*

トットてれび黒柳徹子と満島ひかり似過ぎ!映画版との違いとロケ地は?

4月30日土曜日夜8時15分から、NHK総合 土曜ドラマ「トットてれび」がスタートします。

トットちゃん。ご存知ですか?
今から35年前、一冊の本が発表されました。
窓ぎわのトットちゃん」という本です。

この本は、当時の日本に衝撃を与えました。
著者は、あの「黒柳徹子」さん。
tetsuko-room
皆さんには、「よくしゃべる、玉ねぎ頭のおばぁちゃん」のイメージが強いかと思います。
1933年、昭和8年生まれの黒柳徹子さん。明るく、楽しい徹子さんの幼児期を書いた本でした。
book

トットちゃんとは、まだ舌足らずで自分の名前が言えない幼少期の徹子さんが、自分を’トット’と発音していたのです。

徹子さんの幼少当時は、学校教育は画一的なものであり、机に向かって黙々と・・・という教育だけが学校だったのです。
今でこそ、学校自体ももっとゆったりした雰囲気の中授業を勧めたり、私立の小学校や、斎藤工さんらも通ったシュタイナー教育やら、インターナショナルスクールなど海外の学校システムを用いた学校を選択できます。

アウトバーン豪華キャストで斎藤工の個性的演技力はシュタイナー教育?

そんな学校を選択するということがほとんどない時代に、あまりのその個性に、公立の小学校をクビになってしまった徹子さん。
独自の教育方法を用いたトモエ学園に籍を置いた黒柳徹子さんの’個性的な’日々を描いた黒柳徹子さんの自伝だったのです。

もう一つ。当時のタレント本は、ゴーストライターが書いた本が主流だった時代。
タレントにインタビューして、それをもとにゴーストライターが書いたものを、あたかも本人が執筆したかのように出版するのが当たり前の時代でした。

最近再ブレイクしたヒロミさんから、妻・松本伊代さんの天然ぶりエピソードが語られていますが、松本伊代さんも’自著出版’のはずの本を「まだ読んだことがない」と発言し、ゴーストライターの存在を白日の下にさらした過去もあり、バラエティ番組でも取り上げられいます。

そんな中、帯のレギュラー番組を抱えた忙しい黒柳さんが、自らの手でかいた本だったのです。

この「窓ぎわのトットちゃん」は、当初の出版社の予想を大きく上回るヒットとなり、その後世界35か国で翻訳・出版されたのです。
oversea さらに著者のトットちゃんは、世間を驚かせました
窓ぎわのトットちゃん」出版で得た印税を全て費やし、「社会福祉法人 トットちゃん」を設立し、身体障碍者やろうあ者の方たちをサポートしているのです。
今でこそ、海外セレブが同様の活動をしていることがニュースになり、みなさんの知るところとなっていますが、当時はそういった活動自体も珍しい時代でした。

今回放送される「トットてれび」は、このトットちゃんが社会に出てからの話を黒柳徹子さん自身が書いた「トットちゃんねる」をベースに、映像化されたテレビドラマなのです。
20

ちなみに「窓ぎわのトットちゃん」は、物語に描かれた「トモエ学園の小林宗作校長」を演じられる人はいないとの、黒柳徹子さんの意向で映像化されたことはありませんでしたが、この「トットちゃんねる」は、今から30年前に斉藤由貴さんをトットちゃんにすえ映画化がされています。
movie

映画化の際には、出演者の名前を全て架空の名称に変えて映像化されましたが、今回のドラマ化では、実際の方たちの名前をそのままに展開していきます。

Sponsored Link

キャストは

黒柳徹子 – 満島ひかり
「子供に絵本を上手に読んであげられるお母さんになりたい」と女優を目指し、NHKの専属女優第一号に。
以降、女優として、司会者として、その人生をテレビとともに歩む女性。愛称は、トット。

渥美清 – 中村獅童
徹子からは「お兄ちゃん」と呼ばれ、徹子を「お嬢さん」と呼びあう仲。
浅草でコメディアンとして活躍、テレビの世界に。やがて「男はつらいよ」シリーズで「寅さん」として国民的スターに。
atumikiyoshi

向田邦子 – ミムラ
脚本家。森繁久彌に才能を見出され頭角を現し、「寺内貫太郎一家」などヒット作を連発するとともに、小説家としても直木賞を受賞
ある時期は、徹子と毎日会うほどの親しい仲に。

伊集院ディレクター – 濱田岳
徹子と同じころにNHKに入局し、それ以降長い付き合いに。
徹子が出演する多くの番組でフロアディレクターを務め、ディレクターに昇進していく

