*

ヤメゴク視聴率上昇の鍵は佐野直道演じる勝地涼の演技に注目!

毎週木曜日21時から放送中の、大島優子さんが初主演を務める連続ドラマ
「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」が面白いです。

「SPEC」を手掛けた堤幸彦氏が演出を手掛ける警察ドラマで、
警察内に現在する、組織犯罪対策部(マル暴)内の
「暴力団離脱者相談電話」(通称・足抜けコール)を題材としています。

katsu1.8

主人公・永光 麦秋(大島優子)バディ・三ヶ島 翔(北村一輝)が柱となり、
「組を抜けたい」と連絡してきた組員の足抜け・更生の手助けをします。

今回ピックアップするのは、
麦秋の決めゼリフ「あなたの足抜けお引き受けいたします!」のあとに
「よお~っ!」と声を上げ、急に楽器(ヴィブラスラップ、拍子木など)を出してきて
その場を〆る暴追アドバイザー・佐野直道を演じている勝地涼くんです!

勝地くんが演じている“佐野直道”は、暴力団追放運動推進都民センター所属。
何故かいつも足抜けコールに入り浸り、料理やデザート類を作っては相談員たちに振舞っているようです。

顔は2枚目でありながら最近めっきり3枚目が板についている勝地くん。
彼のこれまでの役者人生を振り返ってみましょう。
⇒ヤメゴク3話視聴率と感想!古畑奈和演技高評価もパンチラ毎回あり?

芸能界入りのきっかけは実家でのロケ

katsu1

勝地くんの実家は東京・自由が丘の生花店「Briki no Zyoro(ブリキのジョウロ)」です。
お店でドラマの撮影があって、勝地さんはタレントさんが観たくて見学に来ていました。
そのとき、瀬戸朝香さんのマネージャーにスカウトされて、現在の事務所に所属することになったそうです。

勝地くんはドラマ「千晶、もう一度笑って(2000年・TBS)」でデビューしました。

katsu1.7

連続ドラマ「さよなら、小津先生(2001年・フジテレビ)」
田村正和さんが銀行員から転職した教師という異色の学園ドラマ。
バスケ部員・長瀬健太役でレギュラー出演していました。
長瀬は同級生からカツアゲされたり家庭内暴力受けているという背景があったので、
勝地くんは無口でおどおどしていましたね。

katsu1.1

映画「亡国のイージス(2005年公開)」
若き自衛官・如月を演じ、第29回日本アカデミー賞新人賞を受賞
このとき、自衛隊へ体験入隊したり、真冬の海でのロケにも果敢に挑戦したそうです。
大きな作品で名だたる俳優さんとご一緒したこともあって、
役者としての充実感を味わえた作品になったようです。

そして、勝地くんがテレビではっちゃけるきっかけになったのが、
脚本家・宮藤官九郎さんとの出会いでしょう。

katsu1.3

連続ドラマ「未来講師めぐる(2008年、テレビ朝日)」
未来が見えてしまう女性講師・めぐる(深田恭子)が主人公のSFファンタジー。
勝地くんはめぐるの年下の恋人・ユーキ役でした。

「Diana」というホットドッグ屋台で、ローラースケートを履いて接客している姿は
光●ENJIのようでしたね(笑)
勝地くんってこんなに弾けるのか~って、とっても新鮮でした。

katsu1.4

連続ドラマ「四つの嘘(2008年・テレビ朝日系)」
永作博美さん主演。
学生時代の友人4人のうち、1人が旅行先で死亡したことで、残りの3人が30代半ばで再会。
それぞれの生活での見栄や狡猾さを赤裸々に描く、かなり重めのドラマでした。

勝地くんは、性に奔放な詩文(永作)と体の関係を持つ若いボクサー・安城役
何かと体があらわになる役(笑)だったので、かなりしっかり体作りをしたようです。
この役は本当に無口で、サカリのついたケダモノのように永作さんと絡んでました。

勝地くんは当時から2015年の現在まで、永作博美さんの大ファンと公言していますから、
撮影の間はドキドキしっぱなしだったとか。

katsu1.2

連続テレビ小説「あまちゃん(2013年・NHK)」脚本:宮藤官九郎氏
東京から母の田舎にやってきた大人しい少女が、海女を目指したと思いきや
アイドルにもなったりして、その中で東日本大震災までも組み込んで描かれた、
社会現象にもなった大ヒットドラマです。

勝地くんが出演した記念すべき回は、第128回(2013年8月27日放送)です。
“前髪クネ男”ことTOSHIYA役
本当にこの1回のみの出演でしたが、インパクト大きかったですね。

