*

37.5℃の涙は人気漫画原作ドラマで保育問題に挑む!ロケ地は?

7月9日木曜日夜9時から、TBS木曜ドラマ劇場で「37.5℃の涙」が放送されます。

主演は民放連ドラ初主演をはたす蓮佛美沙子さん。原作は、椎名チカさんによる人気の同名漫画です。小学館から発行されている「Cheese!」に2013年12月郷から連載され、昨年末に一旦連載は終了したのですが、ドラマ化に伴い連載が再開されました。

restart

主人公は、新しい職場である訪問型病児保育の「リトルスノー」で、病児保育士として再出発を図る杉崎桃子。研修を終え、彼女が仕事で訪れる訪問先の、それぞれのファミリーが抱える問題を描いた作品です。

皆さんは、現在の保育事情をご存知ですか?

昨今の世の中全般に、経済的な事情で共働き家庭が増えていること。女性の社会進出から、結婚後も育児と共に自分のキャリアを追い求める女性が増えたこと。また、結婚という形態を持たずに子どもを持ったり、子どもがいても離婚という道を選ぶ夫婦も多く、シングルペアレントが増えたこと。

また、核家族化が進行し、そんなファミリーに手を差し伸べることのできる親族が近くにいないことも、問題を深刻化させている部分もあります。

そんな、社会環境の変化に政府の対応がついて行けずに、首都圏や都市部を中心に保育園の不足が大きな問題となっているのです。

hoikuen

先日も所沢市で、第二子以降の子どもの育児休暇中の女性が、他の子どもを保育園に預けることが出来ない新制度を発表するということがありました。これは所沢市が、内閣府が施行する「子ども・子育て支援法」に基づいて決めた取り決めです。

保育園に子どもを預けている、又は待機児童を持っている方たちを始め各所で、様々な議論を呼びました。「これでは、二人目、三人目の子ども持つ選択肢を、安心して考えられない」という意見と、「家で子どもを見ることが出来るのなら、他の子どもにその枠を空けてほしい」という意見。どちらも、間違えではなく、どちらも切実です。

一番必要なのは、行政や企業がきちんと必要な数の、子どもを預かれるだけの、保育園を準備することではないでしょうか?

保育園に入っても

しかし、そんな狭き門を何とかこじ開けて、保育園に入ることのできた子どもやその親にとっても、そこですべてが安泰となるわけではありません。もちろん、何事もなければ、保育園に子供を預けている親は安心して、仕事に集中することができます。

でもそこは、まだまだ体も心も未熟な子どもたちです。初めてのお母さんやお父さんと離れ離れで過ごす時間や、慣れない環境に、体調を崩したりすることはよくあることです。やっと保育園での時間に慣れても、季節の変わり目で体調を崩したり、伝染する病気をもらってくることもよくあることです。

missmum

そんな時、保育園では、子どもを預かることはできないのです。子どもは、保育園をお休みしなければいけないのです。それは同時に、その子の親は、仕事を休まないとイケなくなるのです。親は、自分の具合が多少悪くても、無理して出勤し仕事することができますが、子どもはそうはいかないのです。

保育園が、風邪を引いた子どもを預かるかどうかを判断するのは、体温37.5℃なのです。

この体温37.5℃を超えると、朝保育園に預けていくこともできませんし、保育時間中でも、その体温を超えると「お迎えをお願いします。」と連絡が入るのです。

そんなときに、近所に親類がいて、代わりに迎えに行ってもらえて、面倒を見てもらえればよいですが、毎回そう言うわけにはいきません。元もと、子どもの祖父母が近くにいて面倒が見られるのであれば、保育園に入れる可能性もかなり低くなります。ほとんどの親族が、お仕事を持っていたり、病気や遠距離などの事情があります。そんな親族に、毎回はお願いすることは出来ません

でも、だからと言って働かなければ、子どもと生活することはできないのです。子どもの急な発熱などで度重なる早退や休暇で、周囲からの理解も得られずに、仕事を失わざるを得ない人もいるのです。

guilty

どんなに忙しくても、重要な会議があっても、朝に発熱があれば、会社は休まなければいけませんし、保育園からお迎え要請があれば、お迎えに向かわないといけないのです。

今回ドラマの主人公・杉崎桃子は、こんな時に、親の代わりに子どもの面倒をみる病児保育士なのです。しかも、桃子本人が、その生い立ちに問題があり、笑顔の苦手な保育士だったのです。

