2030かなたの家族の動画配信|ドラマ見逃しフルを無料で視聴!

   

2030かなたの家族の無料視聴サイト【違法サイト : 危険】

9TSUmiomioPandoraDailymotion

2030かなたの家族を安全視聴できる動画配信サービス【お試し期間無料 : 安全】

予告動画を見る

「2030かなたの家族」の動画を見ようと思っても、人気のためレンタルビデオ店では貸し出し中のことも多く、結局見れないことが多いです。また、テレビでの再放送はいつやるかもわかならないため、テレビの再放送を待つのは現実的ではありません。 そこで、この記事では「2030かなたの家族」を無料で視聴する方法とおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

 

▼2030かなたの家族の動画を視聴できる動画配信サービス【お試し無料・安全】

U-NEXT

料金 月額1990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
配信作品数 約60,000作品以上
特徴 話題の最新作まで取り扱っている。
     

U-NEXTは、日本で最大級の配信作品数を誇る動画配信サービスです。月額1990円と他の動画配信サービスと比較すると高めではありますが、その分毎月1200円分のU-NEXT内で使えるポイントがもらえます。このポイントを使えば他の動画配信サービスにはない話題の最新作や人気シリーズのドラマなどを視聴することができます!漫画や雑誌などのコンテンツも充実しており、時間つぶしには最適なサービスです。また、ファミリーアカウントサービスの開始により最大家族4人まで同時に見ることができるようになりました。(もちろん4人分で月額1990円です。)ぜひこの機会をお見逃しなく!

※配信内容は、急に変更になることがよくあります。最新の配信情報はU-NEXT公式サイトからご確認ください。

   
   

スポンサーリンク







2030年。その時、あなたのそばには誰かがいますかーー。

NHKにて、9月26日(土)に放送されるドラマ『2030 かなたの家族』。近未来の東京を舞台に、人のつながりの意味を見つめ直します。

2030年、東京。シェアハウスで暮らす板倉掛(カケル)は、地方に移住することになった年上のシェアメイト・美冴から、「子作りに協力して欲しい」と突然持ちかけられる。

これまで家族を持つなど考えたこともなかったカケルだが、美冴への答えを探す中で、15年前にばらばらになった両親、祖父母、そして妹、ひとりひとりと向き合い、「家族」とは何か考え始める。

そして、誰かとつながることの意味に初めて思いを馳せたカケルが出した結論とは――。

イントロダクション
そもそも何故舞台が2030年なのか、という点について、オリジナル脚本を書いた井上由美子さんはこう語っています。

「2030年、日本の人口は現在より1000万人減少、65歳以上の高齢者が3割に達し、変革の時代を迎えると言われています。そんな15年後――私たちは、どこで誰と何をしゃべっているでしょうか?

近未来の物語では、技術革新や医学の進歩、宇宙からの侵略などが題材になることが多いですが、このドラマは技術や科学の進歩より、誰にとっても身近な「家族」の未来を描きたいと思いました。

舞台は2030年ですが、どれだけ劇的に変化するかを描くSFではなく、変わらないものにも光をあてる、今と地続きの物語を体験していただければ幸いです。

タイトル『かなたの家族』のかなたは、現在から見たはるか彼方の未来であり、2030年から見た忘却の彼方の現在でもあります。」

瑛太
想像しやすいようでなかなか難しい15年後。そんな舞台の中で暮らす板倉家の長男であり主人公となるのが、カケル。演じるのは瑛太さんです。

〜15年間、誰かとつながろうとして傷つくことが怖かった。自分は果たして、「家族」を持てるのだろうか?〜

ロボットの企画とメンテナンスが仕事だが、ロボットが売れずクビ寸前。シェアハウスの仲間である美冴から、突然、子作りへの協力を頼まれて面食らうが、それをきっかけに、これまで避けてきたかつての家族と向き合っていく。

