花咲舞が黙ってない2話ゲスト田中圭が今年注目?相棒や大河に続々出演!

田中圭
   

スポンサーリンク







 

俳優の田中圭は、数多くのドラマや映画に主に脇役として出演している、イケメン風の若手俳優です。イメージとしては、スーツを着た真面目そうな青年役が多く、性格的には少し控えめで悩みごとが絶えない役柄が多いようです。

田中を良く知る若いファンは、スラッと背が高いこと以外にも、可愛い笑顔や頼りなさげな雰囲気が、俳優の向井理や東方神起のユチュンに似ているともっぱらの噂です。

clip_image001

4月にスタートした杏主演の日テレ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」の第2話にも、ゲスト出演します。このドラマは4月スタートの新ドラマの中で、初回視聴率が17.2%と暫定1位の好スタートを切った人気ドラマです。

田中は、東京第一銀行・青山支店融資課勤務の融資担当の杉下の役で出演です。杉下が融資した結婚相談所の社長が、会員から集めた6億円を持って失踪したことから事件に巻き込まれ、主役の舞(杏)や相馬(上川隆也)と解決を図る。田中の俳優のイメージとピッタリの役柄だと思われます。

「相棒」劇場版に出演してファン層を拡大!

clip_image001[5]田中と言えば、人気ドラマ「相棒」に主役級で出演していました。「相棒シリーズ XDAY」劇場版です。田中はサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月役で、捜査一課刑事・伊丹(川原和久)と捜査方針で対立しながらも二人で犯罪を解決していく展開です。

新たな「相棒」が誕生かと騒がれましたが、川原は「相棒ではなくて、単なる邪魔者ですよ」ととぼけていたそうです。ただ、そう言いながらも舞台挨拶に二人で合計25回も出かけたそうです。

そして都内での最後の舞台挨拶でこの作品のヒットを祝して乾杯をした時に、「また、皆さんの前で相棒シリーズに俳優・田中圭として出られたら幸せです」と、声を大にして再出演を熱望していました。

人気ドラマに出てもっと知名度を上げたいという本音の気持ちでしょう。新進の俳優にとっては知名度を上げる絶好のチャンスだと肌で感じたに違いありません。

「軍師官兵衛」でも脇役で登場!

田中も「相棒」シリーズに出演したおかげで、あちこちでも声を掛けられて、幅広いファンが増えたことを実感しています。それもあってか、NHK大河ドラマには「おひさま」に次いで「軍師官兵衛」で2回目の出演となりました。

clip_image002

今回の「軍師官兵衛」では秀吉の大切な側近として名高い石田三成役に抜擢されました。石田は理詰めの合理主義者で、兵糧の管理や大軍の移動には独特の才覚がありますが、現実の戦では大きな手柄もない武将です。この頼りなさげな雰囲気が、これもピッタリはまっているようです。

田中は、中学3年でオーディションを受けて入選にはならなかったが、そこでスカウトされて今の事務所に入ったそうです。

sakura

2011年にドラマ「まっすぐな男」で共演した女優・タレントのさくらさんと結婚し、今は長女一人と三人家族です。家庭を設けて演技に打ち込み、脇役には欠かせない俳優となり、地味だが脇役の仕事で忙しい毎日らしいとのこと。

最近の人気ドラマや映画への出演の様子は、名脇役から主役へと一段ずつ階段を登って行くような雰囲気で、今年中には大役が回って来そうな気がする期待の俳優です。

こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です