*

新春ドラマ大使閣下の料理人は櫻井翔主演豪華キャストで漫画原作あらすじは?

 

2015年1/3(土)21:00~23:30放送予定、フジテレビの新春ドラマスペシャルは、嵐・櫻井翔さん主演の「大使閣下の料理人」です!

同名コミックのドラマ化で、西村ミツル氏原作、かわすみひろし氏が作画。
この作品は1998年から2006年まで連載され、単行本・文庫版合わせると発行累計190万部を突破し、2002年には文化庁メディア芸術祭・マンガ部門にて優秀賞も受賞しました。

櫻井さん演じる大沢公は、ベトナム大使館の公邸料理人。
「公邸料理人」とは、各国の要人をもてなす日本国大使館の専任シェフのことです。

taisi2.2

公は、一流ホテルの副料理長という役目を担いながらもお客様との距離感に悩み、ちょうど募集されていた公邸料理人に転職しました。
しかし外交の要ともなるこの仕事は一筋縄には行かず、公は苦悩しながらも新たな料理への道を切り開くというヒューマンドラマ。
ベトナムロケも敢行され、キャストの豪華さからもスケールの大きさが窺えます。

櫻井さんはアイドル・嵐としての活動のほか、ニュースキャスターやインタビュアーなど、報道関係のお仕事も多いですよね。
そんな中、役者業もこなすとは……。

さすがに休日の遊びを分刻みでスケジュールを立てる男です(笑)
今回共演した剛力さんも、櫻井さんがいつ台本を覚えているのかと驚いたそうです。

豪華キャストが作品を支えます

taisi6.1

公の妻・ひとみ役は、広末涼子さん。
一流ホテルで働いていた公と出会って公の料理に対する情熱に触れ、旅立ちを応援しますが、本心では家族で一緒に暮らしたいという願いも持っています。

taisi3

共演者は実力派揃い!

物語のキーマンとなる大使閣下・倉木役には西田敏行さん。
温厚な性格ですが、外交の最前線を闘う存在感は唯一無二の存在です。
公の採用を決めたのも他ならぬ倉木氏。
外交の鬼が公に望む「公邸料理人」の意義とは……?

公の元上司でフレンチのシェフ・村上役に竹中直人さん。
毎日たくさんのお客様を相手に料理を作る村上にとって、いつしか料理はただの「仕事」となっていました。
しかし公のチャレンジを見て村上の気持ちにも変化は訪れるのか……?

倉木の通訳・古田役に大倉孝二さん。
ベトナム語の通訳で倉木の片腕として働きますが、緊迫する外交の舞台でもやらかすことがあるおっちょこちょいキャラで、物語の中ではトラブルメーカーとも言えます。
今回、古田の「やらかし」で公は料理対決をすることに……?

 

taisi4

外務省官僚・江口役にNEWS・加藤シゲアキさん。
し烈な外交戦を日本からサポートし、「日本の新幹線をベトナムに輸出する」という大きな事案に奔走する青年を演じます。
日本でサポートをするということは、事務所の先輩・櫻井さんとの絡みはないのでしょうか?
もったいない……(笑)

 

taisi1.1

ベトナム大使館勤務の公の助手、レイ・ティー・蘭役に剛力彩芽さん。
ハーフのベトナム人女性でベトナムでの公を支えるヒロイン。
え、公、嫁いるのに?(苦笑)
それにしても、アオザイの衣装を着ると、スタイルの良さが際立ちますね。

ドラマのあらすじは?

ベトナム・ハノイの大使館で働く大沢公(櫻井翔)レイ・ティー・蘭(剛力彩芽)。
ある日、市場で食材を買って大使館へ戻ると、問題が起きていました。

通訳職員・古田(大倉孝二)が、同じくベトナムにあるフランス大使館公邸のシェフと公の、「料理対決」を約束してしまっていたのです。
しかも対決の審査は、ベトナムの外務大臣・グエン氏が務めることに。
グエン大臣は、公が初めて公邸料理人として料理を振舞った相手でした。
急な話に驚く公だが、この対決にはある“外交の思惑”が隠されているのと聞かされます。

ここで、ドラマは一旦2年前にさかのぼります。
一流ホテルの調理場で副料理長を務めていた公は、客が食べ残した皿を見つめて、料理長・村上(竹中直人)に「お客様に気持ちが届いていないんじゃないでしょうか」と申し出ました。

食材も料理人も一流だが、ホテルという場所柄、どうしても何百人もの客に料理を提供しなくてはなりません。
お客さん一人一人の顔を見て料理を作りたいと公は話すが、村上が、そんな公を認めるワケはありませんでした。

複雑な思いが拭いきれない公は、偶然「公邸料理人、募集」というパンフレットを見て、「ここでなら気持ちの伝わる料理が作れるかもしれない」と、副料理長の職を辞して、日本国大使館公邸の料理人として働くことを決意したのです。

妻のひとみ(広末涼子)はもちろん反対しましたが、もともと公の“料理バカ”なところが好きで結婚したので、料理への情熱を燃やす公を止めることなんてできません。
日本で娘と待つことに決め、公をベトナムへ送り出しました。

Sponsored Link

ベトナムの日本大使館勤務が決まった公は、着任してすぐに大使・倉木(西田敏行)からグエン大臣を招いた饗宴の料理を作るよう命ぜられます。
どんな料理でもてなすのが良いかまだ分からない公に、倉木が言ったのは一言だけでした。

「外交における食卓には、すべて意味がある」

倉木は、不協和音が流れていたベトナムとの関係を改善すべく派遣された、外務省のエースともいえる人物です。
一見温厚で柔和な笑顔の中にいろいろな思いを巡らせている様子があり、公は倉木に対して底知れなさを感じました。

実はこの宴は、近く迫った国連安保理の非常任理事国を選ぶ選挙のための準備工作でした。
日本が、同様に候補に挙がっているインドを出し抜くために、ベトナムが持つ1票を獲得しようと外務大臣であるグエン氏を招くことを倉木が計画したのです。

グエン大臣を味方につけるという目的が分かった公は、「ただ美味しいものを出してもダメだ」と悩みます。
さて、公がグエン大臣のために用意した料理とは……?

