若者たち2014最終回へ熱血暴走兄・旭VS問題児・暁!家族愛とは?

若者たち2014
   
wakamono1

「フジテレビ開局55周年記念企画」として、水曜日22:00~22:54に放送中の「若者たち2014」。
実力派若手キャストを惜しげもなく起用したこのドラマも、終盤から最終回へと向かっている。

もともと、1966年に放送された田中邦衛主演の「若者たち」をリメイクした2014バージョンは、開始前は前作の完成度の高さと豪華なキャスティングで話題を呼んでいたが、フタを開けてみると初回視聴率12.7%と振るわず。

以降は6~7%台をさまよっていらっしゃいます。
だけど、視聴率だけでドラマを判断するのはいい加減ナンセンスだと気付いている方も多いでしょう。
積み重ねられたエピソードが、いよいよフィナーレに向かいます。

第1話で長男・佐藤 旭(あさひ・妻夫木聡)が派手な兄弟ゲンカでは飽き足らずプロレスのリングに上がってしまう偉業も見せたため、「ただのドタバタか」との声もあがりました。

でも本当に旭さんは、家族のために毎回ドタバタ、ジタバタして下さるので、ここまでくると、旭さんが暴れてくれないと物足りなささえ感じてしまいます。

現に、旭さんが暴れ回ったおかげで佐藤家の問題はいくつも解決され、それぞれに踏み込むことを避けていた兄妹たちもまた幼かった昔のようにひとつになろうとしています。

長女・ひかり(満島ひかり)は、勤務先の医師・新城(しんじょう・吉岡秀隆)と断ち切れなかった不倫に終止符を打ち、四男・旦(ただし・野村周平)は、彼女・香澄(かすみ・橋本愛)を巡る三男・陽(はる・柄本佑)との三角関係に区切りがつきました。
未熟児として早産で生まれた、旭と梓(あずさ・蒼井優)の娘・あかりも、保育器の中ですが力強く育っています。

wakanono5

さて、こうなると気になるのは、問題児の次男……。
暁(さとる・瑛太)は、当時交際していた瑞貴(広末涼子)の治療費を捻出するために農家の女性に詐欺行為を働き、刑務所に入っていた時期があります。

刑期を終えて出所し、旭とひと悶着ありながらもかつて騙した女性の家に行き、すでに女性は亡くなっていたため、家族に謝罪しました。
そして暁は、亡くなった女性の畑を継いだ娘・多香子(たかこ・長澤まさみ)のところで農作業の手伝いを始めます。

wakamono3
いつも笑っていた母親と違い、冷めた表情の多香子が気になる暁ですが、どうもここ最近、多香子の表情がいつもに増して冴えないことが多く……。

最終回までの9話・10話は暁が主役を乗っ取る!?

どうやら、9話は暁自身ではなく、多香子が抱える問題に暁が巻き込まれそうな予感です。
そうなると、当然旭さんの熱血暴走が期待できるワケで……。
だって旭さんは、問題児の暁が気になってしょうがないのですから、最終10話に向けて、最後の「兄弟大ゲンカ」に発展する可能性大です。

ですが、旭さんは生まれたばかりの娘・あかりからもまだまだ目が離せません。
梓が足しげく病院に通い、あかりのために編み物をしたり、愛おしそうに見つめる表情を見ていると、どうか元気に育ってくれますようにと願わずにはいられません。

ドラマ性を考えると、あかりに「万が一」が起こって旭さん自身と最愛の妻・梓に揺さぶりをかけるのが効果的ですが、「母親」の顔で保育器の中のあかりを見つめる梓を思い浮かべると、その演出はいらないよ、杉田さん……、と思ってしまいます。

wakamono4

杉田成道さんは、「北の国から」を手がけた演出界の重鎮で、このドラマのチーフ演出を担当されています。
「泥臭い」と言われるのも当然。
「若者たち2014」は、昭和のテレビ界を生き抜いてきた杉田さんが描くホームドラマなのです。

家族だから愛しい、家族だから許せない。
それでも、憎み切れない……。
家族に対する複雑な想いを、杉田さんがあと2話で何種類見せてくれるのか、期待せずにはいられません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です