*

世にも奇妙な物語’16 秋の特別編原作ネタバレキャストロケ地は?

10月8日(土)夜9時より放送される『世にも奇妙な物語’16 秋の特別編』。今回は4つのオムニバスドラマと1本のショート・ショートドラマをお送りします。ゴールで待っているのは成功か破滅か、それとも…?

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%80%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-30

早速、各話のあらすじをご紹介します。『奇妙』シリーズ初主演となる黒木メイサさんの作品は『シンクロニシティ』。ある日、栄子(黒木メイサ)は恋人からプレゼントされた時計のサイズを直すため時計店を訪れると偶然高校時代の友人、朱美(藤井美菜)に出会います。

成人式以来の再会に喜ぶ2人。しかも時計を直しにきた理由に始まり、恋人の名前、彼氏とつきあい始めた日まで同じであることが判明しました。そんな2人の会話をバーで聞いていたマスターが、それはシンクロニシティという現象であると伝えます。

偶然の一致が重なり興奮する2人でしたが、ある事に気付いた瞬間2人の顔から笑顔が消えます。今日、8月7日は12年前の高校時代、2人も加担したいじめが原因で友人が自殺した日だったのです。さらに栄子たちに思いもかけない恐ろしい”偶然の一致”が襲いかかり…?!

共演される藤井美菜さんは『奇妙』シリーズ4作目の出演。そして、美女が美しいままで終われないのがこのシリーズ!クールビューティーな黒木メイサさんが絶叫する姿は貴重かもしれませんので、注目ですね!

%e9%bb%92%e6%9c%a8%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%b5

『シンクロニシティ』は新津きよみさんの『彼女たちの事情』に収録されている作品。ではそのネタバレをご紹介します。自宅で飲もうと乗ったタクシーの中でも、2人の話は尽きません。学生時代の合宿で、気にくわないOBを転けさしてやろうと、民宿の外の草むらの草を輪っか状にするいたずらを仕掛けた…そんなたわいもない思い出を楽しそうに話していると、雨が車窓に叩きつける音とエンジン音のなか、運転手が静かに2人の話の間に入ってきました。

彼はタクシーの運転手となる前、白馬の民宿・白樺荘の隣で民宿を営んでいました。愛する妻と1人娘に恵まれ、ささやかながらも幸せな日々を送っていたと。しかしその幸せな日々はある日突然終わってしまったのです。そう、ちょうど12年前の今日、8月7日に…。

12年前の今日も大雨でした。その日、運転手は訳あって自宅の民宿から遠い場所にいたといいます。うとうとしていた運転手の元に、最愛の娘が亡くなったという1本の電話が入ったのです。

その晩、飼っていた愛犬が戻らなかったことから心配した運転手の娘は1人で森に入り、そのまま迷子になってしまったのです。愛犬とともに発見された時、娘は肺炎になりすでに虫の息だったと…。運転手の娘は、そのまま亡くなりました。

その後、可愛い盛りの孫を失った祖父がまず亡くなり、その後を追うように祖母が亡くなった、妻も心の病に侵され、娘の後を追い自ら命を絶った…と過去を語る運転手。栄子と朱美が辺りを見回すと、タクシーは見たこともない場所を走っていました。

栄子と朱美が固まり相づちも打てないでいるなか、運転手はさらに続けます。愛犬の後を追って、1人森に入ったことが原因で亡くなった運転手の娘。発見された時、愛犬の足は草でつくった輪っかに絡み、身動きが取れない状態だったと。

1人残された運転手は、決めていたのです、娘の13回忌の今日、家族の元へ旅立つことを…。恐怖に顔が引きつる栄子と朱美を後部座席に乗せたまま、トラックが猛スピードで迫りくる反対車線に、運転手は迷わずハンドルを切ったのでした。

最終的に復讐というかたちで一致、シンクロしたタクシー運転手の娘と栄子・朱美の結末…。ドラマは設定が微妙に違いますが、2人がいじめて自殺させて相手が、この運転手の娘ということになりそうですね。

%e6%88%90%e5%ae%ae%e5%af%9b%e8%b2%b4-1
同じく初主演となる成宮寛貴さんの作品は『貼られる!』。椎名毅(成宮寛貴)は銀行の一流バンカーとして活躍。上からは信頼され下からは頼りにされ、毅あっての融資課といわれるほどの成績を誇っています。

ある日、タクシーに乗った毅は運賃がいつもより高いと運転手にたずねると、その瞬間自分の体に直に「難癖つけるクレーマー」というレッテルが貼られていることに気付くのです。この日を境に周りの人間の評価がレッテルとして体に貼られるようになっただけでなく、周囲の人間が、発言とは裏腹に毅を酷評していることを知りがく然とする毅は…?

