きみに読む物語の動画配信|映画見逃しフルを無料で視聴!

きみに読む物語を安全視聴できる動画配信サービス【お試し期間無料 : 安全】

予告動画を見る

「きみに読む物語」の動画を見ようと思っても、人気のためレンタルビデオ店では貸し出し中のことも多く、結局見れないことが多いです。また、テレビでの再放送はいつやるかもわかならないため、テレビの再放送を待つのは現実的ではありません。 そこで、この記事では「きみに読む物語」を無料で視聴する方法とおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

▼きみに読む物語の動画を視聴できる動画配信サービス【お試し無料・安全】

U-NEXT

料金 月額1990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
配信作品数 約60,000作品以上
特徴 話題の最新作まで取り扱っている。

U-NEXTは、日本で最大級の配信作品数を誇る動画配信サービスです。月額1990円と他の動画配信サービスと比較すると高めではありますが、その分毎月1200円分のU-NEXT内で使えるポイントがもらえます。このポイントを使えば他の動画配信サービスにはない話題の最新作や人気シリーズのドラマなどを視聴することができます!漫画や雑誌などのコンテンツも充実しており、時間つぶしには最適なサービスです。また、ファミリーアカウントサービスの開始により最大家族4人まで同時に見ることができるようになりました。(もちろん4人分で月額1990円です。)ぜひこの機会をお見逃しなく!

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はU-NEXT公式サイトからご確認ください。

FODプレミアム

料金 月額959円 ※見逃し配信は無料
無料お試し期間 31日間
配信作品数 2000作品以上
特徴 フジテレビの作品に特化

FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアムは、フジテレビで放送したドラマ・アニメなどの作品を中心に配信しているVODサービス。定額で見放題です。テラスハウスやあいのり等のバラエティー番組やLDKや植物図鑑などの恋愛映画まで幅広い動画を取り扱っています。漫画や雑誌なども読み放題!フジテレビの作品に特化した動画配信サービスです。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はFODプレミアム公式サイトからご確認ください。

Amazonプライムビデオ

料金 月額325円(税込)
無料お試し期間 30日間
配信作品数 約26000作品以上
特徴 業界最安値でハイクオリティ!

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員になるだけで約2万作品以上の映画やドラマが見放題になるサービス。年会費はなんと3900円(月額325円!)と、業界最安値を誇っています。最もコスパの良い動画配信サービスと言っても過言ではないでしょう。また、Amazonプライム会員になると動画が見放題になるだけでなく、普段のAmazonのショッピングがお得になったり、Kindleが1冊プレゼントされたりと、もはや登録しない理由がないサービスです。※学生の場合は年会費1900円で利用できるため、実質月額は約180円!

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はAmazonプライムビデオ公式サイトからご確認ください。

dTV


料金 月額500円(税抜)
無料お試し期間 31日間
配信作品数 120000作品以上
特徴 コスパが良い

dTVは、皆さんお馴染みdocomoが提供しているVODサービス。国内最低月額料金(たったの税抜500円!)で国内最大級の配信数の作品を楽しめるのが大きな特徴です。また、オリジナルコンテンツが面白いことでも評判です。ドラマや映画の他にも雑誌や漫画、カラオケまで多方向にコンテンツも充実しています。最もコスパが最高なのではないでしょうか。

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はdTV公式サイトからご確認ください。

     

▼きみに読む物語動画のあらすじ


認知症を患い過去を思い出せずにいるアルツハイマー症の老女と共に、療養施設へ入寮しているデュークは、ノートに書かれた物語を彼女へ読み聞かせている。

物語は、1940年のアメリカ南部シーブルックが舞台。青年ノアは別荘にやってきた17歳のアリーに一目惚れ。強引にデートに誘い、映画を見て語り合った後、仲良くなり、2人は付き合うようになる。初めてノアの家を訪ねていくとテラスで詩[3]を読んでおり、これは物語全体に関わってくる。父親はやさしく、夜にもかかわらずパンケーキを勧める。ノアは、いつか買い取って農場を始めたい古い屋敷にアリーを連れて行くが、彼女の両親が探しているといわれ中断。その後も二人の仲は認められず、ひと夏の出来事が終わった。

大学生になったアリーに毎日手紙を出したが、戦争が始まり、ノアは徴兵される。アリーは裕福な弁護士ロンと婚約する。軍隊から戻ったノアが父親が買い取ってくれた古い屋敷の改造にいそしむ。結婚式を直前にしてアリーはけじめをつけるためにノアに会いに行く。連絡がなかったというアリーに365通出したというが、母親によって没収されていたのだった。二人は激しく求め合う。

連れ戻しにきた母親が砂利工場で働く男を見せながら、「25年前に駆け落ちした人よ、あのまま彼と暮らしていたら」と説得する。アリーは納得するが、隠された手紙を見つけ、ノアの許に戻って行く。

湖を夕日が染める頃、「それ私たちね」と老女が気づく。しかし、記憶はわずかしかもたない。肩を震わせて泣くノア。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%80%E7%89%A9%E8%AA%9E#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98