そして、現在進行している、フランス大使館の公邸料理人との対決で公はどんな料理でおもてなしするのでしょう?

「料理」×「外交」という新しい切り口で、視聴者に感動を残すエンターテインメント作品です。

フジテレビの年末年始は「アラおめ!」

このドラマ以外にも、フジテレビは2014年~2015年にかけて、嵐色(あらししょく)がかなり強くなるようです。

taisi5.0

このように、3日(土)は「アラおめ! 2015」として、3番組放送。
「2015年先取り博覧会 あらし予報」(16:15~18:00)
「VS嵐2015賀正 新春豪華2本立てSP」(18:00~21:00)
「大使閣下の料理人」(21:00~23:30)

合計7時間を超える特番になっています。
フジテレビさん、必死ですね(笑)
でも、嵐がそんなに数字(視聴率)持っているんでしょうか。

今年、散々「結成15周年番組」をやってましたが、12%前後だったような……。
ともあれ、3日の「アラおめ! 2015」の前に、嵐が出演したドラマが続々再放送されます。

taisi7.1

12/22~26「家族ゲーム(2013年)」主演・櫻井翔
謎の家庭教師・吉本荒野(櫻井さん)が、一見平和な家族だった沼田家にやってきたことで、家庭崩壊するも本当の「家族」となっていくヒューマンドラマです。

櫻井さんが訪れる沼田家の家族には、神木隆之介さん、板尾創路さん、鈴木保奈美さん、最上晟周さん。

最上さんは連続ドラマのメインはこの作品が初めてでしたが、いじめられっこでひきこもり手前の次男・茂之を懸命に演じました。
そして神木さん、板尾さん、鈴木さんはかつてなかったような怪演ぶり!

taisi7.2

キャストたちの本気のぶつかりあいと、吉本の口グセ「いいねぇ~」はハマりますよ。
見逃していた方には、この機会にぜひぜひ見ていただきたい作品です。

 

taisi8

1/3「謎解きはディナーのあとでSP(2012年)」
人気小説を原作とした連続ドラマのスペシャル版です。
「お嬢様の目は節穴でございますか?」でおなじみ、執事・影山(櫻井さん)が戻ってきました!

舞台は香港と豪華客船?
お嬢様(北川景子)と影山はそれぞれ別の事件に巻き込まれます。
おまけに影山は、お嬢様そっくりの女性と出会い、ラヴ的要素もあったような……。
メガネ櫻井さんが吐く辛辣なセリフはM傾向な女性をキュンキュンさせます(笑)

今回調べてみてひとつ気になったこと。
年末年始って、嵐さんたちはちゃんと寝てるんでしょうか……?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/12/18 | SPドラマ

こちらの記事もほほぅとなります!

渡る世間は鬼ばかり2017視聴率と感想!時代錯誤でもはや時代劇?

話題のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の2017年SPの放送が終了しました...

記事を読む

眩(くらら)北斎の娘 視聴率と感想!宮崎あおい演技絶賛で大河ドラマ化?

話題のNHKスペシャルドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」の放送が終了し...

記事を読む

オー・ルーシーOH LUCY!視聴率と感想!メンヘラすぎて怖すぎる?

話題のスペシャルドラマ「オー・ルーシー(OH LUCY!)の放送が終了...

記事を読む

琥珀ドラマ視聴率と感想!感動で演技力高評価も殺人は時効成立?

話題のスペシャルドラマ「琥珀」は浅田次郎さん原作で岡田惠和さん脚本、出...

記事を読む

居酒屋もへじ ありがとう父ちゃん視聴率と感想!続編連ドラ化は?

話題のスペシャルドラマ「居酒屋もへじ ありがとう父ちゃん」の放送が終了...

記事を読む

新着ほほぅ

渡る世間は鬼ばかり2017視聴率と感想!時代錯誤でもはや時代劇?

話題のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の2017年SPの放送が終了しました...

記事を読む

コードブルー最終回視聴率と感想!映画化は脚本家変更で旧メンバー出演?

話題のドラマ「コード・ブルー」もついに最終回放送が終了しました。 ...

記事を読む

眩(くらら)北斎の娘 視聴率と感想!宮崎あおい演技絶賛で大河ドラマ化?

話題のNHKスペシャルドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」の放送が終了し...

記事を読む

愛してたって秘密はある最終回視聴率と感想!完結編huluネタバレは?

話題のドラマ「愛してたって秘密はある」の最終回放送が終了しました。ここ...

記事を読む

オー・ルーシーOH LUCY!視聴率と感想!メンヘラすぎて怖すぎる?

話題のスペシャルドラマ「オー・ルーシー(OH LUCY!)の放送が終了...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Sponsored Link

  • コード・ブルー
  • 僕たちがやりました原作漫画結末ネタバレは?
  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