徳医師たちに立ち向かう医療サスペンスで、これはメガバンクの強引な貸付金の回収により、自殺に追い込まれた父の復讐劇のドラマ「半沢直樹」と同じ「痛快復讐ドラマ」と言っていいかもしれません。

半沢といえば原作・池井戸潤の作品がドラマ化!こちらも続く?詳細はこちらをクリック↓
半沢直樹に続く?ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の見所とあらすじ!

強敵役に豪華な顔ぶれ!

ドラマの中で、上野の強敵となる才色兼備な女医に藤原紀香、強大な権力を持つ教授に岩城滉一、次期病院長を狙う教授に國村隼、その他栗山千明、中村梅雀など豪華な共演者が揃いました。

aricenorika

オダギリジョーは、当初上野とW主演で出るはずでしたが、事務所を通して主演拒否の申し出があったそうで、最終的には脇へ格下げとなったようです。

主演を蹴って格下げを要請する事務所は今どき珍しいですが、TBSとしても出演してくれるなら、と了解したらしいとのこと。普通は、役柄をもっと上げろとねじ込むものですが、逆に下げろとは、いったいどういうことなのしょうか。

フジテレビの月9は漫画原作で勝負!注目の見所はこちらをクリック↓
尾野真千子主演ドラマ極悪がんぼの意味は?出演者と原作者の個性が見所!

オダギリジョーは、上野とW主演を蹴り脇役へ!

clip_image002

上野とオダギリジョーは、俳優としての共通点があります。それは、主演したドラマの視聴率が悪いこと。オダギリジョーは、2009年のTBS系主演ドラマ「ぼくの妹」は、日曜劇場歴代最低の平均視聴率を記録したし、2012年のフジテレビ系「家族のうた」は、ゴールデンタイム帯史上最低の視聴率3.1%で、途中で打ち切りとなるなど、視聴率恐怖症とも言われています。

最近出演したNHK大河ドラマ「八重の桜」でも、視聴率低迷のために、彼を告知映像に使用するなとか、彼の登場場面を少なくするように脚本を書き換えろ、という内部指令が出たとか・・・。

上野も、大河ドラマ「江」では、幼いころを本人が演じて違和感があったことや、極端な演出のたびに批判が届き、視聴率も右肩下がりになったため、自信を失っていたようですが・・・

新しいジャンルに挑戦してドラマ再出発の上野に、海外では個性派俳優として人気があるが、国内の連ドラでは視聴率を稼げないオダギリジョーが共演するドラマ「アリスの棘」、視聴率を稼げるかも見どころです。

こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です