仮面ライダーゴーストの動画配信|ドラマ見逃しフルを無料で視聴!

   

仮面ライダーゴーストの無料視聴サイト【違法サイト : 危険】

9TSUmiomioPandoraDailymotion

仮面ライダーゴーストを安全視聴できる動画配信サービス【お試し期間無料 : 安全】

予告動画を見る

「仮面ライダーゴースト」の動画を見ようと思っても、人気のためレンタルビデオ店では貸し出し中のことも多く、結局見れないことが多いです。また、テレビでの再放送はいつやるかもわかならないため、テレビの再放送を待つのは現実的ではありません。 そこで、この記事では「仮面ライダーゴースト」を無料で視聴する方法とおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

   

▼仮面ライダーゴーストの動画を視聴できるレンタルサービス【お試し無料・安全】

TSUTAYA TV・DISCAS


料金 月額2417円(税抜) ※見放題&借り放題プランの場合
無料お試し期間 30日間
配信作品数 85000作品以上
特徴 TSUTAYAのレンタルもし放題

TSUTAYA TV・DISCASはレンタルビデオ店でお馴染みのTSUTAYAが提供する動画配信と宅配レンタルのサービスです。動画配信されていない作品等もレンタルし放題のプランを選べば宅配でレンタルし放題です。また、動画配信数も85000作品以上あり、動画配信サービス自体のボリュームもたくさんあるため、レンタルと合わせればほとんどの作品を網羅できます。好きなアーティストのCD等も借り放題!TSUTAYAの店舗まで行くのは面倒、という方はぜひご利用ください。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はTSUTAYA TV・DISCAS公式サイトからご確認ください。

   

▼仮面ライダーゴースト動画のあらすじ


前作に引き続き、全体のストーリーを複数部構成で分けるというスタイルが採られている。第12話までが第1シーズン(タケルの99日までの1回目のリミットまで)、第13話から第33話までが第2シーズン(タケルの2回目の消滅からの復活まで)、第34話から第49話までが第3シーズン(タケルが本当の意味で生き返るまで)となっている。またメインストーリー完結後の第50話(最終話)は、次作『仮面ライダーエグゼイド』とコラボレートする特別編として位置付けられている。