瑛太、ナルホド

瑛太さんは作品の会見にて、自身にとって家族とは?という質問にこんな回答をしています。「いま、二児の父ですが、自分が親になって改めて親の苦労が分かりました。

仕事中に常に家族のことを考えているのか?と言われると、そうではないんですが、家族を忘れて仕事に没頭できるくらい、安心していると言えるのかなと思うし、無意識レベルで親や子と繋がっているのが家族なのかな?という気がしています。」

さらに自身の15年後について、「15年以内に朝ドラか大河の主役をやりたい!」と宣言したそうです。是非、その夢を叶えてほしいです!♪

蓮佛美沙子
カケルの妹・絵美衣(エミイ)役は、蓮佛美沙子さん。2015年はドラマ『◯◯妻』を始め『アイムホーム』『37.5℃の涙』等に出演し、確実に知名度を上げています!彼女自身にも妹がおり、SNS等でこの人では?という情報もあがっていますが、まだ確実ではないようです。

〜家族なんて意味がない。人間関係は合理的に割り切るべき。そう思って生きてきた。でもーー〜

世界有数のグローバル企業に勤めるエリートだったが、いつの間にか離婚して会社も辞めていた。帰国して、社会からはじき出された人たちを都心の廃校に集め、自活できる経済システムを立ち上げている。

松重豊
父・透(トオル)役は松重豊さん。『孤独のグルメ』のハマり役や、数々の作品に出演し名脇役としても名を馳せています。俳優の下積み時代に結婚し、今では息子さんと娘さんのエピソードを語る素敵なお父さんです。

〜家は家族の共通の夢。この家がある限り、いつかみんな戻ってくる。たとえ家族がばらばらになっていてもーー。〜

不動産ディベロッパーとして多くのニュータウンを開発してきたが、いまではそのほとんどがゴーストタウン化してしまった。家族が出て行った後も独りニュータウンに住み、家族と街の再生を夢見ている。

小林聡美
母・佳子(ケイコ)役は小林聡美さん。女優として確固たる地位を築くほか、エッセイストとしても活躍されています。一方で1995年に脚本家、俳優、映画監督である三谷幸喜さんと結婚するも、2011年に離婚。お子さんは一人もいないようです。

〜家族制度にとらわれて生きるのが良いとは思わない。でもそれが縛りでさえなかったら、素敵な家族で居られたかも。〜

究極の老人の街「永遠シティ」の立ち上げに関わったことをきっかけに家を出て、やがて離婚。以来、シティの運営の仕事を生き甲斐として来た。だがその一方で、家族にきちんと向き合えなかったことを悔やんでいる。


祖父・勝三(カツゾウ)役は、山本學さん。勝三は81歳という設定ですが、山本さんも現在78歳!弟である圭さん、亘さんとともに俳優活動を続けていらっしゃいます。

〜家族の豊かな未来を信じ、ひたむきに汗水たらして働いた。なのに家族は解散し、この歳で働き続けなければならないなんて。〜

佳子の口利きで「永遠シティ」に入居させてもらい、入居金の不足を補うためにシティ内で配送の仕事をしている。シティの生活を謳歌しているように見えるが、死ぬまで労働者である道を選んだことを、煩わしくも感じている。
祖母・さと子役の渡辺美佐子さんはなんと現在82歳。1965年にテレビプロデューサーだった大山勝美さんと結婚し一男を授かりますが、大山さんは2014年に亡くなってしまいました…。息子さんは、コンピューターの会社に勤めているとのことです。

〜家族を支えることが生きる意味であり、家庭が自分の居場所だった。いま、自分の居場所はどこにあるの?〜

足が悪くて働くことも出来ないまま、豊か過ぎるシティの暮らしを享受している。ある日、沸き起こる違和感に耐えられず、誰にも告げずにシティを出た。その向かった先は――。

相武紗季
萩原美冴(ミサエ)役は、相武紗季さんです。元タカラジェンヌの母と姉(音羽ゆり)を持つ彼女ですが、ついに今年30歳…!過去には熱愛や中絶の噂も流れましたが、結婚や子どもはまだ先の話?かもしれません。

2030かなたの家族あらすじキャストとロケ地は?未来の家族を描く!

2015.09.25

こちらの記事も良く読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です