原作となる「レッテルのある教室」は短編マンガ。主人公は柏木という高校2年生の女の子で、舞台は学校の文化祭。かなり設定は変更されているようです。柏木は所謂優等生タイプの女の子で、クラスの皆に信頼される・頼られる存在であり、彼女自身もそれをステータスと自負しています。

ただ彼女には他の人には無い、ある特殊な能力が備わっていました。それは他人が自分、もしくは他人に対しての評価が紙に実体化して見れるという能力。つまり貼られたレッテルを目視できるというもの。

人によっては意外な事実も目に見えてしまうことで(おとなしそうに見えて、ビッチというレッテルを貼られていたり)戸惑うこともあったけど、自分に貼られたレッテルに対しては満足していたこともあり、順風満帆な学校生活を送っていた柏木。そんな中、若月という男のクラスメイトに出会います。

若月に貼られたレッテルは”暗い””近寄らないで”といったとても悲しい内容で、若月は所謂いじめの対象者だったのです。そんなレッテルを大量に貼られた若月の背中がとても重々しいものにうつって見えた柏木は、何とか力になりたいと彼に近づきます。

とはいえ貼られたレッテルを剥がすことは出来ても、それが何か影響することは無いことを柏木は分かっていました。それでも、若月を観察していた気づいた彼の良さを、レッテルとして力強く彼の背中に貼り付けます。”もっと自信を持って良いと思う”というレッテルを。これ以上、その上に悲しいレッテルを貼らないでという願いを込めて。

Sponsored Link

ある日、 柏木は文化祭の準備を頑張りすぎた反動で熱を出して、1日学校を休みました。彼女にとってはたった1日休んだ些細なことと思っていたのですが、 教室に行くと自分が休んだことで回らなくなった仕事のことで、クラスメイトから物凄い批判を受けてしまいました。

普段頑張っていたことや自分への評価の良さもあり、自分が居ない間に皆が自分の仕事をフォローしてくれたり、心配してくれると思っていた柏木は、想定外の皆の態度にショックを受けます。そして自分へ新たに大量に貼られた批判的なレッテルを見て、ふさぎ込んでしまうのです。

廊下で一人泣いている柏木の前に現れる若月。そして驚きの一言を柏木に言い渡します。「背中スゴイことになってるけど大丈夫?」そう、実は若月にもレッテルが見えていたのです。

「でも若月はどうして平気なのか?」と問う柏木。「あくまでこれは他人が勝手に貼ったレッテルであり、本人が気にする必要はない」と答える若月。「レッテルはあくまで他人がつけた評価であって、それを何千枚集めたところで柏木さんにはならない、柏木さんは柏木さんである」と。

それを聞いて、号泣する柏木。そこに「笑うとステキ」という似顔絵付きのレッテルを渡す若月。それから柏木は、今までの貼られたレッテル通りの理想の人間になることを止め、 自分らしく振る舞うように行動するように。レッテルを気にしないということは性格上無理であっても、貼られたレッテルのみが全てでないことを信じて…。

原作は、学生でまだ若いからこそ大切なことに気付けた…というふうにも読めますが、成宮さんの役柄は銀行の一流バンカー。どんな結末を迎えるのか、毅は貼られたレッテルにどう立ち向かうのでしょうか?気になります。

%e6%b7%b1%e7%94%b0%e6%81%ad%e5%ad%90
『捨て魔の女』では、ドラマや写真集で見せる可愛らしく純情な深田恭子さんの印象を大きく変える作品になりそうです。女性アナウンサーの土岐田栞(深田恭子)は29歳にもなりながらいまだアナウンサーとして花開かず、妹(阿部純子)には向いてないのではと心配されるほど。

そんなある日、たまたますれ違った僧侶に声をかけられ、何かを得たければ何かを捨てなければいけないとの言葉をかけられます。1番のお気にいりのシャツがレポート中に破けてしまったその日、抽選会場で高級牛肉が当たったのです。

そんなことをきっかけに何かを捨てると良い仕事が舞い込んでくる、という体験をした栞はついに身の回りの大切なものを捨て始めるます。ついに栞が行き着いたところとは…?放送されるオムニバスの中で唯一のオリジナル作品、結末が楽しみですね!

