若者たち2014四男役・野村周平が可愛い顔で腹筋バキバキ!語学も堪能で欠点なし?

野村周平
   

フジテレビ開局55周年記念ドラマ「若者たち2014」がいよいよスタートします。

このドラマで、佐藤家の4男で末っ子の、佐藤亘を演じるのは、2014年一番ブレイクを期待されている若手俳優の野村周平さんです。

野村さんは、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の佐藤光男役で、一躍注目を浴び今年1月から始まったフジテレビの「僕のいた時間」で、澤田陸人を演じ、他の若手俳優を人気・注目度共に、一歩以上引き離しました。

更に秋には、松竹映画「日々ロック」で主演を務めますから、目が離せません。

まさかのお父さん推薦デビュー!

nomura-amuse

野村さんは、アミューズ全国オーディション2009「The PUSH!マン」で、3万人を超える応募者の中からグランプリを受賞したのが、デビューのきっかけです。

しかも、実はお父さんが応募したのだとか。それまでは、スノーボードの選手として、2006年には、3大会で入賞、2007年のWillcom zero3 SS Challengeでは、優勝を果たしています。

nomura

スノーボード以外にも、スケボーやBMX(オフロードを自転車で走る競技)もこなすそうで、彼の運動神経の良さが垣間見れます。

BMXは趣味ということですが、俳優デビューせずに真剣に取り組んでいたら、冬のスノーボードと、夏のBMXで、オリンピック夏冬制覇!なんて偉業も成し得たかもしれません。

nomura-abu

この素晴らしい素晴らしい肉体でバキバキに鍛え上げられた腹筋もスポーツ万能なのを物語っていますよね。

実は日本3/4、中国1/4のクォーター

野村さん、実は中国人とのクォーターだということで、中国語も話せるとか。お父さんとお母さんのどちらがハーフなのかも全く不明なのですが、お祖父さんかお祖母さん、4人のうちの誰かが中国の方ということです。

しかしハーフでも、ベッキーのようにもう一つの言語を話せても全然日本語のほうが得意とか、ウェンツ英二さんのように全く話せない人も多い中、クォーターなのに中国語が喋れるなんてすごいですね。

しかも、比較的接する機会の多い英語でも大変なのに、日本の生活でなじみも薄く、発音が難しい中国語です。

nomurasyu

同じく中国語圏でいえば、芸人の渡辺直美さんのお母さんが台湾人と日本人のハーフで、台湾生まれで、すぐに日本に移住、母子二人家族でこまめに親戚のいる台湾に訪れていたそうで、比較的中国語に接する機会が多かったと思われる直美さんでも、「聞き取れるけど、話せない」 レベルだそうです。

家庭環境がすべてではないですが、もしかすると、中国人コミュニティの中で過ごす時間が長かったのかもしれませんね。

様々な特技をもつ野村さん、そのルックスのみならず演技力の評判も上々で、今年だけでも映画3本(内2本は主演)、連ドラ2本に出演と引っ張りだこで、更なるファンが増えるのは必至です。

「若者たち2014」での野村さんの活躍に注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です