*

日本のヴァイオリン王ドラマキャストとあらすじ!鈴木政吉の功績は?

masakichi時は江戸末期。
尾張藩の同心だった鈴木正春の次男として生まれた鈴木政吉は、のちに世界的に有名なヴァイオリン職人として名をはせるのです。

2月14日日曜日、夕方4時5分から放送される「日本のヴァイオリン王~名古屋が生んだ世界のマエストロ 鈴木政吉物語~」を放送します。

父・正春は同心であったものの、琴・三味線づくりを内職として生計を立てていました。
そして次男であった政吉は、別家の養子となったものの10歳の時に養父を亡くし、正春のもとに戻りました。

政吉は、尾張藩の音楽隊太鼓役としての仕事を得ましたが、音楽隊の太鼓が廃止されラッパに変わったため失職。
その後藩立の洋学校で2年間勉強しますが、これまた制度が変わり退学することに・・・

父・正春も同じころ琴三味線店を開き、政吉もそこで三味線職人の道に。

一人前の三味線職人となった政吉・27歳のころ、唱歌を習い始めるのです。
そんな折、門人仲間の作った日本製のヴァイオリンに出会うのです。

ドラマのストーリーは

時は、明治時代半ば。三味線職人の政吉は、知り合いが持っていたヴァイオリンの音色に興味を抱いたのです。
政吉は、三味線職人の腕を生かして見様見真似でヴァイオリンを完成させるのです。
drama4

しかし出来上がったヴァイオリンに「構造が出鱈目である」と指摘を受け、政吉の職人魂に火が付くのです。
寝食を忘れヴァイオリン作りに没頭した政吉は、ついに世間に知られるようになり、ヴァイオリンの注文が入るようになるのです。
drama

プライベートの政吉は、妻・乃婦と子どもらがいるにもかかわらず、なじみの芸者・良との間にも子どもを設け、さらに妻・妾・さらにそれぞれの間に生まれた子供たちと同居を開始するのです。ヴァイオリン作りに邁進しつつ、9男4女をもうけるなどプライベートは破天荒な政吉でした。

やがて、政吉のヴァイオリンが国内外で高評価を得るようになり、政吉は機械でのヴァイオリン製作を目指すのです。
drama3

誰でもヴァイオリンという洋楽器に気軽に触れられる時代を作りたいとの意気込みとは裏腹に、還暦を過ぎたころ、それまでの自分とヴァイオリンとの向き合い方のみならず、自分の人生すら否定されるような出来事が政吉に降りかかり・・・
drama2

キャスト

破天荒なマエストロ・鈴木政吉を演じるのは、自身もサックスを演奏するミュージシャン、武田真治さん。

そして、そんな政吉を支える妻・乃婦を、笛木優子さんが演じます。

坂道の家ドラマ現代版のネタバレは?尾野真千子と笛木優子の妖艶演技が見どころ?

政吉との子どもを抱え、政吉と乃婦と子供たちの住む家に移り住んでくる芸者・良を中村ゆりさんが演じます。
中村さんは、韓国でも活躍する大阪出身で韓国籍の女優さんです。笛木さん同様、日本と韓国の両方で活動しています。

政吉の息子で、政吉以上にヴァイオリンで世界的に名を知られている鈴木鎮一を阿部力さんが演じています。

また他にも
幸田延  - 遊井亮子さん
安藤幸  - 大塚千弘さん
山葉寅楠 - 羽場裕一さん
白井練一 - 大杉漣さん

番組ナレーターを水谷豊さんが担当してます。

Sponsored Link

その後の鈴木家とヴァイオリン

政吉氏はヴァイオリンのほか、マンドリン・ギター・ヴィオラ・チェロ・コントラバスなど他の弦楽器の製作にも着手し、評価を得ていました。世界的にも高い評価を得て、アメリカ、フランス、英国などでは品評会などでしょうも受賞していたほどです。

ドラマにも登場する政吉の三男・鈴木鎮一氏は、父・政吉とは異なり、演奏の方で世界的に名を馳せるのです。ちなみに鎮一氏の母は、元芸者の良です。
彼は学生時代、父の工場を手伝ったりもしていたのですが、シューベルトの「アヴェ・マリア」を耳にしたことで、ヴァイオリンの音色に惹かれ、また体調を崩し2年間の療養生活時代の知人の影響で、演奏家の道に進みました

べルリン高等音楽学校の受験に失敗したことをきっかけに、演奏家とは別に指導者としての道を歩み始めたのです。しかし実は鎮一氏が独学でヴァイオリンの奏法を習得していたことから、ヴァイオリン教育自体初めてであった鎮一氏は、独自の指導戦略と教育哲学を発展させていくのです。
shinichi
そして、鎮一氏はヴァイオリンの指導方法である「スズキ・メソッド」の発案・創立者として世界的に有名となったのです。海外、特にアメリカで、鎮一氏の教育理論は高く評価され、父・政吉以上に文献などが多数残されています。

また、今も政吉の設立した鈴木ヴァイオリン株式会社によって作られたヴァイオリンは、日本国内のみならず海外でも高い評価を得ています。固定ファンもいて、ネット上で「僕はNo.XとNo.YとNo.Zと・・・全部で○台持っているんだ」なんて自慢話を展開している方もいます。

特にアメリカでの人気が高いように思われます。これは、息子・鈴木鎮一氏の創始した「スズキ・メソッド」をいち早く取り入れ、彼を高く評価していたのがアメリカだったため、その教育を受けた人たちが政吉氏の作ったヴァイオリンに興味を示していることが理由の一つだと思われます。