黒柳朝 – 安田成美
徹子の母で、良き理解者。小学校を退学になった徹子に、NHK受験のきっかけを作り、デビュー後も応援し続ける

飯沢匡 – 大森南朋
劇作家で、徹子の出世作「ヤン坊ニン防トン防」の作者。そのオーディションを受けに来た徹子を、主役の一人に大抜擢した。
yan-nin-ton

大岡龍男 – 武田鉄矢
徹子がNHKを受験したときの試験官で、NHK文芸部のプロデューサー。新人指導に当たり、失敗を繰り返す徹子を励ます。

黒柳守綱 – 吉田栄作
バイオリン奏者で、徹子の父。「どんな人間にもとびぬけた才能がある」と徹子が小学校を退学になった際に教え、その言葉は、徹子の支えとなる。

沢村貞子 – 岸本加世子
徹子が「母さん」と呼び慕う、戦前から活躍する大女優。徹子や坂本九が共演した「若い季節」にも出演し、セリフを覚えない共演者を一喝するなど、厳しい面も見せる。
drama

森繁久彌 – 吉田鋼太郎
舞台で映画で、輝かしい実績を持つ大スター。常に女優たちをはべらせて、徹子からすると「ちょっとエッチなおじさん」。しかしその演技力は圧倒的で、徹子を感動させる

中華飯店の王さん - 松重豊
徹子たちがひいきにするNHK近くの中華飯店の主人。テレビを通して、徹子の成長を見守る。
森繁久彌の大ファンで、彼が店に来たことがあるを自慢に思っている。

笠置シヅ子 – 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)

坂本九 – 錦戸亮(関ジャニ∞)
ロカビリー歌手としてデビュー、俳優や司会者としても活躍。生放送のNHKバラエティ番組「夢であいましょう」やミュージカル風コメディドラマ「若い季節」で徹子共演し仲良くなる。
「上を向いて歩こう」で、世界的スターに。
愛称は、九ちゃん
yumede

百歳の徹子 ‐ 黒柳徹子
未来の世界からやってきて、駄菓子屋の店先にすわり、テレビの世界に生きる徹子らを見つめる。

パンダ - 語り:小泉今日子
百歳の徹子の傍らに座る、動物好きな徹子の友人。ドラマの語り手を務める。
tetsuko&panda

第一話のストーリーは


昭和28年、NHKはテレビ放送を開始するために専属俳優を募集するのです。それを知った徹子は、「子供に絵本を上手に読んであげられるお母さんになりたい」との思いもあり、NHKを受験したのです。

試験は、失敗ばかり・・・

しかし、なぜだか合格した徹子。徹子はテレビやラジオの番組にエキストラとして出演をするのですが、目立ちすぎてしまい叱られてばかり・・・フロアプロデューサーの伊集院から「個性が邪魔だ」と言われてしまうのです。
producer

そんな徹子に、転機がやってきました

劇作家・飯沢の手掛ける新しい放送劇のオーディションを受けることになった徹子。
オーディションの際、飯沢は意外な一言を徹子に伝えるのです・・・
m-totto2

ロケ地は

トットてれび」は、原作通り、昭和28年を設定したお話のまま進んでいきます。ですので、基本、スタジオにセットを作り撮影されています。
しかし、そんな中にも、深谷市や科学技術館、さらにドラマに登場する「渥美清さん」の寅さん記念館などでも撮影が行われていました。

mitsushima

満島ひかりさん主演、NHK総合 土曜ドラマ「トットてれび」は、4月30日から、毎週土曜日夜8時15分~8時43分枠・全7回で放送されます。
原作者のトットちゃん本人も、女優・黒柳徹子としても登場します。お見逃しなく。

→満島ひかりは実はNG共演が多数の女優?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/04/30 | トットてれび

こちらの記事もほほぅとなります!

トットてれび最終回視聴率と感想!再現完璧でミズタク登場も続編は?

話題のドラマ「トットてれび」も6話放送が終了しました。初回視聴率10....

記事を読む

トットてれび6話視聴率と感想!中村獅童の渥美清に絶賛感動号泣!

話題のドラマ「トットてれび」も6話放送が終了しました。初回視聴率10....

記事を読む

トットてれび5話視聴率と感想!ミムラ向田邦子に絶賛で切ない感動!

話題のドラマ「トットてれび」も5話放送が終了しました。初回視聴率10....

記事を読む

トットてれび4話視聴率と感想!徹子ヌード再現で三浦大知ダンスすごい!

話題のドラマ「トットてれび」も4話放送が終了しました。初回視聴率10....

記事を読む

トットてれび3話視聴率と感想!黒柳徹子アドリブ早口の原点は生放送!

話題のドラマ「トットてれび」も3話放送が終了しました。初回視聴率10....

記事を読む

新着ほほぅ

ボク運命の人です7話視聴率と感想!神様山Pは最終回で消える?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も7話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

リバース7話視聴率と感想!Nのために成瀬コラボ出演決定で関係は?

話題のドラマ「リバース」も7話放送が終了しました。初回視聴率は10.3...

記事を読む

帰ってきた家売るオンナ視聴率と感想!高評価で連ドラ2期続編は?

ついに帰ってきました「家売るオンナ」続編スペシャルドラマは2016年7...

記事を読む

小さな巨人6話視聴率と感想!豊洲移転で森友学園と加計学園問題?

話題のドラマ「小さな巨人」も6話放送が終了しました。初回視聴率13.7...

記事を読む

ボク運命の人です6話視聴率と感想!告白にドキドキで青春アミーゴ?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も6話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Sponsored Link

  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