向井理が死の発送で理系演技を魅せる!性格悪いネット噂を払拭できるか?

向井理
   

スポンサーリンク







5月30日金曜、フジテレビ開局55周年特別番組の松本清張ドラマスペシャル「死の発送」が放送されます。

主演は、出版社「週刊ドドンゴ」の記者・底井武八を演じる向井理さんです。また底井の同僚・津村亜紀を演じるのは、比嘉愛未さん。底井の上司の山崎編集長は、寺尾聰さんが演じます。

底井は、取材を通じ、同僚の津村と協力して、2つの殺人事件、またその犯行を隠す為のトリックを解いていきます。

松本清張作品は初出演!向井理はどう演じる?

推理ドラマに出演するのは初めての向井さん、もちろん松本清張作品も初めての出演です。「松本清張作品という大きな作品はいつかやってみたいと思っていたので’この時が来た!’という思いでした。」ということで、今回の作品にかける意気込みは相当なものかと思います。

mukai1

向井さんといえば、身長182cm、明治大学農学部生命科学科卒業、しかもあの甘いマスクと何でもそろった人気俳優の一人です。

ルックスの良さもさる処ながら、大学在学時には研究成果が、2004年国際動物遺伝学会議で「ベストポスターアワード」を受賞したり、6年に渡るバーテンダー経験で培われた料理の腕の良さも、有名ですよね。

高校時代にもファンクラブがあったり、バーテンダー時代には何度も芸能関係者からスカウトをされていましたが、断り続けていたそうです。

注目のスペシャルドラマ「死の発送」のネタバレはこちら↓
松本清張原作・死の発送初ドラマ化で向井理と比嘉愛未が熱演!ネタバレは?

欠点はないの?

そんな、一見欠点のないような向井さんですが、ネット上ではまことしやかに色々とささやかれていますよね。

実は肉食系で、共演者キラーといわれるほど。同じく共演者キラーと噂される北川景子さんとの共演時のキスシーンでは、いきなりのディープキスだったそうです。

mukai2

熱愛のウワサが出たのは、「ハングリー」で共演した国仲涼子さん、「ハチミツとクローバー」の原田夏希さん、「アタシんちの男子」の堀北真希さん、「きいろいゾウ」の宮崎あおいさん、「ホタルノヒカリ2」の綾瀬はるかさんなどなど・・・こう並べてみるとすごいですね。笑。

中でも、国仲涼子さんとは、海の見えるレストランで食事の後IKEAに買い物に行ったとか、結構詳細な情報が女性週刊誌にスクープされました。その後にも、目撃情報が多数でるなど
’結婚か?’なんて話も出たのですが、どうやら目撃情報も途絶え、破局してしまっているようですね。

今回の共演は旬な女優、比嘉愛未さんですが大丈夫でしょうか・・・噂になったらなったでまた盛り上がりそうですけどねw

また性格の悪さも噂されています。テレビや雑誌でのインタビューでの発言が、ちょっと上から目線だったりするのが、人々の反感を買ってしまうようです。

ヒルナンデス出演の際に、「スペイン語が一番なので、スペイン語を勉強したい」とテレビで発言して「嘘つき」「英語や中国語の方が話す人が多い」とか、散々叩かれてみたり、あれだけ発行部数のあった向井さん表紙のananのあの写真ですら’腹がだらしない’なんて言われてしまうほど、嫌’向井’もいるみたいです。

mukai-an2

ちなみに、スペイン語を話す人数的には、世界的には英語や中国語負けますが、西欧諸国では一番多いらしいですし、スペイン語を公用語とする国の数は、一番多いらしいので、あながち嘘というわけでは無いようです。

「芝居はするけど、演技はしない」なんて発言をしてしまった過去もある向井さん主演の「死の発送」。彼の理路整然とした口調が、意外に推理ドラマにあっているのかも?!?!
ルックス・学歴・料理の腕以外の評価アップを期待します!

こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です