ナポレオンの村で唐沢寿明がスーパー公務員?あらすじエキストラ情報!

   

7/19(日)からTBS系列で「ナポレオンの村」がスタートします!
21時スタート、初回は25分拡大で、22時19分までです。

napo1

日本には“限界集落”と言われる村が一万以上あるそうです。
限界集落とは、過疎化・高齢化が進み、経済的・社会的生活の維持が難しくなって、
存続が危ぶまれている村のことですが、最近は、
その土地の特色を活かして復活を果たした村がいくつもあります。

このドラマは、過疎高齢化で人口が半分に落ちこんだ限界集落を、
わずか4年間で立ち直らせたスーパー公務員・高野誠鮮さん著作
「ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」
を原案としています。
高野さんはなんと、とある過疎の村の米をローマ法王に献上してブランド化に成功し、
農民に現金収入をもたらすシステムを作ったそうですよ!

破たん寸前の小さな村が、一人の男が本気になったことで周りを巻き込んでいく、
田舎サクセスストーリーになっています。

「この村に、不可能はない!」
かの英雄・ナポレオンにならったこの言葉を合言葉に、
スーパー公務員・浅井がひとつの村を救います!

主演は唐沢寿明さん

napo1.1

浅井栄治(唐沢寿明)
東京都庁職員。
やり手でバイタリティーに溢れるスーパー公務員。
神楽村の復活に情熱を燃やす。

「白い巨塔(2003年~2004年・フジテレビ)」「不毛地帯(2009年~2010年・フジテレビ)」
「ルーズヴェルト・ゲーム(2014年・TBS)」など、社会派ドラマで主演を務めてきた唐沢さん。
先頭に立って周りをけん引していく姿が似合う唐沢さんですから、
日本の社会問題である限界集落を扱ったこのドラマにも期待が高まります。

先日は、「ラストコップ(日本テレビ・Hulu)」で30年の眠りから覚めた熱血刑事を演じました。
こちらはコメディですが、やっぱり男気溢れる役です。(随時Huluにて配信中)
ラストコップは海外ドラマ原作で唐沢寿明と窪田正孝の名コンビ誕生?

浅井を取り巻く仲間は個性派俳優がそろい踏み!

napo1.2

岬由香里(麻生久美子)
浅井の同僚・星河市役所農林商工課職員。

浅井が暴走しないよう、市長・福本から監視役に任命される。
優秀な職員だが、家ではだらしなく、テレビゲームでストレスを発散する日々。
最初は浅井に反発するが、やがては巻き込まれていく……。

クールもコメディも、どちらも映える麻生さん。
暴走気味の唐沢さんとどんなコンビネーションを見せてくれるか楽しみです。

napo1.3

戸川真人(山本耕史)
浅井の幼なじみ・経営コンサルタントの会社の社長。
金儲けに長けている、浅井の一番の理解者。

ここ数年は、すっかり舞台人になっていた山本さんが、久々の連ドラレギュラーです。
唐沢さんと山本さん……。
誰かが止めないと、どこまでも行ってしまいそうな組み合わせですね(笑)
麻生さん、ファイト!(苦笑)

napo1.4

山田大地(ムロツヨシ)
浅井の上司・星河市役所農林商工課の課長。
市長・福本の腰ぎんちゃくで浅井のプロジェクトの妨害を図る。

何気にあちこちで見かけるムロさん。
山本さんからは「本当にムロさんがうざい(笑)」と言われ、
唐沢さんからは「移住者役の女の子が、すごい気持ち悪がっていた」と言われ、
沢村さんからは、「ムロがトイレに閉じこもるシーンだけを撮るために、茨城まで行った」
と言われ……、この現場でもいじられキャラ全開のようです(笑)。

napo1.6

福本純也(沢村一樹)
星河市のイケメン市長。
しかし裏では、財政難を立て直すために神楽村の廃村を目論んでいる。

一時期は「エロ男爵」としてバラエティーでひっぱりだこだった沢村さん。
しゃべりの達者さでは唐沢さんと肩を並べます。
先日行われた「第1話試写会イベント」で、さっそく唐沢さんとボケ合戦を繰り広げたとか……。
この2人が敵対するなんて、ワクワクします!

napo1.5

岬直人(山下健二郎)
由香里の弟・フリーター。
由香里のたった一人の家族で姉の二面性を知る唯一の人物。
自堕落な姉を心配する優しい弟。

三代目J Soul Brothersのパフォーマーである山下さんですが、
劇団EXILE出身でドラマやラジオ、舞台経験もあるそうです。
ベテランに囲まれてどのような魅力を発揮してくれるでしょうか?