第1シーズン(第1話 - 第12話)
何処からか地上に姿を現した謎の幽霊型怪人・眼魔が英雄の魂を宿したゴースト眼魂を求めて活動を開始した。幽霊退治を担うゴーストハンター・天空寺龍は偶然現れた眼魔と戦うが敗れてしまい、息子・天空寺タケルに宮本武蔵が持っていた刀の鍔を託し息絶えてしまう。
それから10年が経った2015年。大天空寺の跡取りとなったタケルは龍と同じゴーストハンターを目指そうとするもゴースト=幽霊が見えないことに悩んでいたが18歳を迎えた日、大天空寺に指定郵便の小包が届く。その中には龍の遺品である眼魂(アイコン)が入っており、触れたタケルは幽霊の姿が見えるようになった。その直後、刀眼魔と槍眼魔が大天空寺を襲撃し、タケルは幼馴染・月村アカリと住職代理・山ノ内御成を守るために眼魂を狙う2体の眼魔と戦うが、命を落としてしまう。
死後の世界でタケルは仙人と名乗る謎の老人と出会う。眼魂を見た仙人はタケルが戦いの運命に足を踏み入れていると悟り、彼を仮面ライダーとして蘇らせようと考える。それを受け入れたタケルはゴーストとして現世に戻ると龍から授かった眼魂と仙人から与えられたゴーストドライバーで仮面ライダーゴーストに変身。仙人の分身・ユルセンの指導を受けながら戦い、槍眼魔と刀眼魔を撃破する。しかし、ゴーストとして留まれるのは99日間でそれまでに英雄の魂が封じられた15個の眼魂を集め生者として蘇らなければならない。タケルは眼魂を集めるため、そして自分の運命に向き合うためにアカリや御成たちと共に眼魔が起こす怪事件に挑む。
眼魂を集めていく中、タケルは仮面ライダースペクターに変身する謎の青年と衝突を繰り返す。そのうち、タケルは青年が自分とアカリの幼馴染・深海マコトであることに気付く。マコトは10年前、眼魔を研究していた龍が同僚のゴーストハンター・西園寺主税たちと行った実験によって、妹の深海カノンと共に眼魔の世界に閉じ込められ行方不明になっていた。しかし、10年の間に地獄のような日々を過ごしてきたマコトはタケルたちを冷たく突き放すまでに正反対の人格となり、西園寺に協力する謎の青年・アランと接触を繰り返しながら、命を落とし魂だけになったカノンを救うために眼魂を集めていた。
真実を知ったタケルはマコトとの和解と協力要請を試みるも、失敗。そんな中、アランの部下・ジャベルが現れ、3人は眼魂を巡って激突。その混乱に乗じて西園寺は眼魂を15個揃えてしまう。大天空寺の地下にあるモノリスに向かった西園寺は全てを支配する力を欲するが、願いは叶わず粒子となって消滅してしまう。その直後、15個の眼魂はグレートアイを形作り、大天空寺の空に浮上。近くに来たタケルはグレートアイの内部空間に吸い込まれ、そこで願いを告げる。その願いは、カノンを蘇らせたいというマコトの願いを実現することだった。カノンとの再会を果たしたマコトはタケルたちに再び心を開くが、グレートアイは消滅し、眼魂は散り散りになってしまう。今度こそ生き返るためにタケルたちは再び眼魂を探し始めるが、どんなに手を尽くしても手がかりすら見つかず、その間にも日が過ぎていった。
そして運命の99日目になり、タケルは龍の待つ死後の世界へ戻されてしまう。皆を守れなかったと後悔するタケルに龍は「英雄の心を繋げ」という望みを託し、自らタケルに吸収される。龍の力で現世へ戻ったタケルは龍の魂が宿った闘魂ブーストゴースト眼魂の力を使いジャベルを撃破。再び与えられた99日という期限の中で再度眼魂を15個揃えようと決意を新たにするのだった。
第2シーズン(第13話 - 第33話)
英雄の心を繋ぐという龍の望みについて悩んでいたタケルは一般人に憑依したリョウマゴースト眼魂と話したことをきっかけに、次々と眼魂に宿る英雄の魂と会話を重ねていく。
そんな中、親友だったマコトと決別したアランはその原因であるとしてタケルに憎悪の念を抱き、眼魔側が開発したシステムを用いて仮面ライダーネクロムに変身。友としてのマコトを取り戻すため、彼を洗脳してしまう。さらに裏ではアランの兄・アデルの命令を受けた眼魔の科学者・イゴールも現世に現れ、独自に行動する。
そんな中、純粋に絵を描くことを望む画材眼魔と出会い、タケルは友達になろうと歩み寄る。更に、タケルとカノン、ゴースト眼魂らの力により、マコトはアランによる洗脳から解放される。マコトが正気を取り戻したことを喜ぶタケルとカノンだったが、これに激怒したアランはタケルとマコトに強力な攻撃を仕掛けようとするも、「眼魔の世界」からの緊急の召集がかかり、やむを得ず撤退する。一安心するタケルだったが、マコトから、彼の実際の肉体が「眼魔の世界」にあると知り、愕然とする。
