千葉雄大が可愛い男子でブレイク?加々見とアオハライドの演技も注目!

   

開始当初はあまりいい評判のなかった「きょうは会社休みます。(2014年・日本テレビ放送中)」が平均視聴率16.08%と好調ですね。

三十路OL・花笑(綾瀬 はるか)と年下カレシ・田之倉くん(福士 蒼汰)とのラブストーリーがメインですが、その脇でいい仕事をしているのが、千葉 雄大くん演じる加々見です。

こちらのドラマについては後にまた紹介しますが、まずは加々見くんを演じる千葉くんについて、紹介して参ります♪

chiba1.1

千葉 雄大(ちば ゆうだい)
1989年3月9日生まれ(25歳)173cm/O型
宮城県多賀城市出身

千葉くんの芸能活動はモデルから始まりました。
ファッション誌「CHOKi CHOKi」の専属モデルとして活動中に、雑誌を見た事務所の方にスカウトされたそうです。

chiba9

そして事務所に所属した数週間後にオーディションで「天装戦隊ゴセイジャー」のレッド(アラタ)役に大抜擢!

千葉くん自身、子供の頃「恐竜戦隊ジュウレンジャー」に夢中だったそうですから、感激もひとしおだったのではと思います。
または、ビギナーズラックすぎて事の重大さに分かっていなかったかも?

千葉くんの主演ドラマ

◆天装戦隊ゴセイジャー(2010年~2011年・テレビ朝日)
連続ドラマ初出演で初主演。
物語のベースは「地球を護るために舞い降りた護星天使」。
……うわぁ~(笑)

chiba12

主演:アラタ/ゴセイレッド(声)
この頃は、正直、お芝居がどうこうってレベルではなかったですね。
顔が可愛らしいので最初は見てましたが、途中でリタイアしました。
周りに「今回の戦隊どう?」と聞かれても、「顔は可愛いんだけど(見続けるのは)無理」と言っていた記憶があります(笑)

◆白戸修の事件簿(2012年・TBS)
小説「白戸修の事件簿」と続編「白戸修の狼狽」を原作にした、かなりゆるーい深夜枠のミステリードラマ。
キャッチコピーは、「謎は7割方、解けました! 犯人は…多分、あなたです!!」。
ほら、ゆるい(笑)

chiba8.2

主演:白戸修
白戸はお人よしの恋愛下手で、年下の幼馴染み・黒崎(本郷 奏多)から「白戸」と呼び捨てにされるヘタレくん。
黒崎にいいように使われ、行きつけのファミレスのバイト・莉央ちゃん(中村 静香)を見ては妄想する憎めない役でした。

本領発揮? 可愛い千葉くん☆

◆桜蘭高校ホスト部(2011年・TBS)
高校内の部活動・「ホスト部」を中心とした少女マンガ原作のラブコメディ。

埴之塚光邦:通称ハニー先輩、どうみてもラヴリー系。
埴之塚家は武道の名門で、自身も空手部主将の経験があり、大会ではチャンピオンになったことも。
以前は厳格な人間を目指し、ラヴリーグッズを我慢していたが、ホスト部に入ったことで晴れてホスト部のマスコット的キャラに。

chiba2.1

同級生で親戚のモリ先輩(中村 昌也)と仲良しな姿が多くの腐女子に夢を与えました(笑)
千葉くんが気になりだしたのはこのドラマからでしたねぇ。
ラブリーなハニー先輩が、戦闘シーンで見せるキレのある動きがカッコよくて、ギャップにやられます。

◆カエルの王女さま(2012年・フジテレビ)
ブロードウェイで挫折した倉坂(天海 祐希)が、地元の田舎の弱小合唱部「シャンソンズ」のコーチに就任し、町おこしに奮闘する日本版「glee(グリー)」?