現在も残り、取引されている鈴木ヴァイオリン株式会社のヴァイオリンは、ほとんど機械で作られたものです。しかし、政吉氏の手により手作りされたヴァイオリンが、今も数本だけ現存しているのです。

そしてその数少ない手作りヴァイオリンうち1本の持ち主は、なんと皇太子さまなのです。皇太子さまが、ヴァイオリンをたしなまれ、母校・学習院大学の合同演奏会でその腕前を披露されている姿は、毎回のようにニュースで流れ、目にされている方も多いと思います。そんな皇太子さまが、所有するバイオリンの一本が1926年製・政吉氏手作りの品なのです。
hironomiya

鈴木政吉氏死去後の1973年、木曽福島にある鈴木ヴァイオリン株式会社の手によって作られた’鈴木社製3/4サイズのバイオリンが米国歴史博物館に保存されています。半透明の’S’ロゴをレーベルに施し、赤濃茶色の縁取り、黒色のフィンガーボードを持ち、使われた木材も日本製のものだと考えられています。

あのアインシュタインも

また、かの有名な物理学者・アインシュタイン氏が、米国に亡命した際の荷物の中にも、政吉氏によるヴァイオリンが入っていたとの記録も残っています。
einstein-tongue
彼は、「音楽を演奏しない人生はあり得ない。僕は音楽の白昼夢に生きている。人生を音楽に見、音楽から人生のほとんどの楽しみを見出している。」と明言するほどのアマチュア演奏家でした。また、旅に出るときも必ずバイオリンを手にしていたといいます。

アインシュタインは、ドイツ・ミュンヘンに住んでいた5歳のころにバイオリンのレッスンを開始したものの、当初はあまり熱心ではなく、先生に怒られ涙ながらに教室を後にしていたそうです。ところが、13歳のころに知ったモーツアルトに魅せられ、そこからのバイオリンの上達は目を見張るものだったそうです。
einstein

政吉氏の子孫はこんなところにも

実は、ワイドショーなどでコメンテイターを務めたこともある元ゴダイゴのタケカワユキヒデさんは、鈴木政吉氏の玄孫なのです。


お母さまの方の血筋なので苗字は異なりますが、ヴァイオリン指導方法のスズキ・メソッドの鈴木鎮一氏は大叔父に当たります。
堺正章さんが孫悟空を演じ、故・夏目雅子さんが三蔵法師を演じた人気ドラマ「西遊記」の主題歌をはじめ、挿入歌すべてを担当したゴダイゴですが、その楽曲のほとんどの作曲を担当したタケカワユキヒデさん。
monkeymagic
ゴダイゴ以外にも、たくさんの歌手の方たちに楽曲を提供しています。

ちなみに、このドラマ「西遊記」は当時としては珍しく、日本のみならずオーストラリアや英国など海外でも放送され、人気を博していたのです。ドラマ放送から20年近くたっても、堺正章さんの孫悟空の姿をプリントしたTシャツが出回っていたほどです。
saiyuuki

近代日本の職人としていち早く世界に名を馳せた鈴木政吉氏を描いたドラマ「日本のヴァイオリン王~名古屋が生んだ世界のマエストロ 鈴木政吉物語~」は2月14日日曜日、夕方4時5分から、武田真治さん主演で放送します。

お見逃しなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/02/14 | SPドラマ

こちらの記事もほほぅとなります!

渡る世間は鬼ばかり2017視聴率と感想!時代錯誤でもはや時代劇?

話題のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の2017年SPの放送が終了しました...

記事を読む

眩(くらら)北斎の娘 視聴率と感想!宮崎あおい演技絶賛で大河ドラマ化?

話題のNHKスペシャルドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」の放送が終了し...

記事を読む

オー・ルーシーOH LUCY!視聴率と感想!メンヘラすぎて怖すぎる?

話題のスペシャルドラマ「オー・ルーシー(OH LUCY!)の放送が終了...

記事を読む

琥珀ドラマ視聴率と感想!感動で演技力高評価も殺人は時効成立?

話題のスペシャルドラマ「琥珀」は浅田次郎さん原作で岡田惠和さん脚本、出...

記事を読む

居酒屋もへじ ありがとう父ちゃん視聴率と感想!続編連ドラ化は?

話題のスペシャルドラマ「居酒屋もへじ ありがとう父ちゃん」の放送が終了...

記事を読む

新着ほほぅ

沈黙法廷WOWOWドラマ初回感想!直木賞作家ミステリ原作で評価は?

話題のWOWOWドラマ「沈黙法廷」は永作博美さん主演で直木賞作家の佐々...

記事を読む

アシガール初回視聴率と感想!原作と違うも忍びの国とロケ地同じ?

ついに始まりました話題のドラマ「アシガール」は黒島結菜さん主演の少女漫...

記事を読む

地味にスゴイDX校閲ガール視聴率と感想!忍びの国で続編2期は?

話題のスペシャルドラマ「地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子」の放送...

記事を読む

カンナさーん最終回視聴率と感想!原作と違う結末脚本に批判?続編は?

話題のドラマ「カンナさーん!」も最終回放送が終了しました。ここまで平均...

記事を読む

僕たちがやりました最終回視聴率と感想!原作と違う結末に賛否?

話題のドラマ「僕たちがやりました」もついに最終回放送が終了しました。 ...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Sponsored Link

  • コード・ブルー
  • 僕たちがやりました原作漫画結末ネタバレは?
  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