*

デスノートドラマ版の違いは新しい結末?豪華出演者とロケ地は?

2015年7月5日(日)22時、日テレにて放送開始となる『デスノート』(初回放送30分拡大)。

原作漫画の大ヒットはもちろん、アニメ化、実写映画化、舞台化を経てついに実写ドラマ化です!

デスノート ドラマ

「死神が人間界に落とした一冊のノートから二人の選ばれし者の壮絶な戦いが始まる」

2003年の読み切りを経て、同年に週刊少年ジャンプで連載がスタートしました。

主人公はデスノートを使って理想の世界を作り上げ、新世界の神になろうとする青年、夜神月(やがみ らいと)(=キラ)。
そして月と頭脳戦を繰り広げる世界一の名探偵、L。

独自の世界観と個性的なキャラクターが話題を呼び、海外でも人気を博している『デスノート』!
日本だけでなく、世界120ヶ国以上で放送・配信が決定しています。

そんな作品を実写化するとなれば、やはり気になるのはキャスト。2006年に公開された映画版は予想以上にハマっていて衝撃を受けた記憶があります。

デスノート 映画

これまでに実写化された数多くの作品の中でも、大成功を収めた部類に属すると評判です♪

特に松山ケンイチさんのLは激似…!
藤原竜也さんの月もインパクトがあり、原作は未読でもこのお2人の印象が強い方もいると思います。

ちなみに2015年4月に東京で公演された舞台のキャストはというと…

小池徹平さんがL、吉田鋼太郎さんが死神リューク等、こちらもユニークな配役です!

しかし見た目の完成度は、やはり映画の方が高めでしょうか…?

本題である日曜ドラマのキャストも、放送前からかなりの話題になっています。

注目のキャストは?

夜神月 窪田正孝

主人公の夜神月役は、『ST』シリーズ、『花子とアン』『アルジャーノンに花束を』等の出演で人気急上昇中の窪田正孝さんです。

イケメンでありながらもどこか闇を感じる…(?)窪田さんの起用には割と好反応な方が多いようです♪

L 山崎賢人

L役を務めるのは山﨑賢人さん。
1994年生まれ、中学3年生のときに原宿でスカウトされモデル活動、2010年に俳優デビューという若手のキャスティングに注目が集まります。

ニア 優希美青

そしてN、通称ニアというキャラクターが登場します。
キャストは優希美青(ゆうき みお)さんです。

原作ではニアは、Lの遺志を継ぐ者として月と対峙していました。それがどうやらドラマではLと協力して月を追い詰める展開に?!

映画や舞台でもニアのストーリーは描かれなかったため、ドラマオリジナルの演出に注目です。

優希さんは2012年、ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞しデビュー。

朝ドラ『あまちゃん』や『マッサン』等に出演を果たし2015年にはCDデビューをする予定でしたが、同年3月体調不良により活動を一時休止してしまいます。

この『デスノート』にて活動再開という、まさに大抜擢された若手女優さんです!

ちなみに女性キャストですが、ニアは原作だとおもちゃが大好きな男の子。
こういった大胆な変更点が功を奏すのか、あるいは批判の的になってしまうのでしょうか…?

さらにもう1人、放送前から話題を集めているキャラクターがいます。それが”ミサミサ”こと弥海砂(あまね みさ)!

弥海砂 戸田恵梨香 佐野ひなこ

キャスティングはモデル、女優、グラビアアイドルとして活躍している佐野ひなこさんです。

月に一目惚れ、彼を異常なまでに愛しキラ信者の一人でもある彼女。時には命をかけてまで月の役に立とうとする、色んな意味で激しい女性です。

映画では戸田恵梨香さんが演じていたのもとても印象的です!画像は上段が原作、下段左が戸田さん、右が佐野さん演じる海砂です。

その他、月の父親であり警視総監の夜神総一郎に松重豊さん。Lの助手・ワタリ役に半海一晃さん、刑事の模木完造役に佐藤二朗さんなどなど…。

原作ファンとしては、まさか魅上照が登場し忍足修吾さんがキャスティングされるとは思いませんでしたw

ちなみに魅上は、原作だと物語後半の鍵を握る非常に重要なキャラクターです。さらにドラマオリジナルの新キャラクター、日村章子の意図が読めず謎です…。

現在公式サイトでは、あらすじ程度のストーリーしか明かされていません。「どこにでもいるような大学生・夜神月。

そんな彼が、ある日偶然手にした一冊のノート、デスノート。それは、「名前を書かれた人間は死ぬ」というノートだったー。

強大な武器を手にし、気が付けば、彼はこの平和な日常を脅かす犯罪者たちを、デスノートによって次々と裁き、次第に彼は世間から、”キラ”として崇拝されるようになっていく。

しかし、そんな彼の前に現れたのは、世界的に注目を集める名探偵・L。彼はキラを悪だと言い、必ず捕まえると宣言。

どちらが正義でどちらが悪なのか、どちらが死にどちらが生き残るのか。そして、そんな2人の戦いを不敵な笑みを浮かべ見つめる人物、ニア。新たな戦いがついに幕をあける・・・」

どこまで原作に則り、どこまでオリジナルのストーリーに仕上げてくるのか?「新たなる、対決。新たなる、結末。」というキャッチコピーに期待です!