高垣 忍:倒産寸前の鉄工所の事務員。
女系家族で育ったため女性的な感性を持っていて、「シャンソンズ」に憧れオーディションに参加。
無事に合格しメンバーの白一点となる。

chiba6

千葉くんがちょっと普段と様子が違う空回り系の役で、音楽を諦めた過去がある同僚・乾(玉山 鉄二)を「シャンソンズ」に引き込もうと奮闘する姿はいじらしかったですね。
途中、「あれ? 忍はソッチなの?」って演出が多くて、「ホスト部」の影響だろうか……、と思いました。
◆SUMMER NUDE(2013年・フジテレビ)
海辺の町での、登場人物それぞれの片思いを描いた王道の月9ドラマ。

米田春夫:地元の夏祭りの実行委員会スタッフ。
恋人・清子(橋本奈々未・乃木坂46)と常に行動し、主に海辺で本筋とは関係ないバカップルコントが繰り広げられます。

chiba7.1

清子の兄に交際を反対され、駆け落ちをする2人。
しかし兄に見つかってしまい、赤い糸を信じる2人に兄から「赤い糸は俺が買い占めた」の言葉が……。
春夫「じゃあ白い糸でいい! 俺の情熱で白い糸を僕の情熱で赤い糸に染め上げれば良いのさ」
清子「春夫さん……」
このカップル、可愛らしくて大好きでした♪

6話は加々見が大活躍!?

◆きょうは会社休みます。(2014年・日本テレビ)
現在放送中のこのドラマは、三十路OL・花笑が、年下のカレシ・田之倉との初めての恋愛にジタバタするドラマで、千葉くんはイマドキのゆとり世代・加々見を演じています。

加々見は、普段は取り澄まして、「自分はいつかすごいことをやる男」と思ってる勘違いくんです。
ですが、実際に何かが起こりそうになるとその場から逃げて人のせいに……。

会社の先輩・瞳(仲 里依紗)にひそかに好意を寄せていますが、肉食系で玉の輿狙いの瞳に、加々見は最初から及び腰で一歩踏み出せずにいます。

でも、第6話(11/19放送)は、加々見がちょっと頑張りました。
先輩・大城(田口 淳之介)に発破をかけられ、瞳にいざ壁ドン!
デートの申し込みをしますが、一刀両断されてしまいます。
大城への壁ドンの方が男らしくちゃダメでしょ(笑)

chiba5

瞳への壁ドン失敗、怒りは大城へ……。↓

DSC_0013

加々見はもう瞳を諦めようとしますが、花笑と話してもう一度頑張ってみようと奮起します。
再度瞳をデートに誘うと同じように断られますが、断られるまでにちょっと間があって、砕け散ったものの、今後進展があるかも? と思わせる内容でした♪

玉の輿狙いで朝尾(玉木 宏)をロックオンしている瞳に加々見の気持ちが届く日は来るのか?
最近は、メインの2人よりもこちらが気になっちゃいます(笑)

⇒きょうは会社休みます6話視聴率と感想!田之倉キュンセリフも加々見も可愛い?

いよいよ公開日迫る!

アオハライド(2014年12月13日公開予定)
普通の女子高生・双葉(本田 翼)が、中学生頃の初恋の相手と再会する、恋と青春を描いたラブストーリー。
千葉くんは双葉と洸(東出 昌大)の間に割って入る、菊池冬馬役です。

chiba11

菊池くんは図書館で双葉と出会い、「気になるなあ」というところから、だんだん好きになります。
この役は、優しくて素直で、ちゃんと嫉妬もして、自分に不利なことは見ないふりをするところもある、とても普通の「高校生男子」ですね。

いろいろ暗いところを抱えた洸じゃなくて、菊池くんにすればいいのに~と思わなくもないですが、女子的に考えると、こういう場合は洸を選びますよね(苦笑)
特に10代の恋愛では「いい人」って、評価されにくい気がします……。

原作マンガはまだ続いているので原作はどうなるか分かりませんが、映画ではたぶんフラれちゃって終わりでしょうね。
せめて原作ではいい彼女との出会いがありますように(笑)

⇒映画アオハライドの意味は?漫画原作豪華キャストネタバレの見所は?

千葉くんの近況♪

オフィシャルブログ「パステルカラーな日常」。

「きょうは会社休みます。」の放送前後や合間にも、割と更新されています。
もう、ブログにこのタイトルをつけている時点で、この人、何かを超越してるとしか思えません。

以前バラエティ番組に出ていた際、観覧客から「可愛い~」の声が出ても一切照れることなく、すべてを受け入れていました。
「可愛い」と言われるのが嫌いではないのと、そのうえで、自分にできることを考えているように思えます。
むしろ男前なのかも!?

♪男前エピソード
2012年に「世界一受けたい授業」で100万円分の図書券を獲得した千葉くん。
母校の多賀城市立城南小学校に、絵本を寄贈したそうです。

chiba2

見た目通りの可愛い役から心に秘めたものをもつクセの強い役まで、気が付いたらいろんなところにいる千葉くん。
これからもいろんな役で楽しませていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です