一方、「眼魔の世界」の大帝である父・アドニスからの召集に応じたアランとアデル、姉・アリアの前に、仙人と瓜二つの顔をした「眼魔の世界」の長官・イーディスが姿を現す。アドニスはアラン達に「完璧なる世界のために、『怒りも憎しみも、誰も死ぬことが無い世界』という理想を広げる」という自らの決意を伝える。アドニスからマコトのことを尋ねられたアランは「マコトはもう友ではない」と答えるが、アドニスから「迷った時は自分の心に従え」と、かつての理想とは正反対の言葉を告げられ動揺する。
自身の過去の「けじめ」をつけるために「眼魔の世界」へと向かったマコトを手助けしようと、「眼魔の世界」に行く方法を模索していたタケルは、イゴールの卑怯な策略により、ムサシからヒミコまでの英雄のゴースト眼魂を奪われてしまうが、エジソンゴーストのアドバイスとアカリと御成、画材眼魔・キュビの協力により、「眼魔の世界」へ辿り着く。
その頃、祈りを捧げていたアドニスを、アデルは「貴方は最早完璧では無くなった」として殺害し、アリアに「私が大帝の後継者になる」と告げ、新たな大帝に即位すると共に「父はアランに暗殺された」という嘘の情報を流す。自身らを育ててくれたアリアに礼を言いに来たマコトは、アデルの策略によってアランがアドニス殺害の濡れ衣を着せられていることを知る。一方タケルは、謎の白いカプセルが数多く置かれた場所に辿り着き、その箱の中に入っていた人間の一人が突然、灰のようになって消滅する瞬間を目の当たりにし「誰も死ぬことがない完璧な世界」とは名ばかりの現状に憤りと恐怖を募らせる。アデルとの交戦の中途で合流したタケルとマコトは、眼魔の世界の深淵で、イゴールに奪われた眼魂と、正体不明の眼魂を発見。その後、眼魔体を破壊され生身の身体となった傷だらけのアランを見つけ、追ってきた眼魔たちから逃れる形で三人揃って人間世界へと帰還する。
アデルの刺客としてウルティマとなったジャベルに追われるアラン。生身の身体の不便さと恐怖に苛まれるアランに対し、マコトは親友として手を差し伸べ必死に守ろうとする。一方タケルは眼魔の世界で見た魂の扱いへの恐れから、「眼魔の世界」と人間界の繋がりを一刻も早く絶たなければと焦りを募らせ、アカリら周囲に対して八つ当たりし始める。グレートアイの力で「眼魔の世界」と人間界の繋がりを完全に絶とうと考えたタケルは、マコトとアランにも眼魂を渡すよう詰め寄り、特にアランに対しては不信感を露わにし、さらにジャベルに命を狙われる彼を「眼魔を助ける必要は無い」と見捨てたため、自分の持つ全ての英雄眼魂に見放されますます自暴自棄に陥る。その後ユルセンにも愛想を尽かされた挙句、眼魔に対して諦めたような態度を取ったことからマコトに殴り飛ばされ「見損なった」と非難される。
その後、ジャベルに追い詰められたアランが絶体絶命の危機に陥るも、マコトは命懸けで彼のことを庇う。致命傷を負ったマコトは、涙を流すアランに対し「想いは繋がるんだ」と言い残して、眼魂となり消滅してしまう。そんなマコトの姿を見て、タケルは皆の想いを未来に繋ぐ決意を固め、英雄たちの心を動かす。そして15の英雄たちは一つの大きな英雄眼魂になり、タケルは仮面ライダーゴースト グレイトフル魂に変身。強化されたウルティマをも撃破する。そしてタケルはマコトの身体を眼魔の世界から取り戻そうと尽力する中、御成に憑依したゴエモンと風切大和との出会いを通じて「出自や考え方が違っても目的のために協力する、協力できる」ということを知り、アランと協力する決意を固めるのだった。
「マコトの肉体を『眼魔の世界』から取り戻すために力を貸して欲しい」というタケルの頼みを承諾するアラン。それを知った御成とカノンは大喜びするが、アカリは「アランの本心が分からないままでは、タケルを同行させられない」と猛反対。アカリの想いを汲んだタケルは素直に聞き入れるが、アランは自分に対する警戒心を露にするアカリに苛立ちを募らせる。その頃、眼魔眼魂を用いて操ったネットワーク関連企業「ディープコネクト」社長のスティーブ・ビルズやアデルと共謀して「デミアプロジェクト」を推し進めていたイゴールは、プロジェクトを次の段階へと進めるべく、手下の眼魔を使って空中に謎の赤い粉を散布させる。やがて赤いオーロラが発生し、その影響を受けたカノンが突然、体調を崩してしまう。グレートアイに「叶えられる願いを増やしてほしい」とお願いすることで、「自分を現世に生き返らせること」と「カノンを快復させること」という二つの願いを一度に叶えようとするタケルだが、「眼魔の世界」の「祈りの間」にあるモノリスの干渉により、失敗してしまう。そこでタケル達は、謎のオーロラを発生させた赤い粉の成分の分析と、散布する眼魔の討伐のために行動を開始。ユルセンに赤い粉のサンプルを集めてもらったタケルは、サンプルをアカリに託し、英雄のゴースト達の協力を得て眼魔を倒すが、オーロラは依然として上空に漂っていた。
