特命係長 只野仁 シーズン1の動画配信|ドラマ見逃しフルを無料で視聴!

   

特命係長 只野仁 シーズン1の無料視聴サイト【違法サイト : 危険】

9TSUmiomioPandoraDailymotion

特命係長 只野仁 シーズン1を安全視聴できる動画配信サービス【お試し期間無料 : 安全】

予告動画を見る

「特命係長 只野仁 シーズン1」の動画を見ようと思っても、人気のためレンタルビデオ店では貸し出し中のことも多く、結局見れないことが多いです。また、テレビでの再放送はいつやるかもわかならないため、テレビの再放送を待つのは現実的ではありません。 そこで、この記事では「特命係長 只野仁 シーズン1」を無料で視聴する方法とおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

     

▼特命係長 只野仁 シーズン1の動画を課金して視聴できる動画配信サービス【有料】

U-NEXT

料金 月額1990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
配信作品数 約60,000作品以上
特徴 話題の最新作まで取り扱っている。
     

U-NEXTは、日本で最大級の配信作品数を誇る動画配信サービスです。月額1990円と他の動画配信サービスと比較すると高めではありますが、その分毎月1200円分のU-NEXT内で使えるポイントがもらえます。このポイントを使えば他の動画配信サービスにはない話題の最新作や人気シリーズのドラマなどを視聴することができます!漫画や雑誌などのコンテンツも充実しており、時間つぶしには最適なサービスです。また、ファミリーアカウントサービスの開始により最大家族4人まで同時に見ることができるようになりました。(もちろん4人分で月額1990円です。)ぜひこの機会をお見逃しなく!

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はU-NEXT公式サイトからご確認ください。

   

ビデオマーケット


料金 月額500円(税抜)~
無料お試し期間 1ヵ月間
配信作品数 170,000作品以上
特徴 配信作品数日本最大級!

ビデオマーケットは「Music.jp」でおなじみの「MTI」の関連会社が提供している動画配信サービス。配信されている動画の作品数は17万作品以上と、国内でも群を抜いて配信作品数が多いです。月額500円のプランでも約2万作品を見ることもできるため、コスパも良いのも特徴です。ビデオマーケットでは特にアニメや映画に強く、上映してから配信されるまで、TSUTAYAなどのレンタルDVD店より早く配信されるのも良いところです。いち早く上映作品を見たい方はぜひ、ぜひ1ヵ月無料期間を利用してみてください。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はビデオマーケット公式サイトからご確認ください。

TSUTAYA TV・DISCAS


料金 月額2417円(税抜) ※見放題&借り放題プランの場合
無料お試し期間 30日間
配信作品数 10000作品以上
特徴 TSUTAYAのレンタルもし放題

TSUTAYA TV・DISCASはレンタルビデオ店でお馴染みのTSUTAYAが提供する動画配信と宅配レンタルのサービスです。動画配信されていない作品等もレンタルし放題のプランを選べば宅配でレンタルし放題です。また、動画配信数も10000作品以上あり、動画配信サービス自体のボリュームもたくさんあるため、レンタルと合わせればほとんどの作品を網羅できます。好きなアーティストのCD等も借り放題!TSUTAYAの店舗まで行くのは面倒、という方はぜひご利用ください。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はTSUTAYA TV・DISCAS公式サイトからご確認ください。

 

▼特命係長 只野仁 シーズン1動画のあらすじ


2003年より連続・単発ドラマとして定期的に放送または配信している。以下のような特色を持つ。

主演・高橋克典の年齢を感じさせない肉体美とアクションシーン(一人で大勢の敵を鮮やかに倒す)。

深夜枠での放送を生かしたお色気多目の映像表現(AV女優などをキャスティングし、女性の半裸などが頻繁に登場)

ただしスペシャル版では放送時間の都合上お色気シーンがやや少なめで、モザイクなどの修正が入ったり、映らないアングルになっていたりする(モザイクが入らないこともある)。
4thも木曜ドラマ枠で放送されたことから、お色気シーンが全体的に規制された。ただし、それを逆手に取ったギャグも盛り込まれている(女性の乳房をモザイクではなく小道具や遠近法でうまく隠している等)。
基本的に原作通りの荒唐無稽・(いい意味で)バカバカしいストーリー展開

只野が女を自分に一目ぼれさせホテルへ行き、抜群のベッドテクニックを駆使して情報を聞き出す“お約束”シーンが男の願望を満たす。

この際、只野が行為に及んでいる最中に「フン! フン! フン!」という声を発する。
話の構成が一般サラリーマンでも理解・共感しやすい設定になっている(高橋は同様にサラリーマンが主人公となっているドラマ『サラリーマン金太郎』の主役も演じている)。

話が一話完結(原作では2〜5回分に相当する量)の構成になっており、初めて見る人に優しく数回見逃した視聴者も容易に視聴復帰しやすい。

レギュラー放送の話数表示は他のドラマのシリーズでは滅多に見られない通算話数を採用している(1stは第11話で終了しているが、2ndはその続きの「第12話」から開始している。以降も同じ流れ)。

回によっては、高橋克典のナレーションが入ったり、各回のターゲットとなる人物が黒縁の白い文字で表示されることがある。

オープニングは、放送から10分ぐらいして大森章督による只野についてのナレーションが行われる。対するエンディングでは、歌をバックに高橋克典が白いシャツに黒いズボン、サングラスという格好で煙草を吸いながら波打ち際を歩いている。

どちらも流れは変わっていないが、スペシャル第5弾からオープニングが2代目にリニューアルされた(その直前の劇場版で新たに作られたオープニングを多少アレンジしながらそのまま使用している)。ファイナルでは初代のオープニングに戻っていたが、AbemaTVオリジナルでは再度2代目のオープニングを使用している。
エンディングは1stから一貫して同じ映像である為、後期のシリーズ(スペシャル第2弾以降)で本編がハイビジョン制作に移行されても、エンディングのみ標準画質でサイドパネルを貼ったものになっている。
DVDのミニドラマでは、佐川和男(2nd)や野村俊夫と久保順平(3rd)なども同様の方法で行われる。
3rdは全話を通して、只野と森脇の情報交換はサウナ・メイド喫茶・社内のいずれかで行われており、屋上では一切行われていない。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%91%BD%E4%BF%82%E9%95%B7_%E5%8F%AA%E9%87%8E%E4%BB%81_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)#%E6%A6%82%E8%A6%81

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です