仮面ライダーV3の動画配信|ドラマ見逃しフルを無料で視聴!

   

仮面ライダーV3の無料視聴サイト【違法サイト : 危険】

9TSUmiomioPandoraDailymotion

仮面ライダーV3を安全視聴できる動画配信サービス【お試し期間無料 : 安全】

予告動画を見る

「仮面ライダーV3」の動画を見ようと思っても、人気のためレンタルビデオ店では貸し出し中のことも多く、結局見れないことが多いです。また、テレビでの再放送はいつやるかもわかならないため、テレビの再放送を待つのは現実的ではありません。 そこで、この記事では「仮面ライダーV3」を無料で視聴する方法とおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

 

▼仮面ライダーV3の動画を視聴できる動画配信サービス【お試し無料・安全】

Hulu

料金 月額933円(税抜)
無料お試し期間 14日間
配信作品数 約40,000作品以上
特徴 海外ドラマを中心にドラマ系作品に強い。

Huluは海外ドラマを中心に、国内ドラマや洋画など、幅広いジャンルの作品を月額1000円で見放題!他の動画配信サービスと違い完全に追加課金はないため、安心して利用できるシンプルで使いやすいサービスです。また、動画はアプリからも見れるため、登録した方はぜひアプリも併せてインストールしてみてはいかがでしょうか?

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はHulu公式サイトからご確認ください。

Amazonプライムビデオ

料金 月額325円(税込)
無料お試し期間 30日間
配信作品数 約26000作品以上
特徴 業界最安値でハイクオリティ!

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員になるだけで約2万作品以上の映画やドラマが見放題になるサービス。年会費はなんと3900円(月額325円!)と、業界最安値を誇っています。最もコスパの良い動画配信サービスと言っても過言ではないでしょう。また、Amazonプライム会員になると動画が見放題になるだけでなく、普段のAmazonのショッピングがお得になったり、Kindleが1冊プレゼントされたりと、もはや登録しない理由がないサービスです。※学生の場合は年会費1900円で利用できるため、実質月額は約180円!

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はAmazonプライムビデオ公式サイトからご確認ください。

   

▼仮面ライダーV3の動画を課金して視聴できる動画配信サービス【有料】

ビデオマーケット


料金 月額500円(税抜)~
無料お試し期間 1ヵ月間
配信作品数 170,000作品以上
特徴 配信作品数日本最大級!

ビデオマーケットは「Music.jp」でおなじみの「MTI」の関連会社が提供している動画配信サービス。配信されている動画の作品数は17万作品以上と、国内でも群を抜いて配信作品数が多いです。月額500円のプランでも約2万作品を見ることもできるため、コスパも良いのも特徴です。ビデオマーケットでは特にアニメや映画に強く、上映してから配信されるまで、TSUTAYAなどのレンタルDVD店より早く配信されるのも良いところです。いち早く上映作品を見たい方はぜひ、ぜひ1ヵ月無料期間を利用してみてください。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はビデオマーケット公式サイトからご確認ください。

TSUTAYA TV・DISCAS


料金 月額2417円(税抜) ※見放題&借り放題プランの場合
無料お試し期間 30日間
配信作品数 85000作品以上
特徴 TSUTAYAのレンタルもし放題

TSUTAYA TV・DISCASはレンタルビデオ店でお馴染みのTSUTAYAが提供する動画配信と宅配レンタルのサービスです。動画配信されていない作品等もレンタルし放題のプランを選べば宅配でレンタルし放題です。また、動画配信数も85000作品以上あり、動画配信サービス自体のボリュームもたくさんあるため、レンタルと合わせればほとんどの作品を網羅できます。好きなアーティストのCD等も借り放題!TSUTAYAの店舗まで行くのは面倒、という方はぜひご利用ください。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はTSUTAYA TV・DISCAS公式サイトからご確認ください。

 

▼仮面ライダーV3動画のあらすじ


仮面ライダー1号・2号の活躍によって悪の組織ゲルショッカーは壊滅し、世界に平和が戻ったかに見えた。しかし、生きていたゲルショッカー首領は密かに新組織・デストロンを結成して再び世界征服に乗り出すと、目撃者を容赦なく抹殺していた。

1号こと本郷猛の大学の後輩・風見志郎はある夜、デストロンの悪事を目撃したため、命を狙われるようになる。また、そのアジトを見つけた珠純子を助けたため、怪人・ハサミジャガーが風見家を襲撃し、両親と妹は志郎の目の前で殺害される。怒りに燃えて復讐を誓った志郎はそのための力を得ようと1号・2号に自分の改造を願うが、改造人間の悲哀を誰よりも知る彼らに拒否される。しかしその後、志郎はデストロンの罠に落ちた1号・2号を助けようとして瀕死の重傷を負う。1号・2号は彼の命を救うために改造手術を施し、第3の仮面ライダー「V3」として復活させる。こうして、V3とデストロンとの死闘の幕が切って落とされた。

以下、作品の展開に合わせてストーリーを解説する。

第1話 - 第12話
V3誕生編。「26の秘密」と呼ばれる必殺技や特殊能力を戦いの中で解き明かしていくという謎解きの展開、前作のゲルショッカーの「合成怪人」というコンセプトをさらに推し進めた機械と生物の合成による怪人との戦い、合成怪人が2体登場する前後編ストーリーが特徴[14][9]。
しかし、V3の苦戦と「26の秘密」の解明につながるという展開が、V3は弱いというイメージを印象づけてしまうなどの問題が発生し、軌道修正が行われた[8][15]。
第13話 - 第30話
デストロン初代幹部・ドクトルGが登場する。合成怪人との戦いというコンセプトは変わらないが、「26の秘密」を解明する展開は削除され、1体の怪人が登場する1話完結ストーリーが中心となる[16][注釈 5]。ドクトルGの存在感、劇場版と同時進行する第20話・第21話の四国ロケ、第19話と第22話の静岡県ロケ、劇場版での1号・2号との競演、第22話 - 第24話の怪談シリーズ、第27話・第28話での前作の大幹部たちの復活[注釈 6]、志郎のパートナー・佐久間ケンの登場など、多くのイベントが盛り込まれた。
第31話 - 第40話
視聴率にもかげりが見えてきたことで怪奇性の強化を図るべく、デストロンと結託した怪人部族の長であるキバ男爵とツバサ大僧正を登場させた。それぞれ5話ずつ短期間の登場となったのは、タイアップしている月刊幼年誌向けに月1回話題を提供する意図による。これに伴い、怪人コンセプトも合成怪人から単一の生物怪人に戻しているが、各部族ごとに特徴を大きく取り上げると共に、呪術的な意味合いを加えていた。短期間内の幹部怪人との決戦、1号・2号・V3の共闘(第33話・第34話)、原点を見直す意図による前作エピソードのリメイク(第39話 - 第42話)[17]など、様々な試みが行われた時期でもある。
第41話 - 第52話
怪人部族との結託は一段落し、最後の大幹部・ヨロイ元帥の登場によってデストロンのイメージは初期に近くなる。さらに、ヨロイ元帥の陰謀によってデストロンを追われた元科学者という過去を持つサブヒーロー・ライダーマンこと結城丈二の登場による三つ巴のドラマなど、最後まで多くの話題が提供され続けた。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCV3#%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC

スポンサーリンク







こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です