一方、傷だらけになりながらもアランの前に姿を現したジャベルは、アデルから課せられた使命を果たすべく、眼魔スペリオルに変身する。アランもネクロムに変身して応戦するが、赤いオーロラの影響は、生身の肉体で復活したアランたちにも及んでいた。
タケル達が、神出鬼没な「赤い空」の謎に悩まされている頃、赤い粉の分析を続けていたアカリは、「何かヒントを得られるかもしれない」と、アランに「眼魔の世界」について尋ねる。アカリから「『眼魔の世界』を疑い始めているのでは?」と指摘されたアランは、怒ってその場を立ち去る。その後、カノンを快復させようと、アランはネクロムに変身してイゴールと飛行機眼魔・兄に戦いを挑むが、「赤い空」の影響で弱体化したアランは不利な状況に立たされ、グリムゴースト眼魂と駆けつけたタケルに窮地を救われるも、イゴール達を取り逃がしてしまう。
アカリは試行錯誤の末に「赤い空」の中和剤を完成させ、カノンの快復に成功する。カノンから、アランが自分の体力が低下していることを隠していると聞いたアカリは、アランにも中和剤を使うため、彼の目的と元へ向かう。その頃、アランはタケル達が幼い頃からの知り合いであるたこ焼屋の店主・福嶋フミに、初めて人間界を訪れた時の気持ちや、自分が抱えている悩みを打ち明ける。フミはアランの話を素直に聞き入れ、「自分の心に聴いてみればいい」と、アランがアドニスから掛けられたのと同じ言葉で励ます。その様子を物陰から見ていたアカリは、衰弱していたアランを中和剤で快復させる。
その後、アカリは中和剤と同じ成分を含む薬品の入ったポットを取り付けた不知火で、「赤い空」を空気中の大気ごと浄化させようと試みる。アカリから中央ビルに来るよう連絡を受けたタケルはゴーストに変身し、急いで現場に向かう。ビルの屋上にいるアカリを狙う飛行機眼魔・兄を目撃したタケルはフーディーニゴースト眼魂の力を使い、アカリのピンチを救う。不知火で「赤い空」を浄化させることに成功したアカリだが、その直後、復活した飛行機眼魔・弟の襲撃を受け、再びピンチに陥る。ビルの屋上から落下したアカリを救ったのは、ネクロムに変身したアランだった。そしてアランはタケルと協力し、飛行機眼魔兄弟を撃退する。
「眼魔の世界」で父・アドニスの行方を探していたアリアは、「祈り」を捧げる謎の声を辿り、幽閉されていたアドニスを見つけるが、アデルが張った結界により救出の断念を余儀なくされ、アドニスからアデルのことを託される。
その頃、アランは「眼魔の世界」について「迷い」を抱いていたこと、その「答え」を見つけるためにタケルの力を必要としていたことをアカリに打ち明ける。アカリもアランに、「タケルにも、あなたの力が必要になる」と伝え、タケルとマコトのことを託す。そして、アカリや御成達に見送られながら、タケルはアランと共に「眼魔の世界」へと旅立つ。
眼魔の世界では、アデルがクーデターを起こし、アドニスを殺害。ガンマイザーが本格的に動き出す。
マコトは追って来るガンマイザー相手に、眼魔世界の長官・イーディスから、授けられたディープスペクターゴースト眼魂によって、ディープスペクターに変身して、撃退する。
尊敬する父や今まで信じていたものを失い、失意のどん底にいたアランを救ったのが、フミ婆であった。「心のままに」の言葉を残し、フミ婆は死去するが、フミ婆の言葉で復活したアランは人間の世界を守るために戦うことを心に誓った。
アランは眼魔が人間世界に来られないようにゲートを閉じることを提案し、タケル達はそれを実行する。しかしそこに新たな第3の刺客・ジャイロがやってきて、タケル達を圧倒する。またタケルはこの時に訪れた五十嵐博士の記憶を覗き、10年前の出来事を知る。
ガンマイザーの侵攻が本格し、タケル達はガンマイザーと戦うが、タケルの魂が入ったオレゴースト眼魂が砕け散り、タケルが消滅してしまう。アカリはタケルがいなくても、ガンマイザーをなんとかしようとするが、逆に追い詰められる。しかしアカリたち7人の想いを受けとったタケルが復活。新たなゴーストとなって、不滅のガンマイザーを打ち倒す。
第3シーズン(第34話 - 第49話)
ムゲンの力を手に入れたタケルは、生き返るために再びグレートアイとの接触を図る。アデルも自分の目指す完璧な世界を創造するためグレートアイに接触しようとする。それに応じるかのようにガンマイザーも脅威を増していく。しかしタケルも自分とかかわった人の想いを学びムゲンも強くなり感情の技を会得する。そんな中アランは戦いについていけていないことを実感する。そこでサンゾウの試練を受けサンゾウの力を取得した。