あの独特な腰の動きは、同ドラマに出演していた古田新太さんのアドバイスで完成され、
撮影後には「NHKに爪痕残したな(ニヤリ)」と言われたそうです。

Sponsored Links

舞台、歌手デビュー、CMでも活躍中

katsu.11

舞台「高校中パニック!小激突!!(2013年11月~12月、PARCO劇場)」
脚本・演出:宮藤官九郎氏

副題が、「バカロックオペラバカ」。
舞台は2022年の東京・渋谷のバスケットボールストリート(旧センター街)。
この地域を二分する聖ファイヤーバード高校(ヤバ高)と、グレッチ工業高校(グレ工)が
バカバカしくも情熱的に抗争を繰り返す、恋と友情をバカとロックで彩った作品でした。
幼なじみでありながら高校が違ったことで対立してしまう
カゼギミ(勝地涼)とムカデ(佐藤隆太)。
2人の熱い友情に、最後には涙してしまうという……(笑)
大人計画お得意の、バカなことを振り切ってやる、お祭りのような舞台でした。

katsu1.6

「ドラゴン気取りのティーンネイジ・ブルース」
作曲は真心ブラザーズのYO-KING氏が担当。

すっかり宮藤官九郎氏の持ち駒となった勝地くん(笑)
宮藤官九郎氏プロデュースで歌手デビューも果たしました。
ラジオ「宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送)」のコーナー
「宮藤官九郎の一行から始める作詞講座」から生まれた卒業ソングです。
名義は「涼 the graduater」でレコチョク・iTunesほか配信限定だったようです。

katsu1.5

CM:プロミス(現在放送中)
柄本時生さんとのユニットデュオ「プロミス」シリーズ。
デュオの2人がすごく純粋で、マネージャー役の森カンナちゃんがしっかりもの、
プロデューサーらしき谷原さんがちょっとぶっ飛んでて、絶妙な空気感のCMですね。

katsu1.9

「ヤメゴク」の番宣の一環として、
念願だった「A-Studio(2015年4月10日放送)」に出演。
かつて宮藤官九郎氏に言われた、忘れられない名言が語られました。
「香川照之さんは役者馬鹿だが、勝地涼は馬鹿役者だ」
ええと、褒められてるみたいですよ(笑)

先輩である小栗旬さんから、宮藤官九郎氏に可愛がられていることを
「羨ましい」と言われたこともあったそうで、どれだけバカ扱いされても
「このポジションは誰にも譲りたくない」と言っていました。

そして意外だったのが、鶴瓶さんに「将来どんな役者になりたい?」と聞かれて、
「尊敬される役者……」と答えたこと!
ええっ! そうなの!?
何だろう、永遠のパシリ的なイメージを絶やさずに(苦笑)、
これからも下っ端感が出ている勝地くんでいてほしいなあ……。

katsu1.0

最後に「ヤメゴク」をもう一押し。
佐野は「バクちゃんさん」「お嬢様のお彼氏」なんて過剰な敬語で、常に飄々としていますが、
ヤクザを前にしてもその態度は変わらない、ちょっと謎な存在です。
人と話すときの距離が近くてツッコミのセリフが「おっしゃるよね~」だったり、
オネエっぽい部分も見えます。

ですが実は、知的犯罪を扱う警視庁捜査二課所属のエリート刑事という過去がありますので、
足抜けコールにやってきたのも訳アリな予感……?

大島さんが自らアクションをこなし、クセのある刑事・麦秋としての演技も
徐々に評価が高まっているようです。
この先の展開を、佐野にもぜひぜひ注目して見ていきましょう!
※この記事を書いている時点でまだ4話を見ていません……(苦笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/05/08 | ヤメゴク

こちらの記事もほほぅとなります!

ヤメゴクは大島優子が初主演!キャスト1話あらすじロケ地はどこ?

「ケイゾク」「トリック」 「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事...

記事を読む

新着ほほぅ

オトナ高校2話視聴率と感想!三浦春馬のクズ過ぎチェリートに爆笑!

話題のドラマ「オトナ高校」も2話放送が終了しました。 初回視聴率...

記事を読む

先に生まれただけの僕2話視聴率と感想!リアルな問題を描き高評価!

話題のドラマ「先に生まれただけの僕」も2話放送が終了しました。 ...

記事を読む

重要参考人探偵初回視聴率と感想!本格ミステリで玉森演技高評価!

ついに始まりました話題のドラマ「重要参考人探偵」は玉森裕太さん、小山慶...

記事を読む

コウノドリ2話視聴率と感想!子宮頚がんワクチンの話に賛否両論!

話題のドラマ「コウノドリ」も2話放送が終了しました。 初回視聴率...

記事を読む

刑事ゆがみ2話視聴率と感想!下着泥棒の斎藤工とAV選ぶ神木に高評価!

話題のドラマ「刑事ゆがみ」も2話放送が終了しました。初回視聴率は7.6...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  • 陸王
  • コウノドリ1期の原作との違いを解説!
  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