*

コウノドリ1期ドラマ各話の原作漫画との違いは?2期続編も期待!

2015年に放送されたTBSドラマ「コウノドリ」はとても評価が高く、視聴率も初回から最終回まで好調でした。

原作の漫画もすでに累計部数が150万部を超えているという人気となっています。

そのため、2017年10月から第二弾として「コウノドリ」がドラマで再び帰ってくることが決定されました。

第2期が始まる前に第1期ドラマとその原作について復習してみましょう。

1期目のドラマ化された漫画原作との違いは?

「コウノドリ」の原作は漫画家・鈴ノ木ユウさんがご自分のお子さんが生まれたときの担当医師の実話を基に描かれた作品です。

産婦人科医でもありながらジャズピアニストでもある実在する医師をモデルとし、何度も取材を重ねることで、リアルティのある医療現場の支持も高い作品が完成されています。

主人公の鴻鳥サクラ役を演じた綾野剛さんには、1年以上も前からオファーをし、ジャズピアニストとしてのピアノレッスンも6ヶ月以上も前から取り組むことで、天才ピアニストという役も見事に演じきっています。

また主人公・鴻鳥サクラの冷静沈着であまり感情を表に出さないけど人間味ある姿と、ミステリアスな部分を演じることができるのは綾野剛さんしか考えられないでしょう。

ではドラマと漫画原作には違いはあったのでしょうか?

原作者の鈴ノ木ユウさんは、何度も取材を繰り返すことで、現実的に起こっている問題を真実に描写しています。

それには妊婦の受け入れ拒否、未成年の妊娠、未熟児など生まれてくる赤ちゃんや、夫婦間の問題などすべて現実に起きている出来事をテーマとしています。

原作者の自分のリアルな体験や医療現場で働いている医師の声、また産科医からの協力などもあり、現場の過酷さをそのまま伝えている漫画原作同様、ドラマでもそれを適切に再現することができました。

またドラマ「コウノドリ」に出演している赤ちゃんはすべて本物、つまり、CGなどで合成は一切されていません。

未熟児の赤ちゃんや新生児を撮影する際には、医療指導の先生が撮影現場に参加しているので心配はありませんが、本物の赤ちゃんを撮影することでドラマにリアルティ感を出すことができています。

ドラマと原作漫画の違い

ドラマと漫画原作の違いはいくつかありました。コウノドリ1期ドラマと原作の違いを第1話から順番にみてみましょう。

第1話

ドラマ「コウノドリ」第1話の冒頭は、謎の天才ピアニストBABYがライブをしている真っ最中のシーンから始まります。

客席はファンで埋め尽くされていましたが、1本の電話でこのライブが突然中断となります。

なぜなら、謎の天才ピアニストこそがドラマの主人公・鴻鳥サクラ。

つまりペルソナ総合医療センターで活躍している産科医師で、同じ医療センターに所属する新人産科医からヘルプの電話を受けたからです。

新人産科医・下谷加江がサクラを呼び出したのは、今まで産科検診を受けてこなかった未管理妊婦の救急が担ぎこまれたからです。

このような状況は産科にとってとてもリスクが高く、病院にとってはあまり受け入れたくない患者でもあります。

しかしサクラが働くペルソナ総合医療センターではこの患者を受け入れ、出産に臨みます。

コウノドリ初回視聴率と感想!感動号泣の熱演と名言セリフに高評価!

第2話

第2話ではもう一人のキーパーソン俳優・小栗旬さんが演じる永井浩之が登場してきます。永井浩之の妻・晴美は臨月に交通事故にあいます。

お腹の赤ちゃんは無事ですが、妊婦・晴美は意識不明の重体という状態です。

赤ちゃんの命を最優先に考えるサクラたち産婦人科医と、患者の命を優先する救急救命士という立場の違う医師たちの間では意見が食い違い結論を出すことができません。

そこで最終決断は妊婦の夫が選ぶことになります。

コウノドリ2話視聴率と感想!出産おめでとうのセリフに感動号泣!

第3話

第3話では鴻鳥サクラと対照的な立場の星野玄さんが演じる四宮春樹に関するエピソードが扱われています。

10年前にペルソナ総合医療センターで生まれた、生まれつき目が不自由女の子と、ヘビースモーカーの妊婦は、過去の四宮と大きく関係があり、四宮の暗い過去について明らかにされます。

コウノドリ3話視聴率と感想!感動号泣も妊娠出産の知識が高まる!

