真木よう子がMOZUで魅せるセクシー演技に注目!疑惑だらけの女優?

MOZU 真木よう子
   

スポンサーリンク







TBS系ドラマ「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」は、俳優の西島秀俊が主演、羽住英一郎が監督の本格的なハードボイルドのドラマです。

共演は、香川照之、真木よう子、生瀬勝久などの演技派が揃い、本格的なアクションシーンが満載です。それだけでなく、主演の西島は人間的な魅力と合わせて、彼の強靭な肉体美も話題になっています。

image

実は、真木も陸上競技とワイヤーアクションを得意とする肉体派女優なのです。試写会後の舞台挨拶で共演の石田ゆり子は、撮影の合間に腕立て伏せする西島の肉体美を見て感動したそうですね。

さらに真木は、西島と殴り合うシーンの時には幸せを感じたり、西島の身体を拭くシーンの時には、肉体美を前にしてすごくドキドキしたことを自慢げに明かしました。

しかし、すぐさま会場の西島ファンの嫉妬の空気を感じて、どうか私を嫌いにならないでくださいと謝ってファンの失笑を誘いました。

こちらも渋い悪役にファン多数?詳細はこちらをクリック↓
長谷川博己のMOZU悪役がイケメン過ぎる!高身長で魅せる演技の評価は?

真木の演技力に疑問も女優賞を次々と受賞!

真木に関しては、女性からは冷ややかな視線や評価を受けているようです。それは、演技が下手なことと声が一本調子で発声が素人みたいなこと、それに整形、豊胸、不倫疑惑と散々です。

演技については、福山雅治主演の「龍馬伝」の「おりょう」役では、気が強くて不愛想な女性の役だったので、真木の素のままの演技で唯一評価が良かったのですが、それ以外では芳しくありません。

演技の勉強のために仲代達也の「無名塾」に入りましたが、些細なことで仲代と喧嘩別れし、結局中途半端なままで芸能界入りしたようです。

声が聞き取りにくいのも、舞台で充分に発声練習をしていない結果でしょう。それでも、日本人で初めてルイ・ヴィトンの広告モデルに採用されたり、今年3月には映画「さよなら渓谷」で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、映画「そして父になる」では最優秀助演女優賞をダブル受賞し、彼女の演技が認められました。

こちらも注目の池松荘亮の姉は美人?詳細はこちらをクリック↓
MOZUで注目の池松壮亮の演技力は美人姉のライオンキングが原点?

疑惑だらけの真木の正体は?

写真で見ると、真木の顔はきれいに整っているのが分かります。俳優であるためには当然かもしれませんが、やはり整形・豊胸疑惑も取り上げられています。

makisotuaru image

中学時代や卒アルから現在までの顔写真を並べてパーツを比べてみると、やはり瞼(二重)と隆鼻の整形は間違いないでしょう。鼻尖が上に突き出て鼻筋が通った綺麗な鼻に変身しています。

そして胸も、過去に公開されたスリーサイズは83-53-83でしたが、現在ではそんなわけないくらいにナイスバディですよね。

image

芸能界の真木の評価では、アクションが得意でクールな印象だが、典型的な「ツンデレ」タイプらしいですね。見事なスタイルで美人の上に、お酒に酔って急に男の肩にしなだれかかるという、男心を惑わす魔性の女とも言われています。

そして不倫疑惑については俳優の瑛太と演出家の長塚圭史の名前が上がっています。そもそも瑛太は今の旦那の片山さんを真木に紹介した本人です。

瑛太と片山とは「ウオーターボーイズ」で共演していた仲でした。一方の演出家の長塚は、女優の常盤貴子の旦那さんですが、打ち上げの後の深夜の二人のデート場面が激写されました。

自分の家庭と長塚の家庭を巻き込んだ離婚疑惑に心が動揺したのか、今度は真木には激ヤセ疑惑も浮上しました。肌荒れもひどいようで、相当なストレスが襲っているのかも知れません。

image

芸能人のプライベートを見るといろいろと考えてしまいますが、ドラマではどんな演技を見せるのか、次回放送も期待したいですね!

こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です