マコトはディープスペクターゴースト眼魂のせいで生まれたと思われるマコト自身と遭遇。倒すたびに復活しマコトにダメージを与えついに倒れてしまう。
一方眼魔世界では焦ったアデルがガンマイザーと融合パーフェクト・ガンマイザーに変身しタケルを襲う。タケルは英雄の力で応戦するがガンマイザーの圧倒的な力の前に敗北。仙人からも「ムゲンの力のみが頼り」といわれるが、「そんなことはない」と反論。アデルの使いできたジャイロに「ムゲンで戦え」と迫られるがオレ魂で挑む。だが英雄眼魂はその力を貸さなかった。それでも英雄を信じるタケルを見たムサシたち英雄はもう一度戦うことを決意しタケルと共にジャイロを倒す。その後も着々とガンマイザーを倒していった。
しかしそれでもアデルは「完璧な世界」を諦めていなかった。そんなアデルを見たアリアは「ダークネクロムピンク」に変身しガンマイザーに挑むも敗北。眼魂を砕かれ人間の体になり拘束されてしまう。そんなアデルを見たイーディス長官は一人戦いに挑み人間世界に現れた。そこでタケルたちに遭遇し眼魔の世界の仕組みについて話す。その後「タケルがグレートアイのカギとなる」とガンマイザーに進言されたアデルが現れ、その際の戦闘でイーディスは眼魂を砕かれるが後に復活する。しかし焦っていたためイーディスの口調のまま仙人の格好で現れてしまう。イーディスは、アカリたちに「ずっとだましていた」と責められるがタケルが「おかげで戦うことができた。感謝しています」といわれ、共に戦うことを決意する。タケルはその後パーフェクト・ガンマイザーを倒し、アデルに共闘を持ちかけるが拒否されてしまう。
その後、アデルは自ら眼魂を砕き繭の中に閉じこもっていた。そしてグレートアイと一体化。グレートアイの力で復元して揃えたガンマイザーの石板15枚を召喚しそこからコピー・マコトを15人作り出し一体化させた。
そして、アデルは電子コンタクトDEMIAを利用し、サーバーを介し人間と眼魔、世界を一体化させようとするが、タケルたちによって中枢部を破壊され、失敗に終わる。だが、アデル自身が本サーバーに成り代わることでデミアプロジェクトが発動し、DEMIAを装着した数千万の人々は、魂を奪われ、心はおろか、肉体までもがアデルと同一化してゆく。
タケルはアデルを食い止めるため、デミアのネットワーク内に侵入するが、その影響で自身が周りから認識できなくなる。だが、宮本武蔵との特訓を経て改めて声を聞くことの大切さを学び、再び周りから認識できるようになる。
改めてアデルを食い止めようとするが、アデルが龍を殺した張本人であることを知り、アデルを救いたいが父の仇でもあることに葛藤する。
そして、アカリと仙人の協力で眼魔世界へと侵入したタケルたちは、アデルのアドニスに対しての誤解を解くことに成功する。
だが、アデルは自我を得たガンマイザーによって強制的にパーフェクト・ガンマイザーに変身させられてしまい、タケルによってガンマイザーごと倒され、消滅する。
しかし、Cマコトの使用していたディープスペクターゴースト眼魂に入っていたガンマイザーのバックアップが起動し、フレイヤとグレートアイを取り込み、グレートアイザーへと変貌する。
グレートアイザーは、不確定な要素が多くコントロール不能で不合理な存在でありながら無限の可能性を秘め、自らの存在を脅かす驚異になりうる存在である人間を滅ぼすために活動を開始。三人のライダーに対して無数の眼魔コマンドと眼魔スペリオルを召喚するも、突如現れた謎の仮面ライダーによってすべて倒される。
タケルたちをも凌駕するグレートアイザーはアイザージャイアントへと変貌し、タケルたちに協力していた眼魔を含むたくさんの人々を魂に変化させて吸収し、一度はタケルを絶望の淵へと追いつめる。しかし、母の声を聴き人間の想いや愛の無限の可能性を改めて信じることで希望を取り戻したタケルは再び変身し、アイザージャイアントを倒すとグレートアイザーもオレ魂のオメガドライブにより大爆発と共に完全消滅させた。
そして、タケルはグレートアイに自身の復活ではなくガンマイザーに消された人々の復活を望み実行させると、グレートアイからのお礼として身体を与えられ復活を果たすのであった。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98

スポンサーリンク







こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です