第4話

第4話では、新人産科医・下谷が新米妊婦と最大の試練に直面します。切迫流産の現実をテーマとし描かれています。

Sponsored Links

第5話

第5話は未成年の妊婦がテーマです。ドラマ「コウノドリ」の第5話はコミック「コウノドリ」では2巻で扱われていますが原作と若干違いがありました。

妊婦は高校生でまだ13週ということで中絶という選択肢もあります。原作では未成年の妊娠とはいえ、出産するか中絶するかという選択を迫られるという内容となっています。

一方、ドラマでは出産後の子どもをどうするか、という内容に変わっていました。

コウノドリ5話視聴率と感想!感動号泣のリアル演技と名言に絶賛!

第6話

第6話は高齢出産がテーマです。原作漫画では5巻で扱われています。ドラマでは2人妊婦がでてきます。

一人は妊娠31週の43歳の妊婦で、緊急搬送され、緊急手術が行われましたが子宮が破裂していたため、不妊治療の末ようやく授かった赤ちゃんでしたが、赤ちゃんは助かりませんでした。

もう一人の妊婦・竹下敦子も43歳で5年間という不妊治療の末臨月を迎えることができ、妊娠高血圧症候群の可能性があったので入院することになりました。

しかし、原作では後者の臨月を迎えることができた妊婦・竹下敦子は、夫婦だけの秘密としてアメリカで卵子提供を受けて妊娠したという事情がありました。

夫の両親にはその事実は知らされておらず、後ろめたさを背負いながら高齢出産に挑んでいるのが原作となります。

第7話

第7話では、自然出産と帝王切開がテーマとなっています。原作漫画では第3巻で扱われています。ドラマでは2人の妊婦が登場しています。

一人は自然分娩を高く望んでいる妊婦で帝王切開や産科医師を敵視するほどの人です。

もう一方の妊婦は、助産師のサポートのみで出産できるのに、産科医師に依存し過ぎている妊婦、という両極端な妊婦が扱われています。

助産院に通院する妊婦・森亜沙子は、自分にとっても赤ちゃんにとっても助産院で自然分娩することが一番幸せであると信じていました。

そのため、バランスの摂れた食事と適度な引導で安全な自然分娩に備えをしていました。

なぜなら、助産院では医療行為は一切することができないからです。

しかし、彼女は通院している助産院と提携しているペルソナ総合医療センターで検診を受けることになっています。

原作では亜沙子は帝王切開で出産をせざる状況となってしまいまい、それを助産院の院長が説得します。

コウノドリ7話視聴率と感想!迷信バッサリ助産師の名言に感動号泣!

第8話

第8話では無脳症が扱われています。原作漫画では第2巻です。妊婦・川村実咲はもうすぐ37週目を迎えます。

そんな彼女は2年前に一人目の子を死産という悲しい出産をしています。

実は、一人目の子どもは無脳症、つまり、生まれつき脳が発達しない病気を持っていました。

お腹の中で生きることはできても、外にでるとすぐに亡くなってしまいます。

また、現在の医療では無脳症を治すことはできません。

そのため、長い期間お腹にいて出産するなら母体にも悪い影響を及ぼすため、人工妊娠中絶をサクラたちは勧め、最終判断は実咲と夫に決めてもらいます。

実は原作では二人目の出産はエピソードの後日として描かれていますが、ドラマでは原作でメインとなっていた部分が回想シーンとして登場しています。

コウノドリ8話視聴率と感想!口唇口蓋裂や無脳症死産テーマ大反響!