ちなみに、原作の月は中学時代テニスで全国大会2連覇、高校時代全国模試第1位、大学に首席入学、女性にモテモテ…というとても”どこにでもいる”大学生ではありません。(笑)

そして死神界のリュークとレム。
さすがに舞台のように実写化ではなくフルCGで登場するようですが、声を演じる方はまだ発表されていません。

アニメと映画では中村獅童さんがリュークを担当したことから、ドラマでも中村さんが抜擢されるのでしょうか?
サイトのPR動画にてリュークの声色が聞けるので、ファンの方にぜひ推理していただきたいです!(笑)

Sponsored Link

注目のロケ地は?

ドラマ『デスノート』のロケ地として現在確認されている主な場所は、以下3ヶ所のようです。

・横浜国立大学
・神保町
・長津田

原作では高校生、大学生、さらに警察へ就職に至るまで時間が進みますが、ドラマ内では大学生という設定の月。

横浜国立大学

彼が通う大学は神奈川県にある横浜国立大学でロケが行われた模様です。

過去、ドラマ『オレンジデイズ』や映画『デトロイト・メタル・シティ』のロケ地にも起用されました。
学生の目撃情報が多数上がっています。

神保町の靖国通りでは、一目でロケだと分かる程大規模な撮影が行われたそうです。
古書やカレーの街として知られる神保町で一体どんなシーンが撮られたのでしょう?

神奈川県横浜市緑区長津田のあたりでは、窪塚さんがある坂を走っていたという具体的な情報もあります。
あまりロケ地として盛んではない長津田での撮影に、地元の方々もびっくり&興奮されたことでしょう!(笑)

原作漫画は全12巻とそこまで長くはないものの、デスノートの細かなルールや緻密な頭脳・心理戦により読み応えのある内容になっています。

それが1クールの実写ドラマでどこまで表現されるのか…。まずは7月5日(日)夜10時の第1話を要チェックです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/06/25 | デスノート

こちらの記事もほほぅとなります!

デスノート10話視聴率と感想!原作と違う展開に最終回結末予想は?

話題のドラマ「デスノート」も10話放送が終了しました。驚異の初回視聴率...

記事を読む

デスノート9話視聴率と感想!原作と違うLの最後もニアが可愛い!

話題のドラマ「デスノート」も9話放送が終了しました。衝撃の初回視聴率1...

記事を読む

デスノート8話視聴率と感想!原作改変に高評価もBLホモ展開?

話題のドラマ「デスノート」も8話放送が終了しました。初回視聴率16.9...

記事を読む

デスノート6話視聴率と感想!窪田正孝の演技力絶賛!設定変更成功?

話題のドラマ「デスノート」も6話放送が終了しました。初回視聴率16.9...

記事を読む

デスノート5話視聴率と感想!窪田正孝が月とキラの表情演技が良い!

話題のドラマ「デスノート」も5話放送が終了しました。驚異的な初回視聴率...

記事を読む

新着ほほぅ

嘘の戦争3話視聴率と感想!素晴らしい脚本と圧倒的な演技力に絶賛!

話題のドラマ「嘘の戦争」も3話放送が終了しました。初回視聴率11.8%...

記事を読む

突然ですが明日結婚します初回視聴率と感想!脚本に賛否で逃げ恥OP?

ついに始まりました話題の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」は西内...

記事を読む

視覚探偵日暮旅人初回視聴率と感想!原作とのキャラの違いに賛否?

ついに始まりました話題のドラマ「視覚探偵日暮旅人」は松坂桃李さん主演で...

記事を読む

A LIFE2話視聴率と感想!香取神社お札発見と沖田はスワローズファン?

話題のドラマ「A LIFE~愛しき人」も2話放送が終了しました。1話視...

記事を読む

左江内氏2話視聴率と感想!藤子作品オマージュに逃げ恥居酒屋?

話題のドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」も2話放送が終了しました。...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Sponsored Link

  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

  • 大貧乏ドラマあらすじとロケ地は?安達奈緒子脚本も注目で期待!

    大貧乏ドラマあらすじとロケ地は?安達奈緒子脚本も注目で期待!

PAGE TOP ↑