*

映画・海を感じる時の原作ネタバレ!ヌードだけじゃない作品の魅力は?

見てきた!と言いづらい作品

「この映画を見てきました」と人に言いづらい作品ってあると思います。どういう映画かと言うと…分かりやすくいうと「失楽園」とか…。108092

男女の深い愛を描いた作品で、ヌードシーンが話題になっている作品…。そのヌードシーンを見るのだけが目的…ではないのだけれど、そういう風に思われる、作品。

でも、何がいけないの?

アクション映画なら、アクションがふんだんにある。
男女の愛を描いた作品であるのならば、そういう場面がふんだんにある。そういう事ではないでしょうか?

実際、この「海を感じる時」には、市川由衣さんのヌードシーンがふんだんにあるのです。(あ、もちろん相手役の池松壮亮さんの、ヌードシーンも、ですが)

そもそも、「海を感じる時」ってどういう作品?

この「海を感じる時」の原作が作家の中沢けいさんによって発表されたのは、今からおよそ30年以上前の話。いや、作家の…というのは正しくない。正しく言えば、中沢けいさんは当時18歳の現役女子高生だった。

448_H1_N

18歳の女子高生が、愛を知らない少女がひとりの男と出会い、女へと目覚めていく姿を描いた作品は文壇に衝撃を与える事になり、第21回群像新人賞を受賞するのですが、さて、その内容は…

ある日、授業をさぼり新聞部の部室で暇つぶしをしていた女子高生の恵美子(市川由衣)は、3年生の先輩・洋(池松壮亮)から突然キスを迫られる。

洋は「ただ女の人の体に興味があっただけ」と言い放ち、相手は誰でもよかったというが、父親を亡くし、厳格な母に育てられて愛を知らずにいた恵美子は、それでも洋を求め、「体の関係だけでもいい」と会うたびに自ら体を差し出す。

やがて洋は進学のため上京し、恵美子も洋と一緒にいたい一心で彼の後を追って東京の花屋に就職する。どんな形でも必要とされたいと願いながら洋に寄り添い、傷つき反発し、言い争う恵美子だったが、ある時から洋との立場が逆転していく…。というお話。

Sponsored Link

30年以上前の原作が何故、今?このセンセーショナルな衝撃作、当時から映画化の話は数多かったと言います。ですが、原作者の中沢けいさんが映像化に際して、首を縦に振らなかったと言うのです。

その理由を「海を感じる時」の公式サイトによれば・・・

Z322025433

結果的に断ることになってしまったのは、私が観ていた1980年前後の日本映画は当時の陰湿な社会状況を反映した、登場人物たちのテンションが総じて高く、怒鳴り合っている感じのものが多くて、そういう作品になるのは嫌だという気持ちがありました。

それから、当時人気のあった男優は皆さん大柄で体格ががっちりしていて、高野洋のイメージに近い男優さんを思い浮かべられなかったこともあります。

一番の理由は当時はエロスやプライドの描き方が類型化していてそこから脱することができないことが予想されたという点です。

ここ10年くらいで日本映画も俳優さんもだいぶ様変わりして、洋役の池松壮亮さんのような繊細な芝居のできる男優さんが現れてきて、ヒロインの市川由衣さんにしても80年代前後に人気があった女優さんとは違う存在感がある。

最近の若い人たちは各々のプライドを尊重しながら上手にキャッチボールができるようになっているので、このキャスティングだったら怒鳴り合いの映画にはならないという確信がもてたんです。と述べておられます。

30年の時を経て蘇ったこの名作を、感じて欲しい。

映画化に際して、問題になったのは、時代背景。このちょっと古い…昭和の香りがする物語を現代の時代に置き換えるのか、どうかという事。結果的に、原作に忠実に、そのままの時代の、物語となりました。maxresdefault
ですが、この映画は決して「古臭い恋愛映画」では、ありません。
恵美子の様な一途な女性の想い、洋の様な残酷で正直な男性の想いというのは、今の時代の多くの人も共感するのではないかと思います。

ちょこっとネタバレを…

そんな、「海を感じる時」ですが、上映している映画館の少なさを見ても分かる通り…この映画…予算が少ないんだなぁ…というのを感じます(あ、誤解しないでくださいね、決してチープと言うわけではなく…)

それは、原作であれば…ここはもうちょっと広い「絵」になるはずなのに…というところが描かれていない…。と原作ファンの方は思うかもしれません。その分「部屋」の中でのシーンが多めです。

だからこそ、洋と恵美子のむき出しの、人間の心情が深く、濃密に描かれている。そう、思うのです。

「海」が普遍であるかのように、人の思いもまた、普遍である。そんな名作「海を感じる時」を感じて欲しい。そう思うのです。それにしても…上映館数少なすぎ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/09/25 | 話題の映画

こちらの記事もほほぅとなります!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーはネタバレ見て続編リミックスへ!

2017年4月19日に公開された「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:...

記事を読む

アナと雪の女王テレビ初放送視聴率と感想!エンディングに批判殺到?

ついに地上波初放送となった大ヒット映画「アナと雪の女王」は2014年日...

記事を読む

Huluはドラマ好きなら絶対にお試し加入するべき5つのメリットとは?

みなさん、映画や海外ドラマは、どのようにして観ていますか? ケーブル...

記事を読む

思い出のマーニーTV放送視聴率と感想!やっぱ百合?原作もおすすめ!

ついに地上波初放送となりましたジブリ映画「思い出のマーニー」百合レズ論...

記事を読む

図書館戦争SPドラマは映画公開前に必見!あらすじとロケ地は?

10月5日(月)夜9時から放送される『図書館戦争 BOOK OF ME...

記事を読む

新着ほほぅ

渡る世間は鬼ばかり2017視聴率と感想!時代錯誤でもはや時代劇?

話題のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の2017年SPの放送が終了しました...

記事を読む

コードブルー最終回視聴率と感想!映画化は脚本家変更で旧メンバー出演?

話題のドラマ「コード・ブルー」もついに最終回放送が終了しました。 ...

記事を読む

眩(くらら)北斎の娘 視聴率と感想!宮崎あおい演技絶賛で大河ドラマ化?

話題のNHKスペシャルドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」の放送が終了し...

記事を読む

愛してたって秘密はある最終回視聴率と感想!完結編huluネタバレは?

話題のドラマ「愛してたって秘密はある」の最終回放送が終了しました。ここ...

記事を読む

オー・ルーシーOH LUCY!視聴率と感想!メンヘラすぎて怖すぎる?

話題のスペシャルドラマ「オー・ルーシー(OH LUCY!)の放送が終了...

記事を読む

お気軽に感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Sponsored Link

  • コード・ブルー
  • 僕たちがやりました原作漫画結末ネタバレは?
  • 今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

    今年の大河は柴咲コウ主演!ロケ地とゆかりの場所は?

PAGE TOP ↑