死の発送で比嘉愛未演じるオリジナル役とは?ロングヘア演技も見納め?

死の発想
   

フジテレビ開局55周年特別番組として放送される推理ドラマ「死の発送」は、向井理さん主演で、今月30日金曜日夜9時スタートです。

今回の「死の発送」の原作者は松本清張氏。松本氏の小説としては、珍しく映像化されていない作品で、1961年に別タイトルで雑誌に連載され、1982年に加筆・修正され「死の発送」として発刊されました。

今回のドラマ化に際して、現代版にアレンジされているのです。途中加筆されたとはいえ、原作は1961年と53年前の作品です。メインのストーリーは、原作に基づくものだとは思われますが、それでも様々な点で、原作との違いがみられると思います。

週刊誌編集部で働く底井武八と津村亜紀は、山崎治郎編集長から岡瀬という男を調べるよう依頼される。何故なら、岡瀬は10億円を横領し服役、出所してきたばかり。

彼が横領したうちの3億円が未だどこにあるのかが分かっていないからです。調べているうちに、岡瀬の死亡記事が飛び込んできます。山崎編集長も、自ら取材に行きますが、その山崎も死体となって発見されます。

主演の向井理の演技にも期待!詳しくはこちら↓
向井理が死の発送で理系演技を魅せる!性格悪いネット噂を払拭できるか?

原作にはいない、津村亜紀

「死の発送」の原作には津村亜紀という記者は登場しません。「向井さん(演じる底井)との会話のやりとりは、原作にはない部分で、より真相追及の過程を盛り上げる重要な役割を担っていただいています。」と、彼女は、ストーリーの中で上手く緩和材として機能していくと思われます。

higa1

そして津村亜紀を演じるのは、比嘉愛未さん。比嘉さんは、最近、7月期のドラマ「GTO」で新ヒロインに決定し、役作りの為に美しかったロングヘアを30cmもばっさりと切ったと話題ですね。

higa2

ということは、この「死の発送」は、あのロングヘアスタイルでの最後の演技ということになるのでしょうか?

「死の発送」主演の向井理さんは、今回のドラマが初の松本清張作品ということなのですが、比嘉さんは、2010年に「球形の荒野」で松本清張作品経験済み。また松本清張以外にもいくつかのサスペンスドラマなどにも、出演しています。

今回は、ロケが多く、まだ寒い季節だったため大変だったそうですが、共演の向井理さんや寺尾聰さんに、刺激をもらって撮影は楽しめたようです。

ネットで比嘉さんをチェックして観ると、「美人すぎる」「細い」「見習いたい!」と、そのスタイルの良さと美貌にあこがれる人が多いようですね。キットカットのCMでもその美しさで、目をくぎ付けにされた人たちも多かったハズ。

でも、そんな彼女は、その容姿のみならず、演技力でも評価が高いですよね。2006年、NHK連続ドラマ小説「どんど晴れ」には、2000人を超えるオーディションでヒロイン役に選ばれ、既に大河ドラマも経験済みです。

「コード・ブルーードクターヘリ緊急救命ー」に出演時には、主演の山下智久さんや、共演の戸田恵梨香さん、新垣結衣さん以上の高い演技力で、注目を浴びました。

実は彼女、バイクが好きで、お父さんにバイクをプレゼントして、一緒にツーリングに行くこともあるとか。

higa3-rev

出回っている写真は、大型バイクで、「これを比嘉さんが運転しているの?」と、実はお父さんとタンデムで乗っているだけ?という噂もあるほどです。

そんな素敵な比嘉さんがキーパーソンになりそうな「死の発送」は、金曜夜9時フジテレビ放送です。

死の発送のネタバレは?詳細はこちら↓
松本清張原作・死の発送初ドラマ化で向井理と比嘉愛未が熱演!ネタバレは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です