*

天使と悪魔ドラマ豪華キャストとあらすじは?ハリウッド映画と違う?

天使のような警察官悪魔のような弁護士がタッグを組み、極秘で未解決事件を解決していくサスペンスドラマ
事件の裏側に潜む黒幕を自分の人生までも天秤に投げ出して嘘をつきまくり、誰もが持つ人間の表と裏に迫ります。

 

天使な剛力と悪魔な渡部

真面目で人を信じやすい天使な警察官には剛力彩芽さん、人を疑ってかかるひねくれ悪魔な弁護士には渡部篤郎さんがご出演なされます。
まず、そもそも疑うのが警察で、信じるのが弁護士という固定観念がぶち壊されてしまいました。さすが新感覚をうたっているだけあります。
人物像については、お堅い警察とチャラい弁護士というコメディータッチで描かれているのかと思いきや、予告動画を見る限りではそんなキャラ設定の気配はありませんでした。

このドラマの内容を拝見したとき、「司法取引」なんていう難しい言葉が羅列されている印象を持たされます。そのためか剛力彩芽ちゃんの顔付がちょっと怖いです。天使様というのはもっとフワフワしているイメージを勝手に持っていたため、公式サイトで画像を見た瞬間ですら固まってしまいました。

この作品では、司法取引というキーワードを中心にストーリーが展開していくみたいですね。
このキーワード、私には違法捜査ではないかと疑ってしまうくらいの、いわばグレーゾーンな捜査方法で被告側の人物と取引をし、組織ごと潰すというイメージが強いのですが。
刑事もののドラマにおいて、「自白すればこの件については立件しない」なんていうセリフをよく聞いたりします。このとき被告は逮捕されエンディング、となりますが、これを裁判にかけると結局は立件されてしまう。
まさに、「なかなかドラマのようにはいかない」という言葉がピッタリ当てはまってしまいますね。
渡部さんの役柄が弁護士という事もあり、事件に対してどこまで深く掘り下げていくのか楽しみなところでもあります。

私も勉強不足のためズレたイメージを持っている可能性が高いので、このドラマを見て、勉強なされた剛力さんに学びたいと思います。

宇崎竜童さんは7年ぶりの連ドラレギュラー

蒔田ヒカリ(まきた・ひかり)……剛力彩芽

主演・剛力彩芽さん演じるは、政府の陰謀で捜査一課に配属されて以来、踏んだり蹴ったりな警察ライフを送った挙句「未解決事件資料室」という閑職に飛ばされてしまう真面目な女の子。頭より体が動くような子なのでしょうか。

茶島龍之介(ちゃじま・りゅうのすけ)……渡部篤郎

ヒカリとは全く逆で、ものっそい性格悪そうな天才悪徳弁護士を演じる渡部篤郎さん。このキャラ設定を見てしまうと、やっぱりコメディータッチではないかと疑ってしまいます。

宇田川賢(うだがわ・けん)……長谷川朝晴

影で司法取引を行っているヒカリと茶島に目を光らせている存在なのであろう宇田川役には長谷川朝晴さんが。お名前が宇田川だけに「うたがう」のですね、わかります。

神楽坂遼一(かぐらざか・りょういち)……宇崎竜童
阿野忠臣(あの・ただおみ)……荒川良々
服部乃絵美(はっとり・のえみ)……内藤理沙
恵庭茜(えにわ・あかね)……中村静香

悪徳上司臭を漂わせる神楽坂には宇崎竜童さん、その下で苦労の塊を背負っていそうな健司には荒川良々さんが配役されています。宇崎さんに至っては連ドラレギュラーが7年ぶりらしいです。
内藤理沙さんは司法取引の後始末係・絵美を、中村静香さんは茶島の秘書で金庫番・茜を演じます。
組織にこんな人たちが集まっていたら、ちょっと転職を考えたくなる気が芽生える事になりそうです。

第1話、ゲストだって豪華です

吉川美加子……高岡早紀
お前絶対犯人だろ!と、思わず叫んでしまいそうな美加子役は高岡早紀さんが演じます。清潔感もお色気も兼ね備えながら愁いを帯びている感じが好印象です。難しくいってみましたが、たんに「美人さんです」「好きです」と言いたかっただけでした。

