仲間由紀恵が森光子の演技で低視聴率評価脱却?兄姉も美男美女すぎる!

森光子
   

スポンサーリンク







5月9日金曜日夜9時に、フジテレビで放送される「森光子を生きた女~日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった~」森光子さんの92年にも及ぶ長い人生の中の15年間を描いたドラマだそうです。

森さんといえば、放浪記で快活に演技される姿と、ジャニーズの美青年たちに囲まれて幸せそうにしている姿が目に浮かんできます。

いつも楽しそうに、人生を楽しんでいるようなそんな森さんが日本一寂しい女だったなんて・・・気になるドラマですよね。

このドラマで、森光子を演じるのは、仲間由紀恵さんです。
仲間さんといえば、「ごくせん」や「トリック」でのコミカルな演技が印象強いですが、最近は「サキ」で悪女を演じたり、様々なタイプ役にも挑戦しています。

nakama-trick

最近は主演するドラマが、代表2作と比較して、あまり視聴率が芳しくなかったので、「仲間由紀恵では視聴率がとれない」なんて噂も流れています。

仲間さんの変わらない黒髪ストレートロングから、ワンパターンという印象を与えているとか、演技力がないからという話もありますが、他のドラマにも言えるように、誰が主演するかではなく、ストーリーありきで、高視聴率につながっていると思います。

仲間さん演じる森光子の素顔とは?詳しくはこちら↓
森光子を生きた女。喜劇役者、歌手、舞台女優、司会者。多彩な才能。

兄と姉も美男美女!

さて、仲間さんは、1979年生まれの沖縄県出身。沖縄出身というだけあってかスキューバダイビングと2級小型船舶操縦士の資格を持っています。

また琉球舞踊の踊り手のお母様の影響からか、琉球舞踊が得意で、師範代レベルだそうです。また仲間さんは、5人兄弟の末っ子という大家族出身なんです。

家族の話といえば、仲間さんの上から二番目のお兄さんは、通常は熊本に勤務する陸上自衛官で、東日本大震災の時に、宮城県南三陸町や気仙沼市で救難活動にいそしんでいたイケメン自衛官として話題になりました。nakama-bro

顔のパーツが仲間さんに似ていますよね。ネプチューンの名倉潤さんに似ている?なんて話もありますが、サッカーの元日本代表キーパーの川口浩さんを彷彿させる男前です。

nakama-sis

着やせするタイプなのか、自衛官としては華奢な印象です。
何番目か判りませんが、お姉さんも美人だそうです。モデルとして活動もしつつ、アムウェイのディストリビューターとしても活動されているとか・・・

森光子との共通点があった!

森さんは、松竹少女歌劇のスターだった水の江瀧子さんにあこがれ、歌手をめざしましたが、歌手ではなく役者として活躍されました。

また、仲間さんも工藤静香さんに憧れて、沖縄のタレント養成学校に所属し、沖縄テレビ放送の「青い夏」というドラマで、一般公募オーディションを勝ち抜きデビューします。

その後たまたま、そのドラマのプロデューサーから、工藤静香さんの所属する’プロダクション尾木’を紹介され上京。東京パフォーマンスドールに所属したり、歌手としても活動したりしましたが、皆さんご存知の通り、女優として活躍しています。

森光子さんとも親交の深い、共演の石坂浩二さんから「仲間さんも普段はにぎやかなことが好きな方なので、私が存じ上げている女優さんの中では森さんに一番近いかなと思います。」とのお墨付きです。

そんな仲間さんが演じる「森光子を生きた女」、知らなかった森さんの一面と共に、新たな仲間さんの一面が観られるかも?!?!

森光子がテレビ界に残した功績とは?代表作の詳細はこちら↓
森光子を生きた女。放浪記とジャニーズと「女将さん、時間ですよ!」

こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です