*

このミステリーがすごい!2015ドラマ豪華出演者とあらすじは?

11月30日月曜日夜9時から、「このミステリーがすごい!」が放送されます。

このミステリーがすごい!」は、出版社の宝島社が公募する小説賞で、そこで受賞した作家の手による作品の実写ドラマ化した番組で、昨年末12月29日に樹木希林さんとピース・又吉直樹さんのナビゲーションで話題を呼びました。
今回は、その第2回目の放送となります。

小説賞「このミステリーがすごい!」は、詳しくはこちら↓↓↓
 このミステリーがすごい!ドラマの見どころと選考方法は?連ドラ化は視聴率次第?

ナビゲーションを務めるピース・又吉さん。昨年の放送時は、太宰治ファンのお笑い芸人として人気はあったものの、まだまだ「ピースの綾部じゃない方」としての存在でした。

ところが一転。今年1月に「文學界」2月号に発表し中編小説「火花」が、第153回芥川賞を受賞したことから「芥川賞作家の芸人」として話題になり、その後の活躍は皆さんご存知の通りです。

コンビ内での立場も、「ピースの芥川賞作家の方」とはならず「又吉」さんとしての知名度も確立されました。

この「火花」が掲載された「文學界」2月号は、1933年に創刊以来初めて増刷されるほどの売り上げでした。2月号の累計売り上げは4万部で、増刷は7000部+2万3千部の合計3万部です。通常月の4倍の売り上げがあったということです。

そんな芥川賞作家の又吉さん、元々2009年から随筆集や俳句集を出版したりなど、芸人として以外の活動も開始していましたが、この「火花」が純文学としてのデビュー作で、その初作品で芥川賞を受賞したのです。

1935年に創設された芥川賞は、「無名または新人作家」による純文学を対象とした賞ですが、それでもデビュー作で受賞し、現在の単行本発行部数は229万部、これは「芥川賞作品」としての単行本発行部数歴代1位は素晴らしい業績です。もちろんお笑い芸人としても「芥川賞を受賞」した芸人は過去にはいません。
hibana

また又吉さん、そんな「芥川賞」人気のためか、はたまたそのちょっと「死神チック」な風貌からか、先日は「ほんとにあった怖い話」に、そして相方・綾部さん主演のドラマ「わかれても好きな人」に出演しました。

ほんとにあった怖い話2015視聴率と感想!又吉笑顔が1番怖い!

そんな「芥川賞作家」又吉直樹さんと樹木希林さんがナビゲーションを務める「このミステリーがすごい!」。今回は、財前直見さんが主演を務める「ポセイドンの罰」、上野樹里さん主演「リケジョ探偵の謎解きラボ」、檀れいさん主演「冬、来る」の3つのドラマのオムニバスが放送されます。

3women

それぞれの作品が今回のドラマのために、「このミステリーがすごい」大賞を受賞した作家陣による書き下ろし作品なのです。

Sponsored Links

ポセイドンの罰

原作者は、2009年にさよならドビュッシーで大賞を受賞した中山七里氏による作品です。
中山氏は、保育園に通う頃から’本を書く人になりたい’との夢を持ち、高校生の頃に江戸川乱歩賞に応募しつつも2次選考で落選し一旦は創作活動から離れますが、48歳で長年の夢をかなえた元会社員です。

主演を務めるのは、めっきりミステリードラマの常連となった財前直見さん。
今年は、人気ドラマ「花咲舞が黙ってない2」で久しぶりにミステリードラマからの脱却?を果たしました。

花咲舞が黙ってない第2弾続編の変更点は?ロケ地と主題歌も注目!

navi

事件は、東京湾を周回中のクルーザー・ポセイドン号の中で起こりました。
中野裕太さん演じる工藤社長が、船内で刺殺されたのです。会社の懇親会の会場であったポセイドン号は、出航後一度も停まっていないため、海中から忍び込むことも不可能という、ある意味「密室殺人」だったのです。

おのずと、容疑者は絞られます。同乗していた工藤の会社の社員である、瀧本美織さん演じる高瀬美波、中越典子さん演じる三峰遥子、そして東根作寿さん演じる成田光樹の3人。彼らは一様に「睡眠薬で眠らされ、目が覚めた時には事件が起きた後だった」と証言しているのです。

捜査に当たったのは、捜査一課の刑事・母神響子。財前直見さん演じる母神は、桐山漣さん演じる若手刑事・鏑木と共に、捜査を進めていきますが、そんな彼らの前で次なる悲劇が起こるのです。

社内トラブルと不可解な人事、さらに時間の渦に消えた凄惨な事件も・・・
傲慢な社長の死に隠された、重なり合う知られざる深い闇が、白日の元にさらされ・・・

二重にも三重にも仕掛けられたトリックを紐解く母神は、犯人を捕まえることができるのでしょうか?

リケジョ探偵の謎解きラボ

中山氏受賞の翌年、2010年にラブ・ケミストリーで大賞を受賞した喜多喜久氏による作品です。
喜多喜久(きた きよひさ)氏、氏・名ともに’喜ぶ’の漢字を持つ演技の良い名前ですが、ペンネームではなく本名なんです。
東京大学大学院薬学系研究所卒で、大手製薬会社の研究員でもある喜多氏。小説も’科学探偵MR.キュリーシリーズ’や’有機化学ミステリーシリーズ’など薬品系?の作品を多く発表しています。

主役のリケジョを演じるのは上野樹里さん。
最近は「のだめカンタービレ」の野田恵のイメージからの脱却を図るためか、シリアスな役どころが多い上野さん。
もちろん、元々の演技力の高さもあり最近はすっかりシリアスなイメージも定着しつつあります。
ウロボロスは漫画原作ドラマで豪華キャスト!エキストラと特番情報は?
上野樹里がアリスの棘でドラマ主演復帰!オダギリ脇役格下げで視聴率上昇?

navi2
清水美沙さん演じる鷹野美鈴とともにiPS細胞の第一人者である若き天才科学者、斉藤佑介さん演じる鷹野隆三が自宅で亡くなっていました。死因は心臓発作による突然死と断定されました。

しかし、保険調査員の誠彦は、妻でありiPS細胞の研究者でもある久里子に隆三の死について相談するのです。
若い隆三の死には、年齢的に疑問の突然死。
隆三にかけられていた多額の保険金
死亡した場所は、完全なる密室。
浜野健太さん演じる誠彦は、これらの理由から殺人ではないのかと・・・

研究オタクでちょっと’天然’の入ったリケジョ、上野樹里さん演じる久里子が、リケジョならではの豊かな知識と、しなやかな推理を展開していくのです。

juri

冬、来る

原作者は、昨年2014年に女王はかえらないで大賞を受賞した降田天氏。
実は、この降田天氏、一人の作家ではなく大学の同級生である二人の女流小説家、萩野瑛氏と鮎川颯氏による女性小説家ユニットなのです。出身は、茨城と香川のお二人の出会いは早稲田大学でした。

元宝塚の月組トップ娘役だった檀れいさん。2005年に退団後、女優としてのキャリアをスタートし、木村拓哉さん主演の「武士の一分」で銀幕デビュー。2011年には、歌手で俳優の及川光博さんと結婚しました。
マザーゲームは名前をなくした女神に似てる?木村文乃がママ友いじめに挑む!

navi3

檀れいさん演じる智秋、キムラ緑子さん演じる春菜、渡辺真知子さん演じる夏依の三姉妹は、母の死に生まれ育った家に集まったのです。

母親の棺の中に入れられた品々を見て、少女時代の記憶がよみがえる三女の智秋・・・

幼少の頃の家には、父親が終戦後に連れて帰ってきた弟・冬留がいたのです。しかし、冬留は、ある日突然姿を消したのです。
冬留は、いったい何者で、どこに消えたのか・・・まるで「神隠し」のようでした。

三姉妹は、遠い記憶を手繰り始めるのですが、その三人の前に青年がやってきたのです。
「ご無沙汰しています。姉さん・・・」と。

三姉妹の記憶の断片からは、父の裏切りが浮かび上がり、さらに母の秘密も・・・

40年もの長い年月、「母」という一人の女に隠された秘密が解き明かされるのです。

樹木希林さんと又吉直樹さんのナビゲーションで送られる「このミステリーがすごい!」の放送は、11月30日夜9時よりTBSで放送されるこの3作品。
3人の「このミステリーがすごい」大賞受賞作家によるオリジナルストーリーです。是非お見逃しなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/30 | SPドラマ

こちらの記事もほほぅとなります!

最後の同窓会視聴率と感想!老人版スタンドバイミー感動で再放送希望?

話題のスペシャルドラマ「最後の同窓会」の放送が終了しました。 市...

記事を読む

世にも奇妙な物語 ′17秋の特別編視聴率と感想!藤原竜也の原作改変解釈は?

今年も放送された「世にも奇妙な物語 ′17秋の特別編」も衝撃的でしたが...

記事を読む

BORDER衝動後編視聴率と感想!清原果耶サイコパス演技絶賛!

話題のスペシャルドラマ「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」は波留...

記事を読む

父、ノブナガ視聴率と感想!期待薄も爆笑と感動の高評価で続編は?

スペシャルドラマ「父、ノブナガ」は田辺誠一さん、竹中直人さんが出演して...

記事を読む

巨悪は眠らせない視聴率と感想!タイムリー時事ネタで続編連ドラ化は?

話題のスペシャルドラマ「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」の放送が終了...

記事を読む

新着ほほぅ

奥様は取り扱い注意最終回視聴率と感想!衝撃結末で続編映画化は?

話題のドラマ「奥様は取り扱い注意」もついに最終回放送が終了しました。 ...

記事を読む

刑事ゆがみ8話視聴率と感想!イナズマイレブン登場で名セリフ!

話題のドラマ「刑事ゆがみ」も6話放送が終了しました。初回視聴率は7.6...

記事を読む

奥様は取り扱い注意9話視聴率と感想!最終回結末予想は旦那バトル?

話題のドラマ「奥様は取り扱い注意」も9話放送が終了しました。 初...

記事を読む

最後の同窓会視聴率と感想!老人版スタンドバイミー感動で再放送希望?

話題のスペシャルドラマ「最後の同窓会」の放送が終了しました。 市...

記事を読む

陸王6話視聴率と感想!熱過ぎる名シーンの連続で視聴率も上昇?

話題のドラマ「陸王」も6話放送が終了しました。初回視聴率14.7%と好...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  • 陸王
  • コウノドリ1期の原作との違いを解説!
  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