ママが生きた証ドラマで夫役の阿部サダヲの個性的演技力は妻のおかげ?

ママが生きた証 阿部サダヲ
   

テレビ朝日で7月5日に放送する「ママが生きた証」で、夫の大森武弘を演じるのは阿部サダヲさんです。

abe2

阿部さんといえば、演技力のある個性派俳優としてあちこちのドラマに引っ張りだこの俳優さんです。コミカルな演技から、シリアスな役まで器用にこなします。

阿部さんが所属するのは松尾スズキさん主宰の’劇団大人計画’です。松尾さん、宮藤官九郎さんらがが所属し、温水洋一さんも’大人計画’出身です。

阿部さんは、「冬の皮」で’大人計画’初舞台を踏んだ1992年に、病気で降板した温水さんの代役として、テレビドラマデビューを果たしました。

その後は、舞台を中心にテレビドラマ、映画など幅広く活躍しています。また大人計画の俳優らと「グループ魂」というパンクロックバンドを組み、ボーカルとして活動し、2005年には紅白歌合戦に出場します。

abe-band

その際、審査員として出演していた力士の琴欧州に、出演していたブルガリアヨーグルトのCMの商品名、”ブルガリア”を言わせたとして問題になっていたようです。

芸名の由来は衝撃事件から!

阿部さんの本名は阿部隆史さん、芸名は本名の「阿部」から1936年に起こった阿部定事件を連想し’阿部定を・・・’ということで’サダヲ’さんになったそうです。阿部定事件といえば、
考えただけでも背筋が’ゾゾゾ…’っとしてしまうような、恐ろしい事件です。

abesadao

仲居をやっていた阿部定が、愛する男性を殺害し大切な部分を切り落としてしまった事件です。この芸名の決め方を
みてもそうですが、当時阿部さんは、かなり破天荒なタイプで、劇団のオーディションの時も髪を白髪にし軍服着用という奇抜ないでたちで現れたそうです。

奥さんも似た者同士で個性的?

そんな阿部さん、既婚者で一男一女の父なのですが、破天荒な阿部さんの奥さんは、阿部さんの上を行く個性派な女性ようです。もともと、阿部さんの熱烈ファンだった奥さん。

自分と結婚しないとあなたは駄目になる」と阿部さんを脅して?結婚にこぎつけたそうなんです。阿部さんも「自分は駄目になりたくないから」と、奥さんとの結婚を決意したとインタビューに答えていました。

なんでも、阿部さんが仕事の時は大丈夫みたいですが、打ち上げで帰りが遅くなるとと、泣いて叫んでいるとか・・・実際に入れたかは判りませんが、おそろいのタトゥーを入れようとおねだりしたり・・・とチョットした奇行も噂されています。

役柄も、どうやらプライベートも個性の強い阿部さん、今回の「ママが生きた証」では末期がんと闘う恭子を支える夫で構成作家の大森武弘を演じます。

この人は、「身体の成分の99%くらいは優しさ」といわれるほどの善人で、いわゆる’個性が強い’というのは違う役柄です。そんな役をどう阿部さんが演じるのか、期待が高まります。

放送が待ち遠しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です