上田倫子……霧島れいか
きっとヒカリと茶島にしつこく付きまとわれてしまうのだろうなぁと同情してしまいそうな倫子は霧島れいかさん。若くてきゃいきゃいした子かと思いきや、大人な魅力をまとわせた方でした。そういえば役柄が政治家さんでしたね。早合点の早忘れで。

吉川毅……飯田基祐
お前絶対すでにこの世にはいない存在だろ!と、美加子よりはちょっと長めにツッコミを入れてしまいそうな吉川役には飯田基祐さん。またお前か!と、さらにツッコミを入れてしまうくらい様々な作品でお見かけします。

※登場人物に対する見解は、あくまでも個人的な予測です。ドラマの内容とはあまり関係がありません。

Sponsored Link

トム・ハンクス主演 映画『天使と悪魔』

ダン・ブラウン原作の「ロバート・ラングドンシリーズに同名の映画がありました。
ガリレオが創立したとされる秘密結社を名乗る宗教関係者が、テロリズムみたいなことしてる内容だったような。
やたらと美術品を取り上げる作品だったような記憶があります。

不思議なことに、原作では『天使と悪魔』がこのシリーズでは1作目に刊行されていますが、映画では『ダ・ヴィンチ・コード』が先に放映されているんですね。
シリーズ化しているだけでストーリーは全く別物ですので、どちらが先に放映されようと大差はないように思いますが…。
原作でしか知らないので何とも言えません。
美術品をたくさん扱っているので、目でも楽しめたのではないでしょうか。
せっかくなので、こちらと合わせて今作のドラマを事前検証してみました。

 

今回のドラマでも「天使」と「悪魔」が取り上げられていますが、おそらくそんなに重い意味はなく、人間性に対するイメージからの比喩なのでしょう。
人間の裏側が悪魔とか、いやそれなだけだろみたいな。
ラングドンさんのは…天使みたいなんが悪役でした。
宗教って怖いですね。
闇の天使ですよ。
どこぞのゲームでラスボスに出てきそうな感じではないですか。

おそらくこのドラマでは、主人公たちがプレイヤー側の目線なのでしょう。
それを考えると、犯罪者は神かと勘違いしてしまいそうですが、ただの人間です。
その人間性というものを、犯罪を通してえぐっていくのではないでしょうか。
法律の存在が神に近いのかもしれません。

うむ、やはり天使と悪魔というくらいなのだから、それなりにコメディ要素を使ってほしいかもしれない。

天使やー!(∩´∀`)∩
.
∩(´∀`∩)悪魔だこらー!

このようにハッキリと区別をつけていただきたいのです(ついたのかがわからない)。
でなきゃそれ、結局のところ天使と悪魔はどこですか?な話になってしまうわけです。
性格の良いお姉さんと、性格の悪いお兄さんていうだけではつまらないじゃないですか。
ヒカリの天使っぷりと茶島の悪魔っぷりをどれだけ引き立たせることができるのか、期待したいですね。

正直言うと、この段階での物語イメージが『必殺仕事人』に近いのです。
キャラクターに至っては全く時代劇ではないのですが、このタイプ多いのですかね。

私としては『鬼平犯科帳』が好みです。
いつか作っていただけるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/04/06 | 天使と悪魔

こちらの記事もほほぅとなります!

新着ほほぅ

ボク運命の人です7話視聴率と感想!神様山Pは最終回で消える?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も7話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

リバース7話視聴率と感想!Nのために成瀬コラボ出演決定で関係は?

話題のドラマ「リバース」も7話放送が終了しました。初回視聴率は10.3...

記事を読む

帰ってきた家売るオンナ視聴率と感想!高評価で連ドラ2期続編は?

ついに帰ってきました「家売るオンナ」続編スペシャルドラマは2016年7...

記事を読む

小さな巨人6話視聴率と感想!豊洲移転で森友学園と加計学園問題?

話題のドラマ「小さな巨人」も6話放送が終了しました。初回視聴率13.7...

記事を読む

ボク運命の人です6話視聴率と感想!告白にドキドキで青春アミーゴ?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も6話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PREV :
NEXT :

Sponsored Link

  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