第9話

第9話では口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)がテーマとなっており、原作漫画では第6巻で扱われています。

口唇口蓋裂と診断された妊婦も登場します。ドラマでは担当医・四宮が気遣いを示さず妊婦に説明をしているだけでしたが、原作ではさらに冷たい医師として描かれています。

また原作漫画ではほんの少ししか扱われていない四宮とつぼみちゃんとのエピソードが、ドラマでは大きく扱われています。

つぼみちゃんとは、四宮が玲血漢になってしまったきっかけとなる一人の喫煙妊婦が出産した赤ちゃんです。

この妊婦は、つぼみちゃんを出産した際に残念ながら命を落としてしまいます。

このときに喫煙を止めることができなかったこと、つぼみちゃんも植物人間で生まれてしまったこと、つぼみちゃんの父親はペルソナ総合医療センターに一度も来なくなってしまったことに四宮はショックを受けずっと後悔していました。

毎日、つぼみちゃんが亡くなるまで6年間病室を訪れ、話しかけていました。そんなつぼみちゃんが突然命に終わりをつげ、四宮は自分の無力感を思い知ります。

原作では知ることができない四宮とつぼみちゃんの関係がドラマでは大きく描かれています。

また原作漫画第7巻の新生児集中治療室から、切迫早産で生まれてしまった赤ちゃんのエピソードも扱われています。

コウノドリ9話視聴率と感想!感動号泣で続編2期希望!最終回結末は?

第10話(最終回)

最終回第10話の死戦期帝王切開術のテーマは、原作漫画9巻で扱われています。

死戦期帝王切開術とは、心停止した妊婦からお腹の赤ちゃんをとりだし、母親を蘇生することです。

ドラマでは死戦期帝王切開術の主人公は研修医が行っていますが、原作では研修医はでてきません。

また妊婦の名前も全く異なっています。またドラマでは現実よりもレベルの高い死産期帝王切開術が行われていました。

同じ最終回では一組の夫婦のエピソードも描かれています。その夫婦は先天性の疾患を抱えて生まれた自分たちの赤ちゃんを受け入れることができませんでした。

ドラマと原作ではこの夫婦、特に夫が心を開くカギとなる人間関係が若干異なっています。

コウノドリ最終回視聴率と感想!感動号泣絶賛高評価で続編2期は?

さらに原作では主人公・鴻鳥サクラの出生の秘密は断片的しか触れられていませんが、ドラマでは全体を通して若干深く取り上げられています。

第2期のドラマではさらにサクラの出生の秘密が掘り下げられるかもしれません。

TBSドラマ「コウノドリ」第2期が、いよいよ今秋10月スタートします。俳優・綾野剛さんをはじめとし、前回までのキャストも続投が決定しています。

2015年の第1期シリーズでは、出産現場での命が誕生する奇跡が中心として描かれていましたが、今回はその2年後が舞台となっています。

産婦人科医とジャズピアニストという鴻鳥サクラの新たなるテーマと成長、心の葛藤などが描かれます。今から期待が高まるばかりです。

また、原作である漫画も続いていますので比較してみることもできるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もほほぅとなります!

コウノドリ原作モデル荻田和秀医師と病院の実際の評判や口コミは?

TBSドラマ「コウノドリ」は、現在「モーニング」(講談社)で連載中の同...

記事を読む

コウノドリ最終回視聴率と感想!感動号泣絶賛高評価で続編2期は?

話題のドラマ「コウノドリ」もついに最終回放送が終了しました。毎回が感動...

記事を読む

コウノドリ9話視聴率と感想!感動号泣で続編2期希望!最終回結末は?

話題のドラマ「コウノドリ」も9話放送が終了しました。ついに次回で最終回...

記事を読む

コウノドリ8話視聴率と感想!口唇口蓋裂や無脳症死産テーマ大反響!

話題のドラマ「コウノドリ」も8話放送が終了しました。初回視聴率12.4...

記事を読む

新着ほほぅ

民衆の敵初回視聴率と感想!スカッと演説に賛否も放送延期の理由は?

ついに始まりました話題のドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!...

記事を読む

民衆の敵のロケ地と目撃情報!千葉中心で公園多数?エキストラ終了?

10月23日スタートの月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか...

記事を読む

今田美桜は民衆の敵でデリヘル嬢役!抜群スタイルと演技評価は?

「福岡で一番かわいい女の子」と言われている美少女・今田美桜(いまだみお...

記事を読む

オトナ高校2話視聴率と感想!三浦春馬のクズ過ぎチェリートに爆笑!

話題のドラマ「オトナ高校」も2話放送が終了しました。 初回視聴率...

記事を読む

先に生まれただけの僕2話視聴率と感想!リアルな問題を描き高評価!

話題のドラマ「先に生まれただけの僕」も2話放送が終了しました。 ...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  • 陸王
  • コウノドリ1期の原作との違いを解説!
  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