主題歌は平井堅さん

ドラマ主題歌には、圧倒的な歌唱力で聴く人の心を震わせる、平井堅さんが担当します。
ドラマのために書かれたオリジナルの楽曲です。

napo1.7

君の鼓動は君にしか鳴らせない 8/5(水)発売
DVD付初回限定盤)価格:1,500円+税(税込1,620円)
DVD:KEN HIRAI TV Vol.3 「20th Anniversary Special Long Interview-前篇-」
通常盤)価格:1,250円+税(税込1,350円)

平井さんは、ドラマの中に描かれている不屈の精神や七転八起など、
現状を打破したいと葛藤する人々の“熱い気持ち”を楽曲に込めたそうです。
第1回の放送でぜひ確認したいですね。

第1話のあらすじ

舞台は東京都の西の果てにある星河市・神楽村
村民の半数が65歳以上、平均年収87万円という、いわゆる“限界集落”です。
そんな村にやってきた都庁の役人・浅井栄治(唐沢寿明)。

浅井は「役人は役に立ってこそ“役人”である!」をモットーに、
これまで大きなプロジェクトを成功に導いてきました。
その浅井が、星河市にある神楽村の村興しに挑むことになります。

意気揚々と星河市役所に初出勤した浅井でしたが、
市長・福本純也(沢村一樹)からけん制を受け、課長・山田大地(ムロツヨシ)ほか、
農林商工課の職員たちから歓迎されていないのを察知します。
中でも、岬由香里(麻生久美子)は、浅井の行動に逐一目を光らせている様子。
由香里は福本から浅井の監視役を命ぜられていたのです。

napo1.8

さっそく神楽村の祭の実行委員を任される浅井ですが、
祭の予算として渡されたのは、たったの1万円……。
由香里に神主・菰田(イッセー尾形)を紹介してもらい、祭を盛大にやりたいので
村人から予算を募りたいと相談します。
菰田から直接村人に聞いてみろと言われて各家を回る浅井は、
悉く門前払いを受け、祭の成功を当の村人たちすら望んでいない現実を知ります。

外に広がるのは棚田に畑、豊富な農作物、透き通った河川……。
村の美しい風景に感動し、何とか祭でアピールしようと知恵を絞る浅井。

しかし、村の活性化を懸命に考える浅井に、「この村は廃村になります」と告げる由香里。
星河市が発展するために、神楽村は切りすてるとの市長・福本の考えを知ります。
それでもめげない浅井は、村の特産品を利用したイベントを思いつき、村民の前で発表しました。
そして「本当は、この村に活気を取り戻したい、故郷を守りたいって、
そう思ってるんじゃないんですか、皆さん?」そのスピーチに、少なからず感銘を受ける村民たち。
福本の目をかいくぐり、浅井の神楽祭実行計画が動き出します!

エキストラ募集中!

ドラマのエキストラは都内、静岡県富士市など、日によって場所も時間も違っています。
公式サイトで必ず確認し、申し込みの上で参加しましょう☆
(現在発表されているスケジュール)
日曜劇場 「ナポレオンの村」7月13日(月) 18:00頃 ※お車で来れる方を募集
日曜劇場 「ナポレオンの村」7月16日(木)  8:40頃
日曜劇場 「ナポレオンの村」7月17日(金) 23:30頃
日曜劇場 「ナポレオンの村」7月18日(土) 10:45頃
日曜劇場 「ナポレオンの村」7月18日(土) 13:45頃
日曜劇場 「ナポレオンの村」7月22日(水)  8:15頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です