大学生のファッションセンスが最悪?脱・被りで流行色より個性で勝負!

かぶり男子
   

大学生のファッションセンスが、最悪になっているとの噂が飛び回っています。最悪と言うよりは、奇異に感じると言うべきなのでしょうか。入学式を終えて、これから楽しい学生生活を過ごす上で、学生のファッションについて考えてみましょう。

個性の無いファッションでも満足!?

あるデザイン学校に通っている学生が、たまたま街で見かけた大学生達のファッションを観察してみると、今まで気付かなかったが、ある特徴があることに気付きました。

そこで、そういう目であちこちの場所でチェックしてみると、驚くべき結果に!それは、男も女も共通しているが、服装がかなりかぶっていることが判明したのです。ある学生のブログで、男子大学生の私服がかぶることが多いので、仲間内でも「かぶり男子」と話題になったそうです。

image

この春の「かぶり男子」の特徴は、過半数がブルー系のデニムシャツでズボンはベージュ系が多い。交差点で信号待ちしている大学生の男子達、駅の改札前でだべっている男子達、講義を受けている男子達、みんな結構かぶっています。

image

男子は学部によっても傾向が変わるようで、m理系の大学の男子では、これもどういう訳かチェックの柄が好まれているようです。ある理系の授業を受けている学生は、チェック柄の学生が約半数とのこと。

そこで、付き合っている彼女に女子の服装についても聞いてみると、これもかなりの確率でかぶることが多いそうです。この冬場では、コートの色はほぼ同じで「ベージュ系」だ。デザインは多少異なるが、色はベージュで統一。

image

卒業記念にとみんなで集まって記念写真を撮ったら、笑うほどにかぶっていて気味が悪いほど・・・。男子も女子も、なぜこんなにかぶるのでしょうか?

魅力的な唇になる方法はこちらをクリック↓
彼氏がキスしたくなるぷるぷる唇が魅力!石原さとみになるリップケアは?

大学に「過保護者」急増も原因のひとつか?

大学の入学式は、どこの大学も控室は保護者で満杯となります。私学では武道館などの大きな施設で行いますが、これも満杯となり大混乱となっています。

これは、少子高齢化が進み息子や娘が少なくなって、大切に育てている影響や、今の保護者も大卒が多く、子供の入学先の大学を見学がてらに参加しているケースも多いようです。

大学側も、待ち時間の間に保護者向けの演奏会などで歓待し、次の学生の取り込みも考えているようです。しかし困ったことに、授業や就職にまで干渉する保護者も増え、常に子供の周りにいるこの保護者のことを「ヘリコプターペアレント」とも呼んでいるそうです。

大学生になっても、常に親の監視下で生活することになります。ファッションについても、親が決めた無難なものを選ぶようになったのでは?

学生よ!個性を発揮してお洒落を目指せ!

若者のファッションを研究している会社が行ったアンケート調査によると、周りの仲間はみんなお洒落だけれどもダサイとも思っているらしい・・・。image

それでは、お洒落と見られている若者の特徴のベスト3は、組み合わせがいい(42%)、デザインがいい(33%)、小物使いがうまい(13%)。

逆に、ダサイと思われている若者の特徴ベスト3は、組み合わせのセンスがダサイ(45%)、サイズ感がダサイ(28%)、デザインがダサイ(18%)で、お洒落かダサイかの分かれ道は、組み合わせとデザインがポイントのようです。

それに加えて重要なのが色とサイズ感です。流行の色にとらわれずに、自分のカラーを決めて、組み合わせを研究しておいてはいかがでしょうか?

サイズ感は、試着して身体に合っているかチェックし、さらに鏡でよく見ることです。組み合わせは、お洒落な友人の服装をチェックするとか、洋服売り場でアドバイスを受けるとかして、センスを養ってください。

そして、日ごろからお洒落で自分の個性を発揮して、活き活きと学生生活をエンジョイしてください!

センスを磨くにはパーソナルカラー診断から!詳しくはこちらをクリック↓
パーソナルカラー診断で芸能人も利用するメイクとファッションの色は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です