%e5%8c%97%e6%9d%91%e4%b8%80%e8%bc%9d
さらに、北村一輝さんも『車中の出来事』でシリーズ初主演を果たします。時は昭和30年前半頃、舞台は走る列車の中。ある車両の最後尾、向きあわせに乗り合わせた3人の男を中心に物語は展開していきます。

猪首の男(杉本哲太)と隣り合わせに座る優男(古川雄輝)。彼の前に座ったのがキザな男(北村一輝)。実は猪首の男が警察官で、優男は護送されている途中でした。この3人が実はある麻薬取引を巡る事件と大きな関連があるらしく、3人の化かし合い、駆け引きの中から真実をたぐりよせます。最後の最後まで先が読めない!真実がわからない?!

%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%aa
最後に『ずっとトモダチ』というショート・ショートドラマには、日本マイクロソフト株式会社が開発する女子高生AI(人工知能)「りんな」が出演することが決定。実在する女子高生AIが女優デビューすることは初の試み!公式ブログも開設されています。

LINE上での秀逸なトークが話題を呼び、トータルユーザー数は400万人を突破したりんな。昨年8月のメジャーデビュー以降、リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、類いまれなレスポンス速度が注目され、学生ファンを中心にブレイク!りんなと共に出演する若手女優、久保田紗友さん、山田杏奈さん、小野花梨さん、花影香音さんらにも注目ですね。

%e7%89%b9%e8%a8%b1%e5%ba%81-%e3%83%ad%e3%82%b1%e5%9c%b0
『世にも奇妙な物語’16 秋の特別編』のロケ地ですが、千代田区霞ヶ関にある特許庁と千葉県君津市にあるお弁当屋さん「としまや中富店」で成宮寛貴さんの目撃情報があがっています。また、深田恭子さんの「捨て魔の女」では、共同テレビ局社屋で撮影が行われたと公式ツイッターで報告されています。
放送されるたびに何かと話題になる『世にも奇妙な物語』シリーズは、放送開始から今年で26年目。きっと、今回もネット検索やトレンド入りはもちろん、翌日の話題として持ちきりになることでしょう…。放送は10月8日(土)夜9時スタートです。

世にも奇妙な物語’16 春の特別編キャストとあらすじロケ地は?

世にも奇妙な物語’16 春の特別編視聴率と感想!感動ホモエンド?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/08 | SPドラマ

こちらの記事もほほぅとなります!

松本清張ドラマ誤差視聴率と感想!現代アレンジはそろそろ無理?

話題のスペシャルドラマ「誤差」は松本清張没後25周年の特別企画として村...

記事を読む

世にも奇妙な物語’17 春の特別編視聴率と感想!原作とパロディは?

今年も放送されました「世にも奇妙な物語」2017春の特別篇も話題になっ...

記事を読む

世にも奇妙な物語2017春で夢男の元ネタと最後の数字の意味は?

今年も放送されました「世にも奇妙な物語」2017春の特別篇で中条あやみ...

記事を読む

ドラマミステリーズ視聴率と感想!原作と違うも演技力絶賛で続編希望?

話題のスペシャルドラマ「ドラマ・ミステリーズ」の放送が終了しました。ミ...

記事を読む

女の勲章第2夜後編視聴率と感想!原作と違う結末の描き方に高評価!

話題のスペシャルドラマ「女の勲章」も第2夜後編の放送が終了しました。第...

記事を読む

新着ほほぅ

ボク運命の人です7話視聴率と感想!神様山Pは最終回で消える?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も7話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

リバース7話視聴率と感想!Nのために成瀬コラボ出演決定で関係は?

話題のドラマ「リバース」も7話放送が終了しました。初回視聴率は10.3...

記事を読む

帰ってきた家売るオンナ視聴率と感想!高評価で連ドラ2期続編は?

ついに帰ってきました「家売るオンナ」続編スペシャルドラマは2016年7...

記事を読む

小さな巨人6話視聴率と感想!豊洲移転で森友学園と加計学園問題?

話題のドラマ「小さな巨人」も6話放送が終了しました。初回視聴率13.7...

記事を読む

ボク運命の人です6話視聴率と感想!告白にドキドキで青春アミーゴ?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も6話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Sponsored Link

  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