Sponsored Link

リトルスノー

上手く笑えず、保護者とのコミュニケーションがうまくできず、1年で契約打ち切りになった桃子は、訪問型病児保育の「リトルスノー

研修後、成宮寛貴さん演じる上司の朝比奈元春の指示で、初めて訪問したのは、中越典子さん演じるシングルマザーの森聡美の家です。バシッと決めたスーツ姿のキャリアウーマンの聡美に導かれ、家に一歩足を踏み入れると、そこには床一面にものが散乱し、よれよれの服を着た息子の海翔(林田悠作くん)が・・・

上司役の成宮寛貴さんは、こちらでも重要な役↓↓
花咲舞が黙ってない第2弾続編の変更点は?ロケ地と主題歌も注目!

聡美の、病気の息子へのあまりの扱いに、苦言を呈したくなる桃子の頭を、藤木直人さん演じる柳主税社長から叩き込まれた「リトルスノー」の病児保育三原則がよぎるのです。

shacho

「子どもを注意するな。叱るな。自分の価値観を押し付けるな」

桃子は言葉は飲み込んだものの、仕事に追われ息子に気が回らない聡美の為にと、気合を入れて散らかり放題だった部屋を掃除したのでした。そんな桃子に、聡美はクレームを。

帰るなり、柳社長からは、「君がしたことは、余計なことだ」と怒られ、水野美紀さん演じる先輩行事保育士・関めぐみからも「子どもにとって病児保育士は、悪魔のようなもの。私たちが家に着たら、お母さんが外出してしまうから」と諭されるのです。

今回は、先輩。前クールでは前妻役で活躍の水野美紀さん↓↓
アイムホームは漫画原作で2度目のドラマ化!豪華キャストとあらすじは?

翌日、桃子が派遣された先は、速水もこみちさん演じる篠原健介の家。健介の妻は、一週間前に家を出ていったばかり。不愛想な父親の陰から、横山歩君演じる息子・健太が泣きながら、「ママがいい」と。結局、健太は一日中笑顔を見せることはなかったのです。
dad-moko

また、複雑な家庭に育った桃子。6年前に家を飛び出し、母親や兄とは絶縁状態が続いているのです。そんな桃子を呼び戻そうと、浅野温子さん演じる母・富美子と、水上剣星さん演じる兄の優樹が、画策していたのです。

その後、再び聡美の家に訪問することになった桃子に、最大のピンチが襲うのです。

ロケ地は

37.5℃の涙」の撮影目撃情報は、相模鉄道いずみ野線緑園都市駅に集中しています。

https://twitter.com/miwagakari26/status/608167948939718656

https://twitter.com/1730Piko/status/608155104429010944

この駅周辺には、フェリス女学院があるためか、目撃情報が多く集まっているようです。

それ以外にも
江東区新木場にある木材会館や、神奈川県鎌倉市にあるトンネルなど、神奈川を中心に撮影が行われているそうです。


病理保育士の桃子の成長も見所ですが、彼女の生い立ち、そして彼女を取り巻く恋の行方にも注目です。

drama
そんなTBS木曜ドラマ劇場で「37.5℃の涙」が、7月9日木曜日夜9時から、初回は15分拡大枠で放送されます。お楽しみに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/07/06 | 37.5℃の涙

こちらの記事もほほぅとなります!

新着ほほぅ

ハロー張りネズミ2話視聴率と感想!小ネタが古すぎてわからない?

話題のドラマ「ハロー張りネズミ」も2話放送が終了しました。瑛太さん主演...

記事を読む

ぼくらの未満都市パクリ疑惑に原作者が当時やりとりネタばらしで激怒再燃?

「ぼくらの勇気 未満都市2017」の放送が終了し、盛り上がっていました...

記事を読む

ぼくらの勇気未満都市2017視聴率と感想!小原裕貴イケメン変化なし!

ついに始まりました話題のスペシャルドラマ「ぼくらの勇気 未満都市201...

記事を読む

セシルのもくろみ2話視聴率と感想!エンドロールカッコ良すぎも低評価?

話題のドラマ「セシルのもくろみ」も2話放送が終了しました。初回1話視聴...

記事を読む

黒革の手帖初回視聴率と感想!武井咲の悪女演技評価は歴代比較で賛否?

ついに始まりました話題のドラマ「黒革の手帖」は松本清張原作で今まで何度...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PREV :
NEXT :

Sponsored Link

  • コード・ブルー
  • 僕たちがやりました原作漫画結末ネタバレは?
  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