*

三つの月は北川悦吏子脚本大人恋愛ドラマ!あらすじ出演者ロケ地は?

10月3日(土)、午後2時からTBSで放送されるスペシャルドラマ『三つの月』。脚本家である北川悦吏子さんが、自身の出身である岐阜を舞台にした「月」シリーズの完結作品です!

イントロダクション

第1作目は、2013年に放送された『月に祈るピエロ』(主演:常盤貴子)。第2作目が翌年に放送された『月に行く舟』(主演:和久井映見)。どちらも女性の目線に立った、大人の恋愛を描いた作品です。

ドラマ月に行く舟で和久井映見が視覚障害者を熱演!似た設定が多い?

そして今作の『三つの月』というタイトルは、中国のことわざ、「一月三舟」から発想。同じ月を見ていても、乗っている舟が違えば全く別の様相を呈す、という意味で、このドラマでは「月」を「恋」と捉えています。

主演に原田知世さんを迎え、不倫にスポットを当てたラブストーリー、女の人生と恋の物語を描きます。早速、あらすじを見てみましょう。

舞台は、山あいの美しい町。 いつもと、変わらない山。変わらない川。変わらない緑。美しいが、退屈でもある。

ワンシーン

ヒロイン、小坂繭(まゆ)は、妻であり母であり嫁である。夫の面倒をみ、息子の世話をし、長患いをする姑の看病をする日々の中、「お母さん」という脇役に息苦しい孤独と静かな絶望を抱えていた。

そんな中、東京からその地方にやって来た男・秋風蒼太とひょんなことから知り合い、繭は恋をした。道ならぬ恋。ふたりの心は通じ合っている。そのことは、ふたりだけの秘密だ。

生きてるか死んでるかわからなかった日々で、手に触れるだけで、自分に血が通う気がする。自分が、息を吹き返す気がした。抱きとめてくれる人がいたなら、きっと、きっときっと誰だって走り出す。繭にとって、それは切実な恋だったのだ。

ある一つの恋。それが、今、そのさなかにいる時。恋は、ずーっと月日がたって、何年もたったあと。まるで違った意味を持って来る。まるで違ったものに、見えるのではないか・・・?

それが、不倫の恋ならなおさら。そこに走るか走らないかで、人生はまるで変わってしまうだろうから。

クライマックスは、東京に誘われた繭が、地元に残るのか、家を捨てて、彼の元に走るのか。女の人生と恋の物語である。

Sponsored Link


主人公である小坂繭は、田舎(白川郷)で夫の営む食堂を手伝うかたわら夫の母親の看病に追われています。妻であり、母であり、嫁です。

かつては美しかったであろうその容姿も、閉鎖的な町で繰り返される恐ろしいほど平凡な日常に疲れ果て、心には絶望を抱えています。

原田知世

演じる原田知世さんは、繭を「心に積もっていることを聞いてくれる人が誰もいなくて、孤独な女性」と分析。作品については、「真っすぐな恋愛ドラマ。印象に残るせりふもたくさんあり、私もできあがりが楽しみ」と自信をのぞかせています!

都会からやって来た秋風蒼太は、作曲家。東京を拠点に活動をしていましたが、音楽に、人生に迷い、白川郷で長い休息を取っています。繭が所属しているママさんコーラスの指導をすることで、彼女と次第に惹かれあっていきます。

谷原章介

この蒼太役を演じる谷原章介さんは、「月」シリーズ全てのお相手役を熱演!とはいえそれぞれが独立したストーリーなので役柄の関連性は無いのですが、以前北川さんの脚本について「こちらが気付かないところで話が繋がっていたりするから怖い」と語るほど、作風にハマっておられるようです♪

八千草薫

繭の夫である幸一の母、綾役を八千草薫さんが演じます。綾は長らく病床に臥しています。繭の恋心にいち早く気付く唯一の理解者で、そこには、過去の綾の恋物語もかさなっていく…。という意味深な人物紹介で締めくくられています。

八千草さんも、以前『月に祈るピエロ』で主人公の祖母として出演。北川さんは今作において、「同じ恋でも、真っただ中にいる時と、過ぎ去ってから振り返った時と、まだそこに行く前に見るのとでは違って見える」という、タイトルにつながる綾のセリフが真っ先に浮かんだそうです!

入院中の綾を度々訪ねてくる男性、並木役に山本學さん、繭が切り盛りしている食堂のアルバイト、なつみ役に岩田さゆりさんがキャスティングされています。特に並木は、綾の過去の恋に関係しているようで…?

ロケ地
撮影はもちろん北川悦吏子さんの故郷である岐阜県で行われました。やはり合掌造りの集落はとても魅力的で、稲穂とのコントラストも見事です。そのほか、現在は地元の文化を伝える資料館となった廃校、一般の方のお宅の門まで!とても絵になる景色ばかりですね。

結婚をしているのに別の人に恋したことは?人は何歳まで恋をするのか?恋愛のいろんな問いかけを投げかける『三つの月』は、10月3日(土)午後2時、TBSにて放送開始です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/01 | SPドラマ

こちらの記事もほほぅとなります!

松本清張ドラマ誤差視聴率と感想!現代アレンジはそろそろ無理?

話題のスペシャルドラマ「誤差」は松本清張没後25周年の特別企画として村...

記事を読む

世にも奇妙な物語’17 春の特別編視聴率と感想!原作とパロディは?

今年も放送されました「世にも奇妙な物語」2017春の特別篇も話題になっ...

記事を読む

世にも奇妙な物語2017春で夢男の元ネタと最後の数字の意味は?

今年も放送されました「世にも奇妙な物語」2017春の特別篇で中条あやみ...

記事を読む

ドラマミステリーズ視聴率と感想!原作と違うも演技力絶賛で続編希望?

話題のスペシャルドラマ「ドラマ・ミステリーズ」の放送が終了しました。ミ...

記事を読む

女の勲章第2夜後編視聴率と感想!原作と違う結末の描き方に高評価!

話題のスペシャルドラマ「女の勲章」も第2夜後編の放送が終了しました。第...

記事を読む

新着ほほぅ

ボク運命の人です7話視聴率と感想!神様山Pは最終回で消える?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も7話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

リバース7話視聴率と感想!Nのために成瀬コラボ出演決定で関係は?

話題のドラマ「リバース」も7話放送が終了しました。初回視聴率は10.3...

記事を読む

帰ってきた家売るオンナ視聴率と感想!高評価で連ドラ2期続編は?

ついに帰ってきました「家売るオンナ」続編スペシャルドラマは2016年7...

記事を読む

小さな巨人6話視聴率と感想!豊洲移転で森友学園と加計学園問題?

話題のドラマ「小さな巨人」も6話放送が終了しました。初回視聴率13.7...

記事を読む

ボク運命の人です6話視聴率と感想!告白にドキドキで青春アミーゴ?

話題のドラマ「ボク、運命の人です。」も6話放送が終了しました。初回視聴...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Sponsored Link

  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