今夏も美肌を守る紫外線防止対策!今年流行の日焼け止めのおすすめは?

日焼け止め
   

スポンサーリンク







 

毎年記録的な猛暑を更新している夏がもうすぐやって来ます。とうとう男性も我慢できなくなり、日傘を差す「日傘男子」を見かけるようになりました。

image

しかし、直接日光を浴びないようにしても、紫外線から完全に身を守ることはできません。では、どうしたらよいのでしょうか?紫外線からお肌を守るための具体的な方法について考えてみましょう。

肌に影響を与える紫外線は2種類!

ギラギラと照りつける太陽の光には、いろんな種類の電磁波があります。熱いと感じるのは赤外線、日焼けするのは紫外線、眩しいのは可視光線です。

image

紫外線は2種類あります。ひとつはUVAと呼ばれる波長の長い紫外線で、地球に降り注ぐ紫外線の約90%がこれです。この紫外線は、衣服を通り抜けて皮膚の下の真皮の細胞まで届き、肌のハリや弾力を保つコラーゲンにダメージを与えるものです。

肌の老化の大きな原因になります。もうひとつはUVBという波長の短い強いエネルギーを持ったもので、肌の表面の日焼けや水膨れを起こす紫外線です。

皮膚がんやシミの原因となります。しかし、オゾン層や雲を通過しにくい性質があり、日傘や衣服で直接日光に当たらなければ、ある程度は防御できるものです。そこで、日々の生活からできるだけ紫外線を浴びない工夫を考えてみましょう。

美肌もいいけど美顔になりたい?なる方法はこちら↓
美人顔になるプチ美容術!整形せずにハーフモデル美形への変身方法は?

日常生活の中で出来る紫外線防止対策とは?

紫外線がきつい時期に、少しでも身体に浴びない対策です。

image

☆外出する時は、コンクリートの上を避け日陰を探して歩くこと。地下道があればそちらを通る。

☆紫外線量の多い午前10時頃から午後2時頃の時間帯には、外出は避けるようにする。

☆外出時には日傘を差したりツバの大きな帽子を被る。

☆UVカット効果のあるサングラスを掛けて、目から紫外線の侵入を防ぐ

☆襟付き、長袖、白い(薄い)色の服よりも黒い(濃い)色の服を着る。

☆車の運転時は手袋とアームカバーを着用する。

☆窓にはレースのカーテンか紫外線防止フィルムを貼る。

☆室内でもUVカット効果のある化粧をしておく。(ファンデーション、下地クリーム、乳液)

肌の炎症を抑えながら紫外線から守ったり肌荒れをカバーする「BBクリーム」や、肌を潤わせて滑らかにし、シワを防ぐ効果が期待される「CCクリーム」も、UVカット効果があるので人気となっています。

image

これでも肌に差し込む紫外線には、専用の日焼け止めで対応します。

今年のお勧めの日焼け止めは、パウダータイプ!

日焼け止めには、紫外線を防ぐための成分として2種類が使用されています。紫外線吸収剤と紫外線散乱剤です。吸収剤は、化学的に紫外線を熱エネルギーに変えて放出させるもので、散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛などで紫外線を反射・散乱させるものです。

image

注意することは、紫外線の防止効果の大きいものほど肌に負担が掛かります。そして、吸収剤の方が肌のトラブルが多いようです。

お肌が敏感な方は、吸収剤を使用していない日焼け止めをお勧めします。UVAの防止効果はPA表示、UVBの防止効果はSPF表示で記載されていますが、日常生活では、PA+~PA++、SPF20~30の範囲の商品で充分です。

吸収剤を使用していない日焼け止めは「吸収剤無配合」「ノンケミカル」などの表示が、低配合には「敏感肌用」「低刺激用」などの表示があるので区別できると思います。

今年の日焼け止めは、使い勝手の良い吸収剤不使用のパウダータイプをお勧めします。サラサラのパウダーはメイクの上からも簡単にどこでも塗り直しできます。

充分な紫外線防止効果のあるもので保湿成分も含まれているものがあります。汗をかいてもすぐに修正できて、肌はサラサラ感で気分も爽快です。顔も体も両方に使えます。

一般的に、日焼け止めは薬剤ですので使用後は専用のクレンジングでしっかり取り除き、その後丁寧に洗顔します。皮膚をゴシゴシ擦ると色素沈着をおこし肌が黒ずんでしまうことがあるので、丁寧に落とすことが大事です。

日焼けした肌は、保湿機能の低下などさまざまなトラブルが発生しやすい状態になっています。日焼けした肌のケアには、保湿成分や炎症を鎮める成分などを含む化粧水や美容液できちんとケアすることが大事です。

元オセロの松嶋尚美さんは、夏のジム通いに日焼け止めを塗ってサングラスをかけ、長袖の服を着てツバ広の帽子を被り、日傘差して行っていました。「ジムにつくまでに汗だくや」とぼやいていたそうです。紫外線は、女性には本当に厄介ものです。

今からでも遅くない?夏の体を手に入れる方法はこちら↓
インナーマッスルを鍛えてダイエット!セレブも注目のヨガを春に始めよう!

こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です