AKB関連

AKB総選挙は事件の影響で指原連覇に追い風?大島優子票は誰に流れる?

AKB総選挙

さぁ今年もこの季節がやってきました!第6回AKB48選抜総選挙の投票が5月20日(火)10:00から始まり、6月6日(金)15:00で締め切られます。

しかしご存知のとおり、AKBのファンが総選挙で盛り上がっている大事な時に、とんでもない事件が発生しました。

5月25日に、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオで開催していた握手会会場で、凶器を持ったファンがメンバーの入山杏奈と川栄李奈の二人を襲い、止めようとしたスタッフと合計3名が重傷を負った事件は衝撃的でしたね。

しかし、入山と川栄は驚異的な回復を見せ、28日のテレビやラジオにそれぞれが生出演し、「みんなが思っているより100倍元気」(入山)とファンに挨拶しました。

20140530dog00m200011000c_450

5月30日の特別企画「戦国アドトラック出陣式」では、渡辺麻友、指原、山本彩の3人が両側に警備員を置かずに、屋外で生主演しました。「あんな奴に絶対に負けたくない」という気持ちの表れでしょう。

指原、渡辺、松井(珠理奈)の三つ巴のはずだが!

さて、今回の総選挙の開票イベントは、6月7日に東京・味の素スタジアムで行われます。過去5回の総選挙のうち、4回まではAKB48の前田敦子と大島優子とが交互に1位を獲得し、第5回もこの二人のどちらかと思われていましたが、結果はHKT48の指原が1位を勝ち取ったことは大きなニュースとなりました。過去には誰も連覇を成し遂げてはいないのです。

clip_image001

前田は既に卒業し大島も総選挙を辞退している状況では、指原以外は小粒ぞろいで人気のメンバーが見当たりません。

そこで、消去法で考えても今回は指原の圧勝ではないかと言われています。ちなみに、5月21日発表の2014年総選挙速報(中間結果)では、1位の指原が37582票で、2位の渡辺麻友(25283票)、3位の松井珠理奈(23012票)を圧倒しています。

しかも、指原自身が昨年に記録した史上最高の投票速報数28563票を軽々と超えています。指原さんのツイッターでも「こわい気持ちもあります。不思議な感情です」と謙虚な中にも自信をのぞかせていました。誰もが想像するような結果になるのでしょうか?

秋元康は指原のプロデュース力を頼ることに!

昨年の指原は、AKB48 32ndシングル選抜総選挙で史上最高の150,570票を獲得して1位になり、初のセンターポジションを奪い取りました。

アイドルと言うよりはHKT48劇場支配人を務めるプロデューサーとしての能力を買われています。

秋元康とは、自分が秋元だったらイベントはこうしたい!とか意見の対立の話題ばかりが出てきますが、秋元から村松香織のソロデビューのプロデュースを指示されたり、HKT48の九州7県ツアーでは、セットリストの考案も担当しているほどの実力者です。

さらに、6月封切の指原が主演の映画「薔薇色のブー子」の主題歌を、ロック・シンガーの内田裕也とデュエットで参加することも決まっているとか、活動範囲も広がっています。

2fcc3a39-s

新たなファンの獲得も進んでいるようです。昨年に大島が獲得した136,503票の行方も、混とんとしていて誰に流れるか読めないところです。

秋元が認めるAKB唯一のアイドル「まゆゆ」(麻友)、お気に入りの松井珠理奈も十分に射程圏内です。何が起こるか予測が出来ない総選挙ですが、今回のような大事件が起こってしまうと、お茶の間の露出度の高い安心できるアイドルが求められます。

そうすると、AKB人気を継続させるためにも、秋元は指原への依存度が高まり、今回は初の指原2連覇の確率が高くなったかも知れません。ともかく、総選挙が無事に終わることを祈ります